マイナーチェンジした「ボルボXC90」が日本上陸 安全装備も強化

2019.08.22 自動車ニュース
ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション
ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年8月22日、マイナーチェンジした「ボルボXC90」の日本導入を発表。特別仕様車「XC90 D5 AWD R-DESIGN」もラインナップに加え、同日、販売を開始した。

 
マイナーチェンジした「ボルボXC90」が日本上陸 安全装備も強化の画像拡大
 
マイナーチェンジした「ボルボXC90」が日本上陸 安全装備も強化の画像拡大
 
マイナーチェンジした「ボルボXC90」が日本上陸 安全装備も強化の画像拡大
デザインが変更された、オレフォス社製のクリスタルシフトノブ。
デザインが変更された、オレフォス社製のクリスタルシフトノブ。拡大
XC90 D5 AWD R-DESIGN
XC90 D5 AWD R-DESIGN拡大

マイナーチェンジ後のモデルでは、新デザインのフロントグリルと前後バンパーを採用。プラグインハイブリッドのトップモデル「T8 Twin Engine AWDエクセレンス」を除き、アルミホイールのデザインも改められた。

インテリアについては、プラグインハイブリッドモデルだけに備わるオレフォス社製クリスタルシフトノブのデザインを変更。さらに、本革シートとパーフォレーテッドファインナッパレザーシートに新色のスレート(グレー)を追加した。

安全装備もアップグレードしており、「シティ・セーフティ」(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)に「ステアリング・サポート」(衝突回避支援機能)を追加したほか、後退時の安全を確保する「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付きCTA(クロス・トラフィック・アラート)」も搭載。さらに、駐車操作を補助する「パーク・アシスト・パイロット」には被害軽減ブレーキの新機能が加わり、「タイヤ空気圧モニタリングシステム」が標準化された。

またディーゼル車の「D5」に限り、特別仕様車として、以下の装備が与えられたスポーティーグレード、R-DESIGNが用意されている。

  • 専用フロントグリル
  • 専用グロッシーブラック仕上げサイドウィンドウトリム/インテグレーテッドルーフレール
  • 専用ブラックカラードアミラーカバー
  • 専用フロントリアバンパー(グロッシーブラックトリム)
  • フェンダーエクステンション(ボディー同色、ワイド)
  • 専用スポーツシート
  • 専用カーボンファイバーパネル
  • 専用アルミニウムスポーツペダル
  • 専用本革巻き/シルクメタルステアリングホイール
  • 専用本革巻きシフトノブ(チャコール)
  • 専用アルミニウムスカッフプレート(イルミネーション機能付き)
  • 専用フロアマット
  • テイラードダッシュボード&インナードアパネルトップ
  • リアドアウィンドウサンブラインド
  • パドルシフト
  • 新デザイン専用22インチアルミホイール
  • 5ダブルスポーク9.0J×22 ダイヤモンドカット/ブラック、275/35R22タイヤ

最新型XC90のラインナップと価格は以下の通り(※印のモデルは納車が2019年10月以降となるため、消費税10%で表示)。

【2リッター直4ガソリンターボ】

  • T5 AWDモメンタム:799万円

【2リッター直4ディーゼルターボ】

  • D5 AWDモメンタム:869万円
  • D5 AWD R-DESIGN:951万2963円※
  • D5 AWDインスクリプション:954万円

【2リッター直4ガソリンターボ+スーパーチャージャー】

  • T6 AWDインスクリプション:964万円

【2リッター直4プラグインハイブリッド】

  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:1124万4444円※
  • T8 Twin Engine AWDエクセレンス:1353万6112円※

(webCG)
 

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾 2019.10.17 自動車ニュース ボルボ・カーズが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表した。駆動システムは最高出力408hpの電動4WDで、一回の充電で400kmの走行が可能。ボルボは今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、2025年には世界販売の半数をEVにするとしている。
  • 第6回:ボルボXC40(後編) 2018.10.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 好評を博す「ボルボXC40」の造形について、全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。実用性を犠牲にした部分に関しては、疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところがあったようだ。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る