「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現

2019.07.09 自動車ニュース
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR拡大

仏ルノーは2019年7月5日、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のトップカテゴリーモデル「トロフィーR」を、同年内に発売すると発表した。

 
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」デビュー リアシートを取り払うなどして最大で130kgの軽量化を実現の画像拡大

メガーヌR.S.トロフィーRは「メガーヌR.S.トロフィー」(日本未導入)のさらなるハイチューンバージョンである。軽量化や空力性能の強化が施され、よりサーキット志向を強めているのが特徴だ。

前輪を駆動する1.8リッター直4直噴ターボエンジン「MR18」は最高出力300ps/6000rpm、最大トルク400Nm/3200rpmを発生。ベースとなるトロフィー(MTモデル)とは同スペックだが、走行性能の向上には別のアプローチで取り組んだというのがルノー スポールの主張だ。トランスミッションは6段MTのみの設定となる。最高速は262km/hで、0-100km/h加速のタイムは5.4秒。

車体については、カーボン複合材のボンネットやリアディフューザー、アクラポヴィッチ製チタンエキゾーストシステム、軽量リアアクスル、サベルト製レーシングシートの採用や、鉛バッテリーからリチウムイオンバッテリーへの変更、リアシートおよびリアワイパーの廃止などにより、トロフィーから最大で130kgの軽量化を実現。取り払った後席のスペースにはボディー補強のためのパイプとラゲッジネットが備わっており、「週末にタイヤを積んでサーキットに行くための最適な構成」であると説明されている。

シャシー性能も強化されており、トルセンLSDや車高調整機能を備えたオーリンズ製ダンパー、ゴールドのキャリパーカバー付きのブレンボ製バイマテリアルブレーキを採用。オプションでカーボンセラミックブレーキも用意する。タイヤは専用開発の「ブリヂストン・ポテンザS007」を履く。

「TROPHY-R」ロゴを備えた専用デザインのフロントバンパーからアンダーボディー、さらにF1タイプの湾曲した構造を持つリアディフューザーまでの空気の流れを整えることで空力性能を強化。発生するダウンフォースの量は、最大でトロフィーの2倍に達するという。

本国フランスにおけるメガーヌR.S.トロフィーRの価格は5万5000ユーロ(約665万5000円。1ユーロ=121円で換算)。世界500台の台数限定で、ルノー スポールのメインマーケット(フランス、ドイツ、イギリス、スイス、日本など)において販売される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ(4WD/6MT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 「20年ぶりのトヨタの4WDスポーツ」をうたう「GRヤリス」が、間もなくベールを脱ごうとしている。エンジンパワーやボディーサイズなどのスペックが伏せられた中で乗ったプロトタイプモデルから感じたのは、“トヨタの本気”だった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • FF車ニュル最速の「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」登場【東京オートサロン2020】 2019.12.26 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2019年12月26日、千葉県の幕張メッセで開催される東京オートサロン2020(開催期間:2020年1月10日~12日)において、「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」をお披露目すると発表した。
ホームへ戻る