最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売

2019.07.16 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUV
シトロエンC3エアクロスSUV拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年7月16日、シトロエンブランドの新型車「C3エアクロスSUV」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。

 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
最新のシトロエンデザインにSUV風味をトッピング 新型車「シトロエンC3エアクロスSUV」発売の画像拡大

シトロエンC3エアクロスSUVは、先に国内デビューした「C5エアクロスSUV」に続いて投入される、シトロエンのSUV第2弾である。C5エアクロスSUVと同様、「シトロエン・アドバンスト・コンフォート・プログラム」と呼ばれる技術群の投入により、何よりも快適性を重視しているのが特徴だ。

シャシーはハッチバック車「シトロエンC3」と同じ「PF1」プラットフォームをベースに、SUV用に最適化したもの。ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4160×1765×1630mmで、C3と比べると165mm長く、15mm広く、135mm高くなっている。ホイールベースはC3から+70mmとなる2605mm。

エクステリアデザインはシトロエンの最新デザイン言語にのっとり、シトロエンのエンブレムである“ダブルシェブロン”をあしらったフロントグリルの両端に薄型のデイタイムランニングライトを配し、その下にヘッドランプをレイアウト。ボディー各所のアクセントカラーや3Dエフェクトのリアコンビランプなども他のシトロエン車と同様のデザインとしている。その一方で、アルミのフロントアンダーガードや無塗装のグレーのフェンダーアーチとサイドシルカバー、リアバンパーなどにより、SUVらしさを表現。CピラーとDピラー間のクオーターエリアをポリカーボネート製とすることで、オリジナリティーとキャビンの採光性を同時に高めている。

ボディーカラーは「ナチュラルホワイト」「インクブラック」「グリプラチナム」「サーブル」「ブリージングブルー」「スパイシーオレンジ」の全6色を基本に、上位グレードにはボディーカラーと異なるルーフカラーを組み合わせた「バイトーンルーフ」も用意する。

エクステリアと同様、インテリアにも現代シトロエンのデザイン要素を取り入れつつ、SUVらしさを加えてアレンジ。ざっくりとした質感のファブリックをシートだけでなくインストゥルメントパネルやアームレストなどにも採用することで、リラックスできるリビングのような空間を表現している。さらに、スイッチ類などはシトロエン・アドバンスト・コンフォート・プログラムに基づいてレイアウト。例えば悪路走破性を高める「グリップコントロール」(オプション)のダイヤルは、センターコンソールではなく、より実用的に使えるようダッシュボードに取り付けられている。

パワーユニットはC3にも搭載されている1.2リッター直3ターボエンジンで、最高出力110ps、最大トルク205Nmというスペックも同一。アイシン・エィ・ダブリュ製の6段ATとの組み合わせによって前輪を駆動する。WLTCモードの燃費値は14.7km/リッター。

「安全もまた、コンフォート性能のひとつ」とうたうシトロエンだけに、コンパクトモデルといえども安全性能に妥協はない。歩行者も作動対象(60km/h以下)とした緊急自動ブレーキやレーンディパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビームなどに加えて、駐車時のステアリング操作を自動化するパークアシストも装備する。

ラインナップはエントリーの「フィール」(259万円)と装備充実の「シャイン」(274万円)の2グレード展開で、さらにシャインには、パノラミックサンルーフとグリップコントロール、17インチアロイホイール(215/50R17)、マッド&スノータイヤ(スノーフレークマーク付き)からなるパッケージオプション(23万円)も用意する。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 現代によみがえった“ハイドロ”
    シトロエンの新たなサスペンションシステムを知る
    2019.6.12 デイリーコラム 2019年5月28日に発売されたシトロエンの新型車「C5エアクロスSUV」の足もとには「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」という名のサスペンションシステムが搭載されている。“新世代のハイドロ”を名乗るこの新機軸について解説する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る