最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売

2019.07.16 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUV
シトロエンC3エアクロスSUV拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年7月16日、シトロエンブランドの新型車「C3エアクロスSUV」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。

 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大

シトロエンC3エアクロスSUVは、先に国内デビューした「C5エアクロスSUV」に続いて投入される、シトロエンのSUV第2弾である。C5エアクロスSUVと同様、「シトロエン・アドバンスト・コンフォート・プログラム」と呼ばれる技術群の投入により、何よりも快適性を重視しているのが特徴だ。

シャシーはハッチバック車「シトロエンC3」と同じ「PF1」プラットフォームをベースに、SUV用に最適化したもの。ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4160×1765×1630mmで、C3と比べると165mm長く、15mm広く、135mm高くなっている。ホイールベースはC3から+70mmとなる2605mm。

エクステリアデザインはシトロエンの最新デザイン言語にのっとり、シトロエンのエンブレムである“ダブルシェブロン”をあしらったフロントグリルの両端に薄型のデイタイムランニングライトを配し、その下にヘッドランプをレイアウト。ボディー各所のアクセントカラーや3Dエフェクトのリアコンビランプなども他のシトロエン車と同様のデザインとしている。その一方で、アルミのフロントアンダーガードや無塗装のグレーのフェンダーアーチとサイドシルカバー、リアバンパーなどにより、SUVらしさを表現。CピラーとDピラー間のクオーターエリアをポリカーボネート製とすることで、オリジナリティーとキャビンの採光性を同時に高めている。

ボディーカラーは「ナチュラルホワイト」「インクブラック」「グリプラチナム」「サーブル」「ブリージングブルー」「スパイシーオレンジ」の全6色を基本に、上位グレードにはボディーカラーと異なるルーフカラーを組み合わせた「バイトーンルーフ」も用意する。

エクステリアと同様、インテリアにも現代シトロエンのデザイン要素を取り入れつつ、SUVらしさを加えてアレンジ。ざっくりとした質感のファブリックをシートだけでなくインストゥルメントパネルやアームレストなどにも採用することで、リラックスできるリビングのような空間を表現している。さらに、スイッチ類などはシトロエン・アドバンスト・コンフォート・プログラムに基づいてレイアウト。例えば悪路走破性を高める「グリップコントロール」(オプション)のダイヤルは、センターコンソールではなく、より実用的に使えるようダッシュボードに取り付けられている。

パワーユニットはC3にも搭載されている1.2リッター直3ターボエンジンで、最高出力110ps、最大トルク205Nmというスペックも同一。アイシン・エィ・ダブリュ製の6段ATとの組み合わせによって前輪を駆動する。WLTCモードの燃費値は14.7km/リッター。

「安全もまた、コンフォート性能のひとつ」とうたうシトロエンだけに、コンパクトモデルといえども安全性能に妥協はない。歩行者も作動対象(60km/h以下)とした緊急自動ブレーキやレーンディパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビームなどに加えて、駐車時のステアリング操作を自動化するパークアシストも装備する。

ラインナップはエントリーの「フィール」(259万円)と装備充実の「シャイン」(274万円)の2グレード展開で、さらにシャインには、パノラミックサンルーフとグリップコントロール、17インチアロイホイール(215/50R17)、マッド&スノータイヤ(スノーフレークマーク付き)からなるパッケージオプション(23万円)も用意する。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る