【F1 2019 続報】速かったが強くはなかったフェラーリ メルセデスに1-2をプレゼント

2019.09.30 自動車ニュース
F1第16戦ロシアGPを制したルイス・ハミルトン(写真奥)と、2位に入ったバルテリ・ボッタス(同手前)。メルセデスは、第10戦イギリスGP以来となる1-2フィニッシュを達成した。(Photo=Mercedes)
F1第16戦ロシアGPを制したルイス・ハミルトン(写真奥)と、2位に入ったバルテリ・ボッタス(同手前)。メルセデスは、第10戦イギリスGP以来となる1-2フィニッシュを達成した。(Photo=Mercedes)拡大

2019年9月29日、ロシアのソチ・オートドロームで行われたF1世界選手権第16戦ロシアGP。予選までは最速を誇ったフェラーリが、レースになるとチームオーダーに揺れ、トラブルに泣き、作戦でも失敗。メルセデスに逆転を許すこととなった。

2番グリッドからスタートで3位に落ち、2台のフェラーリにリードされながらも勝利を諦めなかったハミルトン(写真)。予選で「“ジェットモード”があるのか」というぐらい圧倒的に速かったフェラーリを、レースで何とか攻略しようと考えられたのが、スタートタイヤにミディアムを履くという作戦だった。ロングランを敢行中にフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトラブルでストップ、バーチャルセーフティーカーが出されたことでフリーストップができるようになり、1位の座が転がり込んできた。これで16戦して9勝目、ポイントリードは73点となり、6度目のタイトルにまた一歩近づいた。(Photo=Mercedes)
2番グリッドからスタートで3位に落ち、2台のフェラーリにリードされながらも勝利を諦めなかったハミルトン(写真)。予選で「“ジェットモード”があるのか」というぐらい圧倒的に速かったフェラーリを、レースで何とか攻略しようと考えられたのが、スタートタイヤにミディアムを履くという作戦だった。ロングランを敢行中にフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトラブルでストップ、バーチャルセーフティーカーが出されたことでフリーストップができるようになり、1位の座が転がり込んできた。これで16戦して9勝目、ポイントリードは73点となり、6度目のタイトルにまた一歩近づいた。(Photo=Mercedes)拡大
メルセデス移籍初年度の2017年には初優勝を遂げたほど、ソチのコースとは相性がいいボッタス(写真前)。しかし今季のシルバーアローでは挙動がおぼつかず、予選では5番手タイム、マックス・フェルスタッペンのグリッド降格で4番グリッドと控えめなポジションに収まった。レースではスタートで5位に落ちるも、ベッテルのリタイアによるバーチャルセーフティーカーで3位、シャルル・ルクレールの2度目のタイヤ交換で2位に。レース後半はルクレールのフェラーリ(同後ろ)をしっかり抑え込み、メルセデス1-2に貢献した。(Photo=Mercedes)
メルセデス移籍初年度の2017年には初優勝を遂げたほど、ソチのコースとは相性がいいボッタス(写真前)。しかし今季のシルバーアローでは挙動がおぼつかず、予選では5番手タイム、マックス・フェルスタッペンのグリッド降格で4番グリッドと控えめなポジションに収まった。レースではスタートで5位に落ちるも、ベッテルのリタイアによるバーチャルセーフティーカーで3位、シャルル・ルクレールの2度目のタイヤ交換で2位に。レース後半はルクレールのフェラーリ(同後ろ)をしっかり抑え込み、メルセデス1-2に貢献した。(Photo=Mercedes)拡大

“メルセデスの牙城”ロシア

圧倒的にストレート(だけ)が速かったフェラーリだったがゆえに、ベルギーGPイタリアGPを赤いマシンが連取することは多くが予想できた。しかし、スローコーナーが点在するシンガポールGPの市街地コースでの1-2フィニッシュには誰もが驚いた。

メルセデス10勝、レッドブル2勝で終えたシーズン前半戦から、フェラーリが3連勝しての後半戦スタート。ライバルの思わぬ台頭に、これまでの15戦で296点を集めていたポイントリーダー、メルセデスのルイス・ハミルトンは、「残り6戦のどこであっても、われわれが優勝候補の筆頭というわけではない」と危機感をあらわにした。

