最新型「ポルシェ・マカン ターボ」デビュー 0-100km/h加速タイムは4.3秒に向上

2019.08.30 自動車ニュース
ポルシェ・マカン ターボ
ポルシェ・マカン ターボ拡大

独ポルシェは2019年8月29日(現地時間)、マイナーチェンジしたSUV「マカン」のハイパフォーマンスモデル「マカン ターボ」を発表した。

「マカン ターボ」のサイドビュー。最高出力440PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
「マカン ターボ」のサイドビュー。最高出力440PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大
「マカン ターボ」のインテリア。「911」シリーズと同デザインとなるヒーター付きGTスポーツステアリングホイールはオプション。
「マカン ターボ」のインテリア。「911」シリーズと同デザインとなるヒーター付きGTスポーツステアリングホイールはオプション。拡大
「マカン ターボ」のリアビュー。ダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーが装備され、スポーティーなフォルムに磨きをかけている。
「マカン ターボ」のリアビュー。ダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーが装備され、スポーティーなフォルムに磨きをかけている。拡大

今回マカン、「マカンS」に続きラインナップに追加されたターボモデルは、最高出力440PSの新開発2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。排気量は従来型より20%(先代は3.6リッターV6)ダウンしながらも、出力は10%(40PS)向上している。

オプションのスポーツクロノパッケージを装備すると、静止状態から4.3秒で100km/hに到達し(先代比-0.3秒)、最高速は270km/hをマークする(同+4km/h)とアナウンスされている。こうしたエンジンパフォーマンスの向上に伴い、ブレーキは強化された「ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)」が標準装備となる。

エクステリアにおいては、専用のフロントバンパーやダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーなどを装備。インテリアでは、18ウェイアダプティブスポーツシートやBOSEサラウンドサウンドシステムなどが採用されている。

そのほか、室内の空気清浄機能を有するイオナイザーやアダプティブクルーズコントロールを含む渋滞運転支援機能もオプションで用意されている。渋滞運転支援システムは、60km/hまでの速度で加速と制動を車両が行い、渋滞や低速走行での運転をサポートするという。

日本への導入時期や価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ マカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
ホームへ戻る