「トヨタ・ランドクルーザー」シリーズのグローバル累計販売台数が1000万台を突破

2019.09.20 自動車ニュース
トヨタジープBJ型
トヨタジープBJ型拡大

トヨタ自動車は2019年9月20日、「ランドクルーザー」シリーズのグローバル累計販売台数が、同年8月末の時点で1001.5万台に到達し、1000万台を超えたと発表した。

UAEの漁村で、製造から50年以上がたっても現役で使われている40系。
UAEの漁村で、製造から50年以上がたっても現役で使われている40系。拡大
コスタリカの急斜面でニンジンの収穫に携わる光景。
コスタリカの急斜面でニンジンの収穫に携わる光景。拡大

今回の記録は初代に当たる「トヨタジープBJ型」が1951年8月1日に発売されてから68年間で達成したもの。ランドクルーザーはトヨタ車の中で最も長い歴史を持つロングセラーカーでもある。

初代の発売から4年後の1955年11月に発売した20系で本格的な輸出を開始。ランドクルーザーの開発思想である「信頼性、耐久性、悪路走破性」を犠牲にすることなくユーザーニーズに応え続けることで、当初は年間100台にも満たなかった輸出台数は、10年後の1965年には1万台以上に拡大。現在では約170の国と地域で、年間約40万台が販売されている。

ランドクルーザーはその信頼性と耐久性の高さから、製造から50年以上を経た40系が、いまだに現役で活躍している地域もあるという。

また、トヨタはランドクルーザーの1000万台突破を記念して特設ウェブサイトを公開。歴代モデルの概要や写真を掲載している。

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド4xe/レネゲード トレイルホーク4xe【試乗記】 2021.3.13 試乗記 実力派のSUVをラインナップするジープが開発した、プラグインハイブリッド車「レネゲード4xe」。雪の北海道でステアリングを握った筆者は、そのポテンシャルの高さに、歴史あるメーカーの技術とプライドをみたのだった。
  • 第202回:コーヒーよりシャシーがウマイ! 2021.3.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。こよい首都高に出撃する一夜だけの愛機は「IS300“Fスポーツ”」である。マイナーチェンジで断然カッコよくなり、磨き上げられた後輪駆動のシャシーは、ドイツ御三家を超えた……と言わせてくれ!
ホームへ戻る