“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売

2019.10.01 自動車ニュース
レクサスGS F
レクサスGS F拡大

トヨタ自動車は2019年10月1日、レクサスブランドのスポーツセダン「GS F」を一部改良し、販売を開始した。

 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大

GS Fは4ドアセダン「レクサスGS」をベースとしたハイパフォーマンスモデルであり、パワーユニットとして最高出力477PS、最大トルク530N・mの5リッターV8自然吸気エンジンを搭載する。

今回は内外装のカラーリングや足まわりのセッティングを変更している。

エクステリアでは、標準設定のアルミホイールに“F”を主張するというマットブラックを、ドアミラーとBピラーガーニッシュにはブラックを採用。Brembo製のブレーキキャリパーは既存のオレンジに加えてブルーを新規設定した。

内装色の「ブラック&アクセントホワイト」は、ホワイトのアクセントが際立つように配色を変更した。

足まわりではサスペンションを改良。ステアリングブッシュの剛性を高め、ドライバーの意図がよりリニアに伝わるセッティングとした。さらに、リアトーコントロールアームブラケットをアルミダイキャスト化することで軽量化と高剛性化を実現。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保した一方で、サーキットでは限界域におけるコントロール性を追求し、“F”ならではのスポーツ走行を進化させたという。

価格は1144万円(消費税10%を含む)。

(webCG)

関連キーワード:
GS F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • レクサスES300h“バージョンL”(後編) 2019.1.31 谷口信輝の新車試乗 レクサスのFFセダン「ES」でセリングポイントとされている先進装備や居住性は、谷口信輝の目にはどう映った? 最上級グレード“バージョンL”に試乗しての感想をお伝えする。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
ホームへ戻る