クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「パジェロ」に「マークX」「エスティマ」「キューブ」……
令和元年が絶版車の“当たり年”になった理由を考える

2019.09.25 デイリーコラム

エスティマの敵は身内にあり

今年は各メーカーとも主力車種を廃止するというニュースが多い。三菱の基幹車種でSUV市場の基礎を築いた「パジェロ」は、2019年8月に国内仕様の販売を終えた。今後はLサイズセダンの主力車種であった「トヨタ・マークX」、人気の高かったミニバンの「トヨタ・エスティマ」、居住性の優れたコンパクトカーの「日産キューブ」も生産を終える。2019年はモデル廃止の“当たり年”になってしまうのか。

これらの車種が廃止されることには、それぞれ異なる背景がある。

まずエスティマには、少子高齢化が進んだことが影響を与えた。子どもの数が減れば、ファミリー向けのミニバンも売れ行きを下げるから、エスティマの需要も低下する。

もちろん、これはエスティマだけに突き付けられた問題ではないものの、今はエスティマとほぼ同サイズの「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」が好調に売れている。この姉妹車の登録台数を合計すれば、「トヨタ・シエンタ」や「日産セレナ」にも匹敵するから、いまさらエスティマをフルモデルチェンジしても順調に売れるとは限らない。

ミニバンは海外で売りにくいカテゴリーだから(一部の車種は人気を得ているが)、国内需要が先細りだとフルモデルチェンジしにくい。こういった事情が重なり、エスティマはフルモデルチェンジを受けず、2019年中に生産を終えることとなった。

トヨタのミニバン「エスティマ」は2019年10月をもって生産終了となる。初代モデルの発売は1990年、現行モデル(3代目)の発売は2006年のことだった。
トヨタのミニバン「エスティマ」は2019年10月をもって生産終了となる。初代モデルの発売は1990年、現行モデル(3代目)の発売は2006年のことだった。拡大
三菱 パジェロ の中古車

キューブを廃止する日産ならではの事情

日産キューブは和風をテーマにした内装が特徴で、背の高いボディーで居住性も高い。現行モデルの発売は2008年で、2010年ごろには1カ月に4000~5000台を登録する売れ筋車種だった。

日産の背の高いコンパクトカーは、今でもキューブだけなので、フルモデルチェンジを待っていたユーザーは多い。フルモデルチェンジが無理なら、マイナーチェンジによって緊急自動ブレーキを装着して、今後も売り続けてほしい。

キューブのような基幹車種をリフレッシュせずに廃止してしまうのは、日産が国内市場を大切にしていないからだ。以前にも書いたが、今はダイハツを除くと、各日本車メーカーは世界生産台数の80%以上を海外で売る。多かれ少なかれ日本市場を軽く見るが、日産はこの傾向が特に強く、生産台数の約90%を海外で販売している。こういった事情もあって、(ユーザーにとっては)大切なキューブを廃止するようだ。

日産では同様の理由により、海外で発表した新型「ジューク」も、現時点では日本に導入する予定がないようだ。

ジュークのように海外では新型を、日本国内では旧型を売る例はほかにもある。ホンダの「アコード」は海外仕様を2017年にフルモデルチェンジしたが、国内ではいまだに旧型を販売している。2020年に入って、ようやく新型をデビューさせる予定だ。

スバルは海外で「レガシィ」をフルモデルチェンジしたが、日本では旧型を改良した。そうなれば少なくとも1年くらいは旧型を売り続けるだろう。

2019年内に生産終了となる「日産キューブ」。現行モデルは2008年にデビューした。


	2019年内に生産終了となる「日産キューブ」。現行モデルは2008年にデビューした。
	拡大
新型「日産ジューク」は2019年9月3日(現地時間)にロンドン、パリ、ミラノ、バルセロナ、ケルンで同時に世界初公開された。東京が含まれていないのが寂しいところ。
新型「日産ジューク」は2019年9月3日(現地時間)にロンドン、パリ、ミラノ、バルセロナ、ケルンで同時に世界初公開された。東京が含まれていないのが寂しいところ。拡大

