BMW Mのフラッグシップオープンモデル ソフトトップ採用の「M8カブリオレ」日本デビュー

2019.07.24 自動車ニュース
BMW M8カブリオレ コンペティション
BMW M8カブリオレ コンペティション拡大

BMWジャパンは2019年7月24日、「BMW Mモデル」のフラッグシップクーペ「M8」をベースとしたオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、同日に受注を開始した。

オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。
オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。拡大
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。拡大
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。拡大
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。拡大

ルーフは、高品質なファブリックを採用した多層式の電動ソフトトップ。「閉めた時にはくっきりと段差のあるノッチドクーペのスタイル」となり、いっぽう「ルーフを開けソフトトップが収納された状態では印象的な曲線がキャビンを囲み、ダイナミックに伸びるボディーサイドのラインと美しいインテリアの調和が強調される」と、BMWは同車の特徴をアピールしている。

ソフトトップは、50km/h以下であれば、走行中でも開閉が可能。オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了するという。トップの開閉状況に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。

パワーユニットは、クーペモデルと同様にBMW M社が開発を手がけた4.4リッターV8ツインターボエンジン。最高出力600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmとなる「M8カブリオレ」と、最高出力を625psにまで高めた「M8カブリオレ コンペティション」の2グレードをラインナップしている。ともに後輪駆動を主とした四輪駆動システム「M xDrive」と、ドライブロジック付き8段AT「Mステップトロニック」が組み合わされている。

価格は以下の通り(消費税を10%とした場合)。

  • M8カブリオレ:2338万円
  • M8カブリオレ コンペティション:2541万円

左/右ハンドル仕様をラインナップし、納車は2019年12月以降に順次行われる予定。

(webCG)

関連キーワード:
M8カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 新型「ホンダ・フィット」いよいよ登場 オートバイも総勢29台を出展【東京モーターショー2019】 2019.9.26 自動車ニュース 本田技研工業は2019年9月26日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)における出展概要を発表した。会場では、「フィット」や「アコード」の新型が初披露される。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
ホームへ戻る