「トヨタ・ランドクルーザー」シリーズのグローバル累計販売台数が1000万台を突破

2019.09.20 自動車ニュース
トヨタジープBJ型
トヨタジープBJ型拡大

トヨタ自動車は2019年9月20日、「ランドクルーザー」シリーズのグローバル累計販売台数が、同年8月末の時点で1001.5万台に到達し、1000万台を超えたと発表した。

UAEの漁村で、製造から50年以上がたっても現役で使われている40系。
UAEの漁村で、製造から50年以上がたっても現役で使われている40系。拡大
コスタリカの急斜面でニンジンの収穫に携わる光景。
コスタリカの急斜面でニンジンの収穫に携わる光景。拡大

今回の記録は初代に当たる「トヨタジープBJ型」が1951年8月1日に発売されてから68年間で達成したもの。ランドクルーザーはトヨタ車の中で最も長い歴史を持つロングセラーカーでもある。

初代の発売から4年後の1955年11月に発売した20系で本格的な輸出を開始。ランドクルーザーの開発思想である「信頼性、耐久性、悪路走破性」を犠牲にすることなくユーザーニーズに応え続けることで、当初は年間100台にも満たなかった輸出台数は、10年後の1965年には1万台以上に拡大。現在では約170の国と地域で、年間約40万台が販売されている。

ランドクルーザーはその信頼性と耐久性の高さから、製造から50年以上を経た40系が、いまだに現役で活躍している地域もあるという。

また、トヨタはランドクルーザーの1000万台突破を記念して特設ウェブサイトを公開。歴代モデルの概要や写真を掲載している。

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • BMWアルピナXD4(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.3 試乗記 流麗なクーペフォルムが特徴の「BMWアルピナXD4」に試乗。最高出力388PS、最大トルク770N・mを誇る3リッター直6ディーゼル「クワッドターボ」エンジンの実力と、低重心化された足まわりの仕上がりを確認した。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
ホームへ戻る