クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)

そのリズムはクセになる 2019.09.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?

C3よりちょっと大きなSUV

個性的でありたい、ユニークでありたいとは誰もが望むことではあるが、現実にはなかなかそうはいかない。他とは違う、他のものとは似ていない道を選ぶには、もしかすると世の中のトレンドから外れるかもしれない覚悟が必要だからだ。とにかくスポーティーでダイナミックで、こわもてで押し出しの強いデザインのSUVが幅を利かせる昨今、なんとなく“ゆるキャラ”的な新世代シトロエンは異彩を放っている。もちろん、個性的であることだけを目的としているわけではなく、十分な実用性も備わっているのだが、人はどうしても見かけで判断しがちなのである。

どう見てもシトロエンであると間違いようがないC3エアクロスSUVは、5月に発売された「C5エアクロスSUV」に続くシトロエンのSUV第2弾ということになる。外観は当然ながら2年前に発売された「C3」と似通っている。ドアパネルに例の「エアバンプ」は備わらないが、代わりにフロント下部には大げさなほどのプロテクターを持ち、ダブルシェブロンのエンブレムからつながるボンネット左右上端にはLEDのデイタイムランニングライトが装着されている。言うまでもなく本当のヘッドライトはその下、「ロールス・ロイス・ファントム」風のトリッキーなデザインである。ストライプ柄のCピラーに見える部分は、実はポリカーボネート製のリアクオーターウィンドウであり、視界の確保に貢献している。

いわゆるBセグメントに属するC3エアクロスSUVの全長×全幅×全高は4160×1765×1630mm、ホイールベースは2605mmというもの。ベースとなったハッチバックのC3は3995×1750×1495mm、ホイールベース:2535mmだから、全長は165mm、ホイールベースは70mm長く、全高も135mm高い。C3エアクロスはちょっと大きく背が高いC3と考えて間違いない。

インテリアもC3のものとよく似ており、落ち着いたトーンのファブリックが柔らかなシートやトリムに使用されている。C3との大きな違いは後席の広さと使い勝手である。リアシートは60:40の分割可倒式(ベーシックグレードの「フィール」を除く)で、それぞれバックレストの角度が変えられるだけでなく、シートスライド機構も付いており、これを利用すれば荷室の容量を410~520リッターの範囲で変化させることができる。またすべて倒して荷物を天井まで積み上げれば1289リッターまで拡大することができるという。いっぽうでリアシートを最後端まで下げれば、膝前にはかなりの余裕が生まれる。全高が高いことも相まって、C3ではちょっと後席が狭いという方もこれなら満足できるはずだ。

2019年7月に導入されたシトロエンのBセグメントニューモデル「C3エアクロスSUV」。同年5月に発売された「C5エアクロスSUV」に続くシトロエンSUVの第2弾という位置づけだ。SUVを名乗るが、C5エアクロスSUVと同様に駆動方式はFFのみとなる。
2019年7月に導入されたシトロエンのBセグメントニューモデル「C3エアクロスSUV」。同年5月に発売された「C5エアクロスSUV」に続くシトロエンSUVの第2弾という位置づけだ。SUVを名乗るが、C5エアクロスSUVと同様に駆動方式はFFのみとなる。拡大
最新のシトロエンラインナップに通じるフロントフェイスが採用された「C3エアクロスSUV」。「ダブルシェブロングリル」と称される、エンブレムを由来とするフロント上部デザインの両端がデイタイムランニングランプとウインカーで、ヘッドライトはその下に独立して配置されている。
最新のシトロエンラインナップに通じるフロントフェイスが採用された「C3エアクロスSUV」。「ダブルシェブロングリル」と称される、エンブレムを由来とするフロント上部デザインの両端がデイタイムランニングランプとウインカーで、ヘッドライトはその下に独立して配置されている。拡大
ストライプのデザインがあしらわれたCピラー部分(正しくはCピラーとDピラーの間にあるリアクオーターウィンドウ)はポリカーボネイト製となり、視界が確保されている。このデザイン処理を見て、かつての「BX」を思い出す人も多いだろう。
ストライプのデザインがあしらわれたCピラー部分(正しくはCピラーとDピラーの間にあるリアクオーターウィンドウ)はポリカーボネイト製となり、視界が確保されている。このデザイン処理を見て、かつての「BX」を思い出す人も多いだろう。拡大
Bセグメントに属する「C3エアクロスSUV」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4160×1765×1630mm、ホイールベース=2605mm。実車を見ると、ベースとなった同じ「PF1」プラットフォームをベースする「C3」よりも、ひとまわり大きいサイズ感だ。
Bセグメントに属する「C3エアクロスSUV」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4160×1765×1630mm、ホイールベース=2605mm。実車を見ると、ベースとなった同じ「PF1」プラットフォームをベースする「C3」よりも、ひとまわり大きいサイズ感だ。拡大

