ボルボが「V90」と「V90クロスカントリー」の仕様を変更 予防安全装備の機能を強化

2019.09.12 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年9月12日、ステーションワゴン「V90」およびクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

プラグインハイブリッド車のEV性能向上も

今回の変更は予防安全装備の機能強化が中心となっている。まず、衝突回避・被害軽減ブレーキシステム「シティーセーフティー」には、ステアリングサポート(衝突回避支援機能)を追加。これは、被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない場合、システムがステアリング操作を補って衝突回避を支援する機能である。ドライバーによるステアリング操作が不十分であれば、適切な操作量を確保できるよう操作を補助。同時に前後内輪のブレーキも作動させ、緊急回避操作を安全に行えるよう支援するという。

また、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」にも衝突回避・被害軽減ブレーキ機能が追加された。CTAは、駐車スペースから後退して出庫するときの安全を確保する装備で、リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって、接近する車両や歩行者、サイクリストの存在を検知するというもの。これまでは、接近するものがある場合は警告音でドライバーに注意を促すだけだったが、今回の改良により、必要に応じて被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の低減をサポートするようになった。

このほかにも、V90ではプラグインハイブリッド車「T8 Twin Engine」の駆動用リチウムイオンバッテリーの容量を30Ahから34Ahに拡大し、EV走行距離を向上させたほか、最上級グレード「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に装備されるオレフォス社製クリスタルシフトノブのデザインを変更。V90クロスカントリーは「V60クロスカントリー」にならい、グレード名を変更している。

価格とラインナップは以下の通り。納車は2019年10月以降となるため、いずれも10%の税込み価格表記となる。

【V90】

  • V90 T5モメンタム:691万5741円
  • V90 D4モメンタム:722万1297円
  • V90 D4インスクリプション:808万7037円
  • V90 T6 AWDインスクリプション:859万6297円
  • V90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:992万0371円

【V90クロスカントリー】

  • V90クロスカントリーT5 AWD:722万1297円
  • V90クロスカントリーD4 AWD:752万6852円
  • V90クロスカントリーT5 AWDプロ:808万7037円
  • V90クロスカントリーD4 AWDプロ:839万2593円
  • V90クロスカントリーT6 AWDプロ:880万円

(webCG)

「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。
「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。拡大

関連キーワード:
V90, V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。
  • 「ジープ・コンパス」に特別仕様車「Sモデル」が登場 グレーとブラックのアクセントカラーが特徴 2019.10.10 自動車ニュース FCAジャパンは2019年10月10日、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に上級グレード「リミテッド」をベースにした特別仕様車「コンパスSモデル」を設定、同年10月19日に160台限定で販売すると発表した。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
ホームへ戻る