東京モーターショー2019

新型「ホンダ・フィット」いよいよ登場 オートバイも総勢29台を出展【東京モーターショー2019】

2019.09.26 自動車ニュース
ホンダブースのイメージ。中央に見える「フィット」は、デビューが予定される新型ではなく現行モデル。
ホンダブースのイメージ。中央に見える「フィット」は、デビューが予定される新型ではなく現行モデル。拡大

本田技研工業は2019年9月26日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)における出展概要を発表した。

ホンダCT125
ホンダCT125拡大
ホンダe
ホンダe拡大
「LiB-AID E500 for Music」(写真)は、本格オーディオ機器への電力供給に特化した蓄電機。東京モーターショー2019で世界初公開される。
「LiB-AID E500 for Music」(写真)は、本格オーディオ機器への電力供給に特化した蓄電機。東京モーターショー2019で世界初公開される。拡大

ホンダは今回、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をメインコンセプトに、同社の製品を通して感じる“生活の可能性が広がるよろこび”を多彩な企画展示で紹介する。ブース内には、訪れるユーザーが家族全員で楽しめるような体験型企画も多数用意するという。

展示車のうち二輪は、レーシングマシンも含め29台が出展される予定。目玉となるのは「スーパーカブ」をベースとするコンセプトモデル「CT125」で、ビジネス用電動スクーター「BENLY e:(ベンリィ イー)」や電動3輪スクーター「GYRO e:(ジャイロ イー)」も世界初公開される。

四輪車では、新型「フィット」を初披露。2020年の初頭に発売を予定している新型「アコード」や、100%電気自動車の「ホンダe」も展示される。四輪の市販車および市販予定車は、これらにマイナーチェンジした「フリード」や新型「N-WGN」などを加えた計8モデル。そのほか、歴代のF1マシン5台が会場を彩るという。

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィット モデューロX プロトタイプ(FF)【レビュー】 2020.12.10 試乗記 ホンダのコンパクトハッチバック車「フィット」に、間もなく人気のコンプリートカー「モデューロX」が追加される。プロトタイプにサーキットでチョイ乗りという限られた条件ながら、ホンダアクセス自慢の「実効空力デバイス」を味わってみた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
ホームへ戻る