最新型「ポルシェ・マカン ターボ」デビュー 0-100km/h加速タイムは4.3秒に向上

2019.08.30 自動車ニュース
ポルシェ・マカン ターボ
ポルシェ・マカン ターボ拡大

独ポルシェは2019年8月29日(現地時間)、マイナーチェンジしたSUV「マカン」のハイパフォーマンスモデル「マカン ターボ」を発表した。

「マカン ターボ」のサイドビュー。最高出力440PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
「マカン ターボ」のサイドビュー。最高出力440PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大
「マカン ターボ」のインテリア。「911」シリーズと同デザインとなるヒーター付きGTスポーツステアリングホイールはオプション。
「マカン ターボ」のインテリア。「911」シリーズと同デザインとなるヒーター付きGTスポーツステアリングホイールはオプション。拡大
「マカン ターボ」のリアビュー。ダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーが装備され、スポーティーなフォルムに磨きをかけている。
「マカン ターボ」のリアビュー。ダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーが装備され、スポーティーなフォルムに磨きをかけている。拡大

今回マカン、「マカンS」に続きラインナップに追加されたターボモデルは、最高出力440PSの新開発2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。排気量は従来型より20%(先代は3.6リッターV6)ダウンしながらも、出力は10%(40PS)向上している。

オプションのスポーツクロノパッケージを装備すると、静止状態から4.3秒で100km/hに到達し(先代比-0.3秒)、最高速は270km/hをマークする(同+4km/h)とアナウンスされている。こうしたエンジンパフォーマンスの向上に伴い、ブレーキは強化された「ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)」が標準装備となる。

エクステリアにおいては、専用のフロントバンパーやダブルウイングデザインの固定式ルーフスポイラーなどを装備。インテリアでは、18ウェイアダプティブスポーツシートやBOSEサラウンドサウンドシステムなどが採用されている。

そのほか、室内の空気清浄機能を有するイオナイザーやアダプティブクルーズコントロールを含む渋滞運転支援機能もオプションで用意されている。渋滞運転支援システムは、60km/hまでの速度で加速と制動を車両が行い、渋滞や低速走行での運転をサポートするという。

日本への導入時期や価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ マカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ポルシェ・マカンGTS」に試乗。最高出力380PSの新世代2.9リッターV6ターボエンジンと熟成されたシャシーの出来栄えをチェックしながら、他のモデルとは異なるGTSならではの特徴と魅力を探った。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
ホームへ戻る