クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

“あおり”対策の必須アイテム!?
ドライブレコーダー最前線

2019.09.06 デイリーコラム

安全運転を促進する機器

昨今、ニュースでも取り上げられる機会が増え、世間の注目が集まったのが、クルマの“あおり運転”。その定義自体はやや曖昧な部分もあるが、警察庁の説明には「重大な事故につながる悪質・危険な運転行為」とある。これに対しての罰則強化、つまり政府内における法改正の動きも見えてきている。

今回これだけ話題になったのは、その行為自体がドライブレコーダー(以下ドラレコ)に記録され、SNSを中心に社会に拡散されたことが大きい。同時に、これがあおり運転の犯人を特定する切り札になったと言っても、間違いではないだろう。

さてこのドラレコ、本来は自動車事故発生時に、その様子を記録するものだが、最近ではドライブの思い出を記録しておいて後で楽しむなど、エンターテインメント的な使われ方も販売を後押ししてきた。そこに今回の一件である。もはや事故時だけではなく、その前段階で自己防衛のために使われる、安全に走るための抑止力、言い換えれば“安全運転促進ツール”としての意味合いが強くなってきた。筆者は頻繁にカー用品店をウオッチしているが、実際、ドラレコの販売コーナーは拡大されており、休日となれば多くの人が群がるほど盛況だ。

クルマにおける安全を確保する要素としてはエアバッグなどに代表される衝突時の「パッシブセーフティー」、昨今車両への搭載率が向上したADAS(先進運転支援システム)に代表される事故を未然に回避する「アクティブセーフティー」、そして交通事故や違反に対する根本的な抑止力となる「道路交通法」などの法律が基本的なものとして挙げられる。それは、多くの人が理解しているだろう。

しかしいまは、前述したように「自分の身は自分で守る」必要性も高くなってきている。そしてドラレコの存在は安全につながる“第4の手段”としてドライバーにとって有益なものになっている。

もともとは、「交通事故が発生した際に、その原因を映像から検証する」ことを目的としていたドライブレコーダー。普及が進み、その映像を元に悪質な運転が告発されるようになった今、これらの機器は「交通違反や交通事故の抑止力」としての役割も担うようになったと言えるだろう。写真は、前後2カメラにより後方も同時に録画、さらに駐車監視機能まで備わるパナソニックの新製品「CA-DR03TD」(2019年11月上旬発売予定)。
もともとは、「交通事故が発生した際に、その原因を映像から検証する」ことを目的としていたドライブレコーダー。普及が進み、その映像を元に悪質な運転が告発されるようになった今、これらの機器は「交通違反や交通事故の抑止力」としての役割も担うようになったと言えるだろう。写真は、前後2カメラにより後方も同時に録画、さらに駐車監視機能まで備わるパナソニックの新製品「CA-DR03TD」(2019年11月上旬発売予定)。拡大

監視社会化への懸念はあるが……

これまでもドラレコの有益性は語られてきたが、裁判などでの証拠としては、あまり効力がなかったのも現実だ。しかし昨今では、カメラの解像度だけでなく記録されるデータの精度向上(GPSの位置データや衝突時の衝撃度が記録される)も手伝って、徐々にではあるが証拠として活用されるケースも増えてきている。もちろん、事故時の状況にもよるが、車両のナンバーや信号がきちんと映っていて、その数字や色まで識別できることが条件となるなど、絶対有効というわけでないことは覚えておく必要があるだろう。

一方で、ドラレコで記録された情報が安易にSNSや動画サイトに公開されるという、プライバシーの侵害に対する反論も多い。この部分は法整備が求められるし、何よりも使用者のモラルに頼る部分もあるなど、まだまだ課題は多い。それでもドラレコを装着することで、他のドライバーに対しての「注意喚起」、また自身の「安全意識の向上」は期待できる。

冒頭に述べたようにあおり運転の定義は曖昧で、例えば、走行時に自身の車両が急に減速したのに後続車が速度を変えずに接近してきた場合や、(高速道路の追い越し車線を走り続ける「通行帯違反」についての認識が甘いため)追い越しのため後続車が接近した場合に、「あおられた!」と感じることも少なくない(余談だがこの通行帯違反、内閣府のデータなどによれば摘発件数が増加傾向にあるという)。

そんな中、方々でカメラによる記録を続ける“監視社会化”には同調できない部分も多いし、ネットを中心に過剰に反応するのもいかがなものか、とも筆者は感じている。それでもドラレコの存在により、周囲の目を気にすることでドライバーが襟を正し安全運転に努め、交通事故が減るという可能性は、十分にある。

ドラレコ自体も発売当初はフロントのみの設定だったが、昨今のトレンドとしてはリアカメラも含めた2カメラモデルが人気だ。リアカメラの映像はあおり運転をされたときや追突されたときの記録としても使える点が大きく、さらにフロントカメラと同等の解像度を持つモデルも増えてきている。筆者としては、前後だけでなく周囲360°を記録することで無謀な幅寄せなどまでカバーできるモデルの進化・普及を期待したいが、現在はまだ種類も少なく、解像度の点でやや劣る部分がある。ただこれも時間の問題で、近い将来は主流になると考えている。

(文=高山正寛/写真=カーメイト、パナソニック/編集=関 顕也)

こちらは、カーメイトの最新作である「d'Action(ダクション)360S(DC5000)」。360°の全天周レンズを本体の前後に1個ずつ、計2個装備するのが特徴で、自車両周辺を前後しながら迫るあおり運転や側面衝突など、広範囲にわたって対象をとらえることができる。
こちらは、カーメイトの最新作である「d'Action(ダクション)360S(DC5000)」。360°の全天周レンズを本体の前後に1個ずつ、計2個装備するのが特徴で、自車両周辺を前後しながら迫るあおり運転や側面衝突など、広範囲にわたって対象をとらえることができる。拡大
「d'Action 360S」のカメラ映像。前方はもちろん、車内を含む車両周辺の様子を広く映し出す。
「d'Action 360S」のカメラ映像。前方はもちろん、車内を含む車両周辺の様子を広く映し出す。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。