ハミルトンは、チームメイトでランキング2位のバルテリ・ボッタスに対し65点もの貯金があった。残る6レースで獲得できる最大ポイントは、ファステストラップのボーナス1点を含めて156点。フェラーリを133点も突き放していたメルセデスと同様に、その地位は盤石といっていい。

とはいえ、過去5戦だけの成績に限れば、2勝を含む表彰台3回のシャルル・ルクレールは80点、ハミルトン73点と、様相は変わってくる。231点でランキング2位につけるボッタスの後ろでは、3位ルクレールと4位マックス・フェルスタッペンが200点で並び、前戦シンガポールGPで1年以上ぶりに優勝したセバスチャン・ベッテルも194点で5位につけていた。

シルバーアローの大量リードの陰で、だいぶ遅まきながら力を発揮してきた跳ね馬の軍団。シンガポールでフェラーリに次ぐ3位に入ったレッドブルのフェルスタッペンも、「注意しなければならない」と、赤いマシンへの警戒感を示していた。

次なる舞台はロシア。2014年からという短い歴史ながら、メルセデスが過去5戦で全勝、ポールポジション4回と、チャンピオンチームの“庭”のようなソチのコースだ。先行きがほぼ見えてしまっているタイトル争いはともかく、シルバーアローの牙城を跳ね馬が4連勝で切り崩すとなれば、シーズン終盤の注目度もがぜん上がってくる、そんな一戦だったのだが……。

ロシアGPで4戦連続となるポールポジションを獲得したルクレール(写真)。フェラーリとしては、2000年~2001年にミハエル・シューマッハーが記録して以来の快挙だった。しかしレースになると雲行きが怪しくなる。チームと決めた作戦に従い、スタートで僚友ベッテルにスリップストリームを使わせ、ベッテル前、ルクレールが後ろのフェラーリ1-2。チームはポールシッターに先頭を返そうとしたが、ベッテルが言うことを聞かず、即座のスワップは保留される。そうこうしているうちにベッテルがリタイアしバーチャルセーフティーカー、トップに返り咲くはずが2位となり、さらに2度目のタイヤ交換で3位に転落。新しいソフトタイヤで追い上げを図るも、メルセデスの壁は分厚く、高かった。(Photo=Ferrari)
ロシアGPで4戦連続となるポールポジションを獲得したルクレール(写真)。フェラーリとしては、2000年~2001年にミハエル・シューマッハーが記録して以来の快挙だった。しかしレースになると雲行きが怪しくなる。チームと決めた作戦に従い、スタートで僚友ベッテルにスリップストリームを使わせ、ベッテル前、ルクレールが後ろのフェラーリ1-2。チームはポールシッターに先頭を返そうとしたが、ベッテルが言うことを聞かず、即座のスワップは保留される。そうこうしているうちにベッテルがリタイアしバーチャルセーフティーカー、トップに返り咲くはずが2位となり、さらに2度目のタイヤ交換で3位に転落。新しいソフトタイヤで追い上げを図るも、メルセデスの壁は分厚く、高かった。(Photo=Ferrari)拡大
プラクティス、予選とチームメイトのルクレールに先行を許したのは、前戦シンガポールGPウィナーのベッテル(写真)。予選Q3では最後にハミルトンにも抜かれてしまいフロントローから脱落、3番グリッドとなり、予選成績では9戦連続で僚友に負けたことになる。ルクレールの真後ろからスタートしたレースでは、チームの作戦通りルクレールのスリップストリームをうまく使いトップへ。しかしそのポジションをルクレールに返すことはせず、逆にハイペースで飛ばすことになる。ピットストップが遅くなったことで結果的にルクレールの後ろでコースに復帰するも、直後にMGU-Kのトラブルでリタイア。レース後、序盤のチームオーダーについては多くを語らなかった。(Photo=Ferrari)
プラクティス、予選とチームメイトのルクレールに先行を許したのは、前戦シンガポールGPウィナーのベッテル(写真)。予選Q3では最後にハミルトンにも抜かれてしまいフロントローから脱落、3番グリッドとなり、予選成績では9戦連続で僚友に負けたことになる。ルクレールの真後ろからスタートしたレースでは、チームの作戦通りルクレールのスリップストリームをうまく使いトップへ。しかしそのポジションをルクレールに返すことはせず、逆にハイペースで飛ばすことになる。ピットストップが遅くなったことで結果的にルクレールの後ろでコースに復帰するも、直後にMGU-Kのトラブルでリタイア。レース後、序盤のチームオーダーについては多くを語らなかった。(Photo=Ferrari)拡大

