東京モーターショー2019

新型「ホンダ・フィット」いよいよ登場 オートバイも総勢29台を出展【東京モーターショー2019】

2019.09.26 自動車ニュース
ホンダブースのイメージ。中央に見える「フィット」は、デビューが予定される新型ではなく現行モデル。
ホンダブースのイメージ。中央に見える「フィット」は、デビューが予定される新型ではなく現行モデル。拡大

本田技研工業は2019年9月26日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)における出展概要を発表した。

ホンダCT125
ホンダCT125拡大
ホンダe
ホンダe拡大
「LiB-AID E500 for Music」(写真)は、本格オーディオ機器への電力供給に特化した蓄電機。東京モーターショー2019で世界初公開される。
「LiB-AID E500 for Music」(写真)は、本格オーディオ機器への電力供給に特化した蓄電機。東京モーターショー2019で世界初公開される。拡大

ホンダは今回、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をメインコンセプトに、同社の製品を通して感じる“生活の可能性が広がるよろこび”を多彩な企画展示で紹介する。ブース内には、訪れるユーザーが家族全員で楽しめるような体験型企画も多数用意するという。

展示車のうち二輪は、レーシングマシンも含め29台が出展される予定。目玉となるのは「スーパーカブ」をベースとするコンセプトモデル「CT125」で、ビジネス用電動スクーター「BENLY e:(ベンリィ イー)」や電動3輪スクーター「GYRO e:(ジャイロ イー)」も世界初公開される。

四輪車では、新型「フィット」を初披露。2020年の初頭に発売を予定している新型「アコード」や、100%電気自動車の「ホンダe」も展示される。四輪の市販車および市販予定車は、これらにマイナーチェンジした「フリード」や新型「N-WGN」などを加えた計8モデル。そのほか、歴代のF1マシン5台が会場を彩るという。

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • ホンダ・フィット【開発者インタビュー】 2019.12.16 試乗記 先代のデビューから6年あまりがたち、いよいよ世代交代を迎えるホンダのコンパクトカー「フィット」。これまでと同じワンモーションフォルムの新型には、これまでと違うどんな理想が込められている?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • 最新のハイブリッドで成功できるか? 新型「トヨタ・ヤリス」の環境性能について考える 2019.12.27 デイリーコラム 2020年、新型「ヤリス」で先進国のコンパクトカー市場に切り込むトヨタ。環境性能の基準が厳しさを増す中で、最高36.0km/リッターの燃費を掲げる最新型ハイブリッドシステムは十分といえるのか?
ホームへ戻る