BMW Mのフラッグシップオープンモデル ソフトトップ採用の「M8カブリオレ」日本デビュー

2019.07.24 自動車ニュース
BMW M8カブリオレ コンペティション
BMW M8カブリオレ コンペティション拡大

BMWジャパンは2019年7月24日、「BMW Mモデル」のフラッグシップクーペ「M8」をベースとしたオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、同日に受注を開始した。

オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。
オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。拡大
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。拡大
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。拡大
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。拡大

ルーフは、高品質なファブリックを採用した多層式の電動ソフトトップ。「閉めた時にはくっきりと段差のあるノッチドクーペのスタイル」となり、いっぽう「ルーフを開けソフトトップが収納された状態では印象的な曲線がキャビンを囲み、ダイナミックに伸びるボディーサイドのラインと美しいインテリアの調和が強調される」と、BMWは同車の特徴をアピールしている。

ソフトトップは、50km/h以下であれば、走行中でも開閉が可能。オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了するという。トップの開閉状況に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。

パワーユニットは、クーペモデルと同様にBMW M社が開発を手がけた4.4リッターV8ツインターボエンジン。最高出力600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmとなる「M8カブリオレ」と、最高出力を625psにまで高めた「M8カブリオレ コンペティション」の2グレードをラインナップしている。ともに後輪駆動を主とした四輪駆動システム「M xDrive」と、ドライブロジック付き8段AT「Mステップトロニック」が組み合わされている。

価格は以下の通り(消費税を10%とした場合)。

  • M8カブリオレ:2338万円
  • M8カブリオレ コンペティション:2541万円

左/右ハンドル仕様をラインナップし、納車は2019年12月以降に順次行われる予定。

(webCG)

関連キーワード:
M8カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • 約2年ぶりに復活 新型「BMW Z4」が上陸 2019.3.26 自動車ニュース BMWジャパンは2019年3月25日、新型「BMW Z4」の国内導入を発表し、同日に販売を開始した。3代目となる新型Z4は、2018年8月に米カリフォルニア州モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でワールドプレミアされたモデルで、新型「トヨタ・スープラ」の姉妹車でもある。
  • 第144回:すげえぞ、コンセプト4! 2019.10.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第144回は「すげえぞ、コンセプト4!」。巨大なキドニーグリルが話題のBMWのコンセプトカー。カーマニアにはネガティブにも映る賛否両論デザイン、一般ユーザーにはどう映るのか? 緊急アンケートの結果を報告する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る