フェラーリが予選で圧倒 ルクレールが4戦連続ポール

最初のプラクティスではルクレールがトップ、フェルスタッペンは2位。続く2回目はフェルスタッペンがルクレールを従えて1位と、初日はフェラーリとレッドブルがけん引役を務めた。そして3回目のフリー走行になると、いよいよフェラーリが頭角を現し1-2。予選に入っても、ひづめの音も軽やかに赤いマシンが集団を率い、ルクレールが4戦連続、今シーズン6回目となるポールポジションを獲得してしまった。フェラーリが4連続ポールを取ったのは、2000年から2001年にかけてミハエル・シューマッハーが記録して以来のこととなる。

Q3最後のアタックでハミルトンが何とか予選2番手につけたものの、その差は0.402秒。直線基調の最初のセクターではフェラーリに0.5秒近く差をつけられていた。ハミルトンに100分の2秒負けたベッテルは3位だった。

ホンダのパワーユニットを搭載する4台は、次の日本GPを見据えて新しいICE(内燃機関)を搭載したことでグリッドダウンが決まっており、4番手タイムのフェルスタッペンは9番グリッドに降格。レッドブルのチームメイト、アレクサンダー・アルボンはQ1でクラッシュしてしまいピットレーンからのスタートとなった。

フェルスタッペンのペナルティーで1つずつ繰り上がり、ボッタスが4番グリッド。マクラーレン勢は、カルロス・サインツJr.がベストタイの5番グリッド、ランド・ノリスは7番グリッドだった。ルノー勢は、ニコ・ヒュルケンベルグがマクラーレンの間に割って入り6番グリッド、ダニエル・リカルドは10番グリッド。ハースで健闘したロメ・グロジャンは8番グリッドから決勝に臨むこととなった。

3戦前のベルギーGPで「スペック4」を投入したばかりのホンダは、レッドブル、トロロッソ4台すべてに新しいICE(V6エンジン)を載せ、各車グリッドペナルティーを受けることに。これで次の日本GPにフレッシュなパワーユニットで臨めることとなったと同時に、今季残りのレースをペナルティーなしで戦えるという算段だった。フェルスタッペン(写真)のレッドブルは初日こそ好発進を決めたものの、予選ではポール争いに絡めず4位、5グリッド降格で9番グリッドからのスタート。レースでは順調にポジションを上げるも、メルセデス、フェラーリの後ろに追いついてからはオーバーテイクも止まり、結果4位。(Photo=Red Bull Racing)
3戦前のベルギーGPで「スペック4」を投入したばかりのホンダは、レッドブル、トロロッソ4台すべてに新しいICE(V6エンジン)を載せ、各車グリッドペナルティーを受けることに。これで次の日本GPにフレッシュなパワーユニットで臨めることとなったと同時に、今季残りのレースをペナルティーなしで戦えるという算段だった。フェルスタッペン(写真)のレッドブルは初日こそ好発進を決めたものの、予選ではポール争いに絡めず4位、5グリッド降格で9番グリッドからのスタート。レースでは順調にポジションを上げるも、メルセデス、フェラーリの後ろに追いついてからはオーバーテイクも止まり、結果4位。(Photo=Red Bull Racing)拡大
レッドブルのアレクサンダー・アルボン(写真)は、予選Q1で強い風にあおられ痛恨のクラッシュ。ギアボックス交換なども絡みピットレーンからのスタートとなったが、そこからの挽回は称賛に値するものだった。セーフティーカーをうまく使い、何と15台抜きで5位フィニッシュ。マシンの修理に追われたチームクルーへの恩を返した。(Photo=Red Bull Racing)
レッドブルのアレクサンダー・アルボン(写真)は、予選Q1で強い風にあおられ痛恨のクラッシュ。ギアボックス交換なども絡みピットレーンからのスタートとなったが、そこからの挽回は称賛に値するものだった。セーフティーカーをうまく使い、何と15台抜きで5位フィニッシュ。マシンの修理に追われたチームクルーへの恩を返した。(Photo=Red Bull Racing)拡大

