ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能

2019.09.05 自動車ニュース
「ポルシェ・タイカン ターボS」。中国の平潭(ぴんたん)島で行われたワールドプレミアイベントより。
「ポルシェ・タイカン ターボS」。中国の平潭(ぴんたん)島で行われたワールドプレミアイベントより。拡大

独ポルシェは2019年9月4日、ブランド初となる電気自動車(EV)「タイカン」を世界初公開した。

 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大
 
ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開 5分の充電で100kmの走行が可能の画像拡大

ワールドプレミアイベントは北米、中国、ヨーロッパと、タイカンのメインマーケットと見込まれている3大陸で同時に開催。具体的には米国のニューヨーク州とカナダのオンタリオ州の国境に位置するナイアガラの滝、ベルリン近郊にあるノイハルデンベルクのソーラーファーム、そして中国福建省福州市から約150km離れた平潭(ぴんたん)島のウインドファームと、いずれも各大陸において再生可能エネルギーを象徴するロケーションだ。

タイカンは4ドア・4シーターのスポーツサルーンであり、ボディーは全長×全幅×全高=4963×1966×1381mmの堂々たるサイズを誇る。ホイールベースは2900mmとなる。

ローンチ時には「ターボ」および「ターボS」の2グレードを設定。いずれも前後アクスルに1基ずつ=計2基のモーターによって4輪を駆動。通常走行時には最高出力625PS/最大トルク850N・mを発生。ローンチコントロール使用時にはターボが同680PS/同850N・m、ターボSでは同761PS/同1050N・mを発生する。0-100km/h加速のタイムはターボが3.2秒でターボSが2.8秒、最高速は両グレードとも260km/hと公表されている。

リアアクスルに搭載された2段のトランスミッションもトピックだ。1速は停止状態からの加速などを担当。2速はロングレシオとなっており、高効率を追求すると同時に、高速走行時にも使用される。

フロア下に搭載される駆動用バッテリーの容量は93kWh。システム電圧は市販車としては初の800Vとなっており、高出力の直流充電ネットワークを使用した場合には、5分の充電で100kmの走行が可能。さらに、最大で270kWの超高速充電にも対応しており、この場合には残量5%から80%まで22.5分で充電できるという。一充電あたりの航続可能距離はターボが381~450kmで、ターボSが388~412km(WLTPモード)。また最大265kWの回生システムを搭載しており、走行テストでは日常使用の約90%のシーンで油圧式ブレーキを使用せずに減速することができたという。

エクステリアデザインはリアに向かってなだらかに傾斜するルーフラインや曲線を多用したフェンダーまわり、テーパーのついたCピラーなどでポルシェ車としての出自を強調すると同時に、リアのライトバーに統合されたブランドロゴなどで革新性も表現。Cd値0.22という空力性能の高さも見逃せない。

インテリアではタッチスクリーンでの車両機能の操作を基本とした、シンプルな空間を追求。「Hey Porsche」で起動するボイスコントロール機能も搭載する。フロント81リッター、リア366リッターと、2カ所のラゲッジコンパートメントを用意する。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸 2019.11.20 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年11月20日、新型の電気自動車(EV)「タイカン」を国内初披露し、予約注文受け付けを開始した。トップグレード「ターボS」はシステム総合で最高出力761PS/最大トルク1050N・mを発生する。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る