小気味よい3気筒ターボ

日本向けのパワーユニットはC3同様、「ピュアテック」と呼ばれる1.2リッター直3ターボのみ。最高出力は110PS(81kW)/5500rpm、最大トルクは205N・m(20.9kgf・m)/1750rpmというもので「プジョー208」に搭載されているものと同一(最大トルク発生点は若干異なる)、EAT6と称するアイシン・エィ・ダブリュ製の電子制御6段ATと組み合わされるFWDである点も同じである。ちなみに最上級グレードの「シャイン パッケージ」には、路面状況に応じてダイヤルを回すことでESCを最適制御するグリップコントロールとヒルディセントコントロールが標準装備される。

グループPSA内で広く使われているEB型1.2リッター3気筒直噴ターボは、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで、4年連続でクラス優勝している定評あるエンジン。3気筒とは思えないほどスムーズであるばかりでなく、車重1300kg前後のC3エアクロスSUVを小気味よく走らせる。

もちろん敏捷(びんしょう)にというタイプではないし、いささか緩めの反応を示すATのせいで切れ味鋭いわけでもないが、期待通りに加速する軽快感がある。下りの山道などでは、粘り強く接地感あふれるサスペンションのおかげで侮れない速さを見せるはずだ。

今回の試乗車は、路面状況に応じてノーマル/スノー/マッド/サンド/ESCオフの各モードを切り替えられる「グリップコントロール」が装備された最上級グレードの「シャイン パッケージ」。価格は279万円。


	今回の試乗車は、路面状況に応じてノーマル/スノー/マッド/サンド/ESCオフの各モードを切り替えられる「グリップコントロール」が装備された最上級グレードの「シャイン パッケージ」。価格は279万円。
	拡大
「C3エアクロスSUV」に搭載されるパワーユニットは、最高出力110PS、最大トルク205N・mの1.2リッター3気筒ターボのみ。アイシン・エィ・ダブリュ製の電子制御6段ATが組み合わされる。
「C3エアクロスSUV」に搭載されるパワーユニットは、最高出力110PS、最大トルク205N・mの1.2リッター3気筒ターボのみ。アイシン・エィ・ダブリュ製の電子制御6段ATが組み合わされる。拡大
インテリアデザインは「C3」をベースに進化させたもの。ダッシュボード上部両端に備わるエアコンの吹き出し口は、C3が横型1つであるの対して、こちらは縦に2つ並ぶ。
インテリアデザインは「C3」をベースに進化させたもの。ダッシュボード上部両端に備わるエアコンの吹き出し口は、C3が横型1つであるの対して、こちらは縦に2つ並ぶ。拡大

ちょっと癖がある

ただし、このパワートレインには若干の癖というか、特徴的な挙動がある。渋滞の中など、低中速でスロットルペダルをオン/オフする際に、ロックアップクラッチ制御の影響なのか、前後にわずかにカクカク震えるような、スナッチのような揺動が残るのだ。

実は程度の差こそあれ、これはプジョー・シトロエンのEATトランスミッションに共通するもので、トルコンATのはずなのだが、デュアルクラッチトランスミッションがクラッチの接続に悩んでいるような断続感がある。

アイシン・エィ・ダブリュ製ATは最高レベルの効率を誇るというが、足まわりがソフトなこともあって、その制御が強調されて表れるのかもしれない。速度域が上がったり、オープンロードに入ったりすれば気にならなくなるのだが、これを良しとするかどうかで、C3エアクロスSUV全体の印象が左右されるかもしれない。

今回の試乗車は、前後215/50R17サイズの「ハンコック・キナジー4S」オールシーズンタイヤを装着していた。
今回の試乗車は、前後215/50R17サイズの「ハンコック・キナジー4S」オールシーズンタイヤを装着していた。拡大
快適な座り心地が特徴のフロントシート。助手席の背もたれは、ワンアクションで前方に倒せる。
快適な座り心地が特徴のフロントシート。助手席の背もたれは、ワンアクションで前方に倒せる。拡大
リアシートは、60:40の分割式スライドと同可倒式バックレスト機構を採用。シートを一番前にスライドさせると、荷室容量は通常時の410リッターから520リッターにまで拡大される。
リアシートは、60:40の分割式スライドと同可倒式バックレスト機構を採用。シートを一番前にスライドさせると、荷室容量は通常時の410リッターから520リッターにまで拡大される。拡大