“エコ”に対応しなかったマークX

生産終了に話を戻すと、マークXの場合は、同じトヨタの「クラウン」とは違ってハイブリッド車や2リッターターボエンジン搭載車を用意しなかった。現行のマークXが登場したのは2009年で、2010年代に入るとエコカー減税に対するユーザーの関心が高まり、減税適合がクルマを好調に売るための必須条件になった。しかし、マークXにはそうした選択肢がなく、クラウンに比べるとパワートレインが旧態依然とした設定になっていた。背景には「国内向けの上級セダンはクラウンで十分。ハイブリッド専用車の『カムリ』も選べる」という判断があり、マークXは事実上切り捨てられた。

パジェロは国内の歩行者保護要件に対応できなくなったのが販売終了の理由で、海外では販売を続ける。国内市場のSUVを「アウトランダー」や「エクリプス クロス」に任せるという判断もあっただろう。パジェロを国内で積極的に売りたいなら、改良を施して、歩行者保護要件に対応することも不可能ではなかったからだ。

以上のように、人気の高かった売れ筋車種を廃止するのも、海外で新型をデビューさせながら国内では旧型を売り続けるのも、理由は同じで日本のユーザーを軽く見ているからだ。

「トヨタ・マークX」も2019年12月をもって生産終了に。写真は「マークII」からの“半世紀にわたるご愛顧に感謝を込めて”設定したという最後の特別仕様車“ファイナルエディション”。
「トヨタ・マークX」も2019年12月をもって生産終了に。写真は「マークII」からの“半世紀にわたるご愛顧に感謝を込めて”設定したという最後の特別仕様車“ファイナルエディション”。拡大
「三菱パジェロ」の国内向け販売は2019年8月で終了。
「三菱パジェロ」の国内向け販売は2019年8月で終了。拡大

もっと選択肢の拡充を!

今の自動車メーカーは、環境性能の向上や自動運転技術の開発などに迫られ、新型車を開発しやすい状況ではない。事情は分かるが、日本国内で新型車の発売が滞り、主力車種の廃止まで進むと買いたいクルマが大幅に減ってしまう。

今は軽自動車の販売比率が40%近くに達するが、すべてのユーザーが積極的に選んでいるわけではない。運転がしやすくて燃費が良く、便利に使えて安全装備の充実したクルマを180万円以下の価格帯で探すと、「ホンダN-BOX」や「ダイハツ・タント」のような背の高い軽自動車になってしまうのだ。そして何よりも軽自動車は国内向けに開発されるから、日本のユーザーの心に響く。

逆に小型/普通車に欲しいクルマは見当たらず、消去法的に人気の高い軽自動車が選ばれている。

日本のユーザーの心に響く小型/普通車を新規開発するのが無理なら、せめて海外で売っている魅力的な小型車を国内にも導入してほしい。日産にはまず新型ジュークを、そして欧州モデルの「マイクラ」やコンパクトな上級SUV「インフィニティQX30」なども発売してもらいたい。

トヨタには「ヤリス(ヴィッツ)」よりもさらにコンパクトな「アイゴ」がある。三菱は海外では魅力的なオフロードSUVの「パジェロスポーツ」を販売している。せめて「日本で買えない日本車」を活用して、ラインナップを充実させるべきだ。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車/編集=藤沢 勝)

ヨーロッパで2017年に発売された「マイクラ」。日本に導入されれば新型「マーチ」となるはずだが、いまだ未導入。
ヨーロッパで2017年に発売された「マイクラ」。日本に導入されれば新型「マーチ」となるはずだが、いまだ未導入。拡大
2017年に海外で発売された「インフィニティQX30」。先代「メルセデス・ベンツAクラス」などと同じプラットフォームを採用している。
2017年に海外で発売された「インフィニティQX30」。先代「メルセデス・ベンツAクラス」などと同じプラットフォームを採用している。拡大
ヨーロッパを中心に販売されるトヨタのコンパクトカー「アイゴ」。全長はわずか3455mm。
ヨーロッパを中心に販売されるトヨタのコンパクトカー「アイゴ」。全長はわずか3455mm。拡大
2019年7月に発表された「三菱パジェロスポーツ」のフェイスリフトモデル。海外専売なのが残念だ。
2019年7月に発表された「三菱パジェロスポーツ」のフェイスリフトモデル。海外専売なのが残念だ。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

三菱 パジェロ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。