ボルボが「V90」と「V90クロスカントリー」の仕様を変更 予防安全装備の機能を強化

2019.09.12 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年9月12日、ステーションワゴン「V90」およびクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

プラグインハイブリッド車のEV性能向上も

今回の変更は予防安全装備の機能強化が中心となっている。まず、衝突回避・被害軽減ブレーキシステム「シティーセーフティー」には、ステアリングサポート(衝突回避支援機能)を追加。これは、被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない場合、システムがステアリング操作を補って衝突回避を支援する機能である。ドライバーによるステアリング操作が不十分であれば、適切な操作量を確保できるよう操作を補助。同時に前後内輪のブレーキも作動させ、緊急回避操作を安全に行えるよう支援するという。

また、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」にも衝突回避・被害軽減ブレーキ機能が追加された。CTAは、駐車スペースから後退して出庫するときの安全を確保する装備で、リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって、接近する車両や歩行者、サイクリストの存在を検知するというもの。これまでは、接近するものがある場合は警告音でドライバーに注意を促すだけだったが、今回の改良により、必要に応じて被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の低減をサポートするようになった。

このほかにも、V90ではプラグインハイブリッド車「T8 Twin Engine」の駆動用リチウムイオンバッテリーの容量を30Ahから34Ahに拡大し、EV走行距離を向上させたほか、最上級グレード「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に装備されるオレフォス社製クリスタルシフトノブのデザインを変更。V90クロスカントリーは「V60クロスカントリー」にならい、グレード名を変更している。

価格とラインナップは以下の通り。納車は2019年10月以降となるため、いずれも10%の税込み価格表記となる。

【V90】

  • V90 T5モメンタム:691万5741円
  • V90 D4モメンタム:722万1297円
  • V90 D4インスクリプション:808万7037円
  • V90 T6 AWDインスクリプション:859万6297円
  • V90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:992万0371円

【V90クロスカントリー】

  • V90クロスカントリーT5 AWD:722万1297円
  • V90クロスカントリーD4 AWD:752万6852円
  • V90クロスカントリーT5 AWDプロ:808万7037円
  • V90クロスカントリーD4 AWDプロ:839万2593円
  • V90クロスカントリーT6 AWDプロ:880万円

(webCG)

「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。
「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。拡大

関連キーワード:
V90, V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
ホームへ戻る