柔らかいが、粘る

昔のクルマに慣れている人には何ということもないだろうが、C3エアクロスSUVは走りだす際にも止まる時もヨイショ、という具合にひと揺れするほど動きだしがソフトな足まわりを持つ。最近はコンパクトカーであっても引き締まった足まわりを持つクルマばかりで、特に輸入車はわざわざスポーツサスペンションを日本仕様にするものが多い中、この種の穏やかでのどかな足まわりに接するとどこかホッとするが、荷重移動やGに対する意識を持たないで運転すると、余分な動きと捉える人もいるかもしれない。

もちろん、一旦走りだせばしっかりした骨格は明らかで、緩やかにリニアにロールしながら荷重がかかると、そこからがシトロエンの真骨頂というべきか、執拗(しつよう)に路面を捉え続ける頼もしさがある。ラフな路面を突破しても、当たりは柔らかだがその奥の芯はしっかりしており柳に風と受け流してくれる。もっとも左右輪一緒に段差を越えるような不整路は苦手なようだが、この独特の反応とリズムが心地良いという人は大いに気に入るはずだ。

C3の時もそうだったが、ゆらりと動く挙動が心もとない、という人もいるから、いわゆる万人向けとはいえないのかもしれないが、それでも不安定なルーズさでは決してない。ちょうどいい遊びというか余裕が、シトロエンが重視する快適さの基本となっているのである。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「シャイン」グレードはボディーカラーによってルーフやルーフレールのカラーリングが異なる「バイトーンルーフ」と呼ばれる外装色仕様が標準となる。試乗車のボディーカラーである「ブリージングブルー」の場合は「ナチュラルホワイト」のルーフカラーが組み合わされる。
「シャイン」グレードはボディーカラーによってルーフやルーフレールのカラーリングが異なる「バイトーンルーフ」と呼ばれる外装色仕様が標準となる。試乗車のボディーカラーである「ブリージングブルー」の場合は「ナチュラルホワイト」のルーフカラーが組み合わされる。拡大
リアシートをたたむと荷室容量は最大1289リッターまで拡大。助手席の背もたれを前方にたたむと(写真)、2.4mの長尺物の収容も可能となる。
リアシートをたたむと荷室容量は最大1289リッターまで拡大。助手席の背もたれを前方にたたむと(写真)、2.4mの長尺物の収容も可能となる。拡大
「C3エアクロスSUVシャイン パッケージ」の車重は1310kg。WLTCモードの燃費値は、14.7km/リッターと発表されている。
「C3エアクロスSUVシャイン パッケージ」の車重は1310kg。WLTCモードの燃費値は、14.7km/リッターと発表されている。拡大

テスト車のデータ

シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4160×1765×1630mm
ホイールベース:2605mm
車重:1310kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:110PS(81kW)/5500rpm
最大トルク:205N・m(20.9kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)215/50R17 91H/(後)215/50R17 91H(ハンコック・キナジー4S)
燃費:14.7km/リッター(WLTCモード)
価格:297万円/テスト車=332万3268円
オプション装備:ボディーカラー<ブリージングブルー/ナチュラルホワイト>(4万8600円)/ナビゲーションシステム(23万7600円)/ETC2.0(4万3740円)/フロアマット(2万3328円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:2157km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--リッター

シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ
シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ拡大
安全装備の充実も「C3エアクロスSUV」のセリングポイント。歩行者も作動対象(60km/h以下)とした緊急自動ブレーキやレーンディパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビーム、駐車時のステアリング操作が自動化されたパークアシストも装備する。
安全装備の充実も「C3エアクロスSUV」のセリングポイント。歩行者も作動対象(60km/h以下)とした緊急自動ブレーキやレーンディパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビーム、駐車時のステアリング操作が自動化されたパークアシストも装備する。拡大
パノラミックサンルーフは「シャイン パッケージ」グレードに標準装備されるアイテム。
パノラミックサンルーフは「シャイン パッケージ」グレードに標準装備されるアイテム。拡大
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

シトロエン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。