セダン市場はまだ拡大の余地あり!?
「Aクラス セダン」導入に見るメルセデスの戦略

2019.08.07 デイリーコラム

日本車の新車登録台数トップ20にセダンは1車種だけ

先日、webCG編集部のF氏からこんなメールがきた。

「日本にも『Aクラス セダン』が導入されましたが、セダンの市場が縮小する中で、メルセデスはなぜセダンのラインナップ拡充を図るのでしょうか?」

確かに国内市場をみれば、2018年暦年の国産乗用車の登録台数トップ10(自販連調べ)は「日産ノート」「トヨタ・アクア」「トヨタ・プリウス」「日産セレナ」「トヨタ・シエンタ」「トヨタ・ヴォクシー」「ホンダ・フィット」「トヨタ・カローラ」「トヨタ・ヴィッツ」「トヨタ・ルーミー」という顔ぶれだ。カローラにセダンの「アクシオ」が一部含まれているものの、実際のところメインはハッチバックだ。プリウスも5ドアハッチバックとすれば、トップ20まで枠を広げてようやく「トヨタ・クラウン」(19位)がランクインする。

そこで冒頭の質問に戻るが、これはわたしが考えてどうにかなるものでもない。素直にメルセデス・ベンツ日本の広報室製品広報課の木下潤一氏に話を聞いてみることに。まずストレートに最初の問いを投げかけてみた。

「国内でセダンという車型のクルマが減っていることは知っていますが、そもそもわれわれとしては、セダンマーケットが縮小しているという認識はありません。SUVの人気が高まっている中で、メルセデスでも確かにSUVの比率は上がっています。しかし、セダンが売れなくなっているのかというと、昨年も国内で売れた輸入車のベスト10に「Cクラス」と「Eクラス」がランクインしているくらいで、逆にまだまだチャンスがあるマーケットだと思っています」

2019年7月22日に国内導入が発表された「メルセデス・ベンツAクラス セダン」。同年9月にデリバリーが始まる予定となっている。
2019年7月22日に国内導入が発表された「メルセデス・ベンツAクラス セダン」。同年9月にデリバリーが始まる予定となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る