“予定通り”ベッテルがトップ、しかし……

2番グリッドのハミルトン、4番グリッドのボッタスとも、スタートタイヤにソフトではなくミディアムを選択。フェラーリの速さを前に、メルセデスはコース上での真っ向勝負ではなく、異なるストラテジーで挑んできた。だが結果からすれば、フェラーリはその速さを強さにまで昇華させることはできず、メルセデスはライバルのおぼつかないレース運びに救われることになる。

53周レースのスタート、事実上の1コーナーであるターン2までの長い直線でトップに立ったのはベッテルだった。ルクレールは無駄な抵抗をせず2位を受け入れ、蹴り出しの良くなかったハミルトンは3位、そのハミルトンに並びかけるところまでいったサインツJr.が4位、ボッタスが5位にダウンしたところでセーフティーカーが出動。後方でグロジャンとリカルド、アントニオ・ジョビナッツィが接触したことがきっかけだった。

ここでフェラーリの作戦が無線のやり取りで明らかになる。スタートでハミルトンを出し抜くために、ベッテルにルクレールのスリップストリームを使わせると取り決めていたのだ。おかげでフェラーリは1-2でレースを始めることができたのだが、当然ながらルクレールに1位のポジションを返してあげないとフェアではない。

4周目にレース再開。1位ベッテル、2位ルクレールでしばし周回を重ね、3位ハミルトンを振り切ったところで、フェラーリは2台の順位をスワップするつもりでいた。しかしベッテルは「順位交換はあと2周ほど先延ばしにしたい」などとチームに伝えトップに居座ったまま。この状況に対し、ルクレールは「理解している。こっちはスタート前の“約束”をちゃんと守ったんだから」と、ポジションを交代するなら、しばらくこのままでも問題ないと答えた。

23周目、2位走行中のルクレールが上位陣で最初にピットストップ。ソフトからミディアムに替えてボッタスの後ろでコースに戻った。ベッテルがタイヤ交換に踏み切ったのは27周目のこと。その前にベッテルのタイヤはピークを過ぎていたため、結果的にここでフェラーリは予定していたポジションチェンジを果たせ、ルクレールがベッテルの前に出た。

