「パジェロ」に「マークX」「エスティマ」「キューブ」……
令和元年が絶版車の“当たり年”になった理由を考える

2019.09.25 デイリーコラム

エスティマの敵は身内にあり

今年は各メーカーとも主力車種を廃止するというニュースが多い。三菱の基幹車種でSUV市場の基礎を築いた「パジェロ」は、2019年8月に国内仕様の販売を終えた。今後はLサイズセダンの主力車種であった「トヨタ・マークX」、人気の高かったミニバンの「トヨタ・エスティマ」、居住性の優れたコンパクトカーの「日産キューブ」も生産を終える。2019年はモデル廃止の“当たり年”になってしまうのか。

これらの車種が廃止されることには、それぞれ異なる背景がある。

まずエスティマには、少子高齢化が進んだことが影響を与えた。子どもの数が減れば、ファミリー向けのミニバンも売れ行きを下げるから、エスティマの需要も低下する。

もちろん、これはエスティマだけに突き付けられた問題ではないものの、今はエスティマとほぼ同サイズの「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」が好調に売れている。この姉妹車の登録台数を合計すれば、「トヨタ・シエンタ」や「日産セレナ」にも匹敵するから、いまさらエスティマをフルモデルチェンジしても順調に売れるとは限らない。

ミニバンは海外で売りにくいカテゴリーだから(一部の車種は人気を得ているが)、国内需要が先細りだとフルモデルチェンジしにくい。こういった事情が重なり、エスティマはフルモデルチェンジを受けず、2019年中に生産を終えることとなった。

トヨタのミニバン「エスティマ」は2019年10月をもって生産終了となる。初代モデルの発売は1990年、現行モデル(3代目)の発売は2006年のことだった。
トヨタのミニバン「エスティマ」は2019年10月をもって生産終了となる。初代モデルの発売は1990年、現行モデル(3代目)の発売は2006年のことだった。拡大
三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る