フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】

2019.09.10 自動車ニュース
フォルクスワーゲンID.3
フォルクスワーゲンID.3拡大

独フォルクスワーゲンは2019年9月9日(現地時間)、フランクフルトモーターショー2019(開催期間:2019年9月10日~22日)の前夜祭において、電気自動車(EV)「フォルクスワーゲンID.3」の量産モデルを世界初公開した。

 
フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの次世代EV「ID.3」がデビュー 2020年夏に販売開始【フランクフルトショー2019】の画像拡大

VWにとっての大きな節目

ID.3は、新開発アーキテクチャー「MEB(モジュラー エレクトリック ツールキット)」をベースに開発された次世代のEV。フォルクスワーゲンは今後3年以内に、このMEBを使って、グループ内のブランドにおいて合計33車種を生産する計画で、2021年には3ブランド、6車種の生産がスタートするという。

ID.3のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4261×1809×1552mm。既存のEVである「日産リーフe+」国内仕様車のディメンション(同4480×1790×1545mm、2700mm)と比べた場合、前後に短く、わずかに幅広く、高い値となっている。ホイールベースは2765mmで、リーフe+よりも65mm長い。

定員は5人。室内の広さはセリングポイントのひとつで、コンパクトクラスの新たな基準を打ち立てるという。水平基調のインストゥルメントパネルの中央には10インチのタッチディスプレイが配され、スマートフォンとの連携にも対応する。

アンダーボディーに結合されたバッテリーと、モーターのバリエーションは、以下の3タイプ(航続可能距離はWLTPモード値)。

  • バッテリー容量:45kWh、航続可能距離:330km
  • バッテリー容量:58kWh、航続可能距離:420km
  • バッテリー容量:77kWh、航続可能距離:550km

100kWの高速充電器を使った場合、30分以内に約290km(WLTPモード)走行できるだけの電力が補給できるという。

ID.3の生産は2019年11月にツヴィッカウの工場で始められ、デリバリーは2020年の夏にスタートする。「ID.3 1st」と名付けられた初期生産分はバッテリー容量が58kWhのモデルで、最高速は160km/h。リアに搭載された最高出力204PS、最大トルク310N・mのモーターで後輪を駆動する。価格は4万ユーロ(約474万円)未満。

フォルクスワーゲンはこのID.3を、「ビートル」や「ゴルフ」の初代モデルと同様、同社にとって大きな節目のモデルになるとしている。

(webCG)

◆「フォルクスワーゲンID.3」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
フランクフルトモーターショー2019, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事