この週末の一番のビッグニュースは、「2021年に“マクラーレン・メルセデス”復活」。2015年からのホンダとの3年間を経て、ルノーのパワーユニットで2年目を迎えていたマクラーレンは、今季予想を上回るフォーマンスで3強チームに次ぐ4位の座をキープしている。そんな好調なシーズン途中に発表されたメルセデスとの復縁。背景には、マクラーレンがルノーの信頼性のなさを問題視しているということが挙げられるという。マクラーレン・メルセデスといえば、1995年から2014年までのパートナーシップで、ミカ・ハッキネン(1998年、1999年)、ルイス・ハミルトン(2008年)というチャンピオンを輩出した間柄。レギュレーションが大きく変わる2021年に向け、元名門チームが復活への道を画策しているということだろう。ロシアGPではカルロス・サインツJr.(写真前)6位、ランド・ノリス(同後ろ)8位とダブル入賞し、ランキング5位ルノーとのポイント差を33点にまで広げた。(Photo=McLaren)
この週末の一番のビッグニュースは、「2021年に“マクラーレン・メルセデス”復活」。2015年からのホンダとの3年間を経て、ルノーのパワーユニットで2年目を迎えていたマクラーレンは、今季予想を上回るフォーマンスで3強チームに次ぐ4位の座をキープしている。そんな好調なシーズン途中に発表されたメルセデスとの復縁。背景には、マクラーレンがルノーの信頼性のなさを問題視しているということが挙げられるという。マクラーレン・メルセデスといえば、1995年から2014年までのパートナーシップで、ミカ・ハッキネン(1998年、1999年)、ルイス・ハミルトン(2008年)というチャンピオンを輩出した間柄。レギュレーションが大きく変わる2021年に向け、元名門チームが復活への道を画策しているということだろう。ロシアGPではカルロス・サインツJr.(写真前)6位、ランド・ノリス(同後ろ)8位とダブル入賞し、ランキング5位ルノーとのポイント差を33点にまで広げた。(Photo=McLaren)拡大
ホンダのパワーユニット交換でグリッド降格が決まっていたトロロッソ勢。ピエール・ガスリーは予選11位から5つ下がり16番グリッド。母国GPとなったダニール・クビアト(写真)は、ここ数戦続いていたマシントラブルがロシアでも出た上に、他のホンダユーザーよりも多いパワーユニットコンポーネントを交換したことで19番グリッドからスタートと厳しい状況に。スタートタイヤに唯一ハードを選んだクビアトは12位、ガスリーは14位でゴールし得点ならず。なお、2006年にレッドブル傘下のチームとなって以来「トロロッソ」と名乗ってきたこのチーム、来年はその名前を、レッドブルが持つファッションブランド「アルファタウリ」に変更するよう調整しているという。(Photo=Toro Rosso)
ホンダのパワーユニット交換でグリッド降格が決まっていたトロロッソ勢。ピエール・ガスリーは予選11位から5つ下がり16番グリッド。母国GPとなったダニール・クビアト(写真)は、ここ数戦続いていたマシントラブルがロシアでも出た上に、他のホンダユーザーよりも多いパワーユニットコンポーネントを交換したことで19番グリッドからスタートと厳しい状況に。スタートタイヤに唯一ハードを選んだクビアトは12位、ガスリーは14位でゴールし得点ならず。なお、2006年にレッドブル傘下のチームとなって以来「トロロッソ」と名乗ってきたこのチーム、来年はその名前を、レッドブルが持つファッションブランド「アルファタウリ」に変更するよう調整しているという。(Photo=Toro Rosso)拡大

ハミルトン&メルセデスが4戦ぶりの勝利でタイトルにまた一歩

レース開始早々、チームオーダーに揺れたフェラーリの誤算は、その後も続くことになる。ピットアウトしたベッテルのマシンにトラブルが発生。MGU-Kの異常を検知したチームは、スロー走行を続けるベッテルに、ピットに戻るではなく「マシンを止めろ」と指示を出した。コース脇に赤いマシンがストップ、するとバーチャルセーフティーカー(VSC)の指示が……。

ミディアムタイヤでロングラン中だったメルセデスに、絶好のチャンスが巡ってきた。全車がスロー走行を余儀なくされるこのタイミングでピットストップを実施すると、トップはハミルトン、2位ルクレール、3位ボッタスという順位となり、形勢がメルセデスに味方することになる。

さらにフェラーリは、自らの傷口を広げるかのような動きを見せる。VSCが開けた直後、今度はウィリアムズのジョージ・ラッセルがクラッシュしたことで2度目のセーフティーカーが出たのだが、この間にルクレールがミディアムからソフトに履き替え、3位にポジションを落とし、そこから巻き返しを図ろうとしたのだ。

期せずして1-2となったメルセデス。33周目に再スタートがきられると、2位ボッタスを盾にルクレールを3位にとどめ、首位ハミルトンを助けるチームプレーに打って出た。しっかり後ろをガードされたハミルトンはリードをどんどん広げ、ファステストラップのボーナス1点をやすやすと奪い、そして夏休み前のハンガリーGP以来となる4レースぶりの勝利をつかみ取ったのだった。

「これぞまさにわれわれに必要だったものだよ!」と歓喜の声をあげたハミルトン。フェラーリ3連勝、そしてロシアGP予選での完敗と、盤石のチャンピオンチームとてプライドを大きく傷つけられる展開が続いていただけに、劣勢をはね返しての1-2には喜びもひとしおだったはずである。

ハミルトンのポイント上のリードは73点と、ほぼ3勝分に匹敵するほどにまで拡大。今シーズンあと5戦、6度目の戴冠の瞬間も、着実に近づきつつある。

次戦はいよいよ鈴鹿サーキットでの日本GP。10月11日のフリー走行で開幕、決勝レースは10月13日に行われる。

(文=bg) 

関連キーワード:
F1 2019, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事