“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売

2019.10.01 自動車ニュース
レクサスGS F
レクサスGS F拡大

トヨタ自動車は2019年10月1日、レクサスブランドのスポーツセダン「GS F」を一部改良し、販売を開始した。

 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大
 
“F”ならではのスポーティーな走りを強化した「レクサスGS F」発売の画像拡大

GS Fは4ドアセダン「レクサスGS」をベースとしたハイパフォーマンスモデルであり、パワーユニットとして最高出力477PS、最大トルク530N・mの5リッターV8自然吸気エンジンを搭載する。

今回は内外装のカラーリングや足まわりのセッティングを変更している。

エクステリアでは、標準設定のアルミホイールに“F”を主張するというマットブラックを、ドアミラーとBピラーガーニッシュにはブラックを採用。Brembo製のブレーキキャリパーは既存のオレンジに加えてブルーを新規設定した。

内装色の「ブラック&アクセントホワイト」は、ホワイトのアクセントが際立つように配色を変更した。

足まわりではサスペンションを改良。ステアリングブッシュの剛性を高め、ドライバーの意図がよりリニアに伝わるセッティングとした。さらに、リアトーコントロールアームブラケットをアルミダイキャスト化することで軽量化と高剛性化を実現。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保した一方で、サーキットでは限界域におけるコントロール性を追求し、“F”ならではのスポーツ走行を進化させたという。

価格は1144万円(消費税10%を含む)。

(webCG)

関連キーワード:
GS F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES(マイナーチェンジモデル) 2021.4.19 画像・写真 トヨタがマイナーチェンジを施した「レクサスES」を上海ショーで発表。快適性や運動性能の改善、予防安全・運転支援システムの拡充などに加え、内外装のデザインにも手が加えられている。従来モデルとは異なるその意匠を、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「レクサスES」を世界初公開【上海ショー2021】 2021.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月12日、中国で開催される2021年上海モーターショー(会期:4月19日~28日)において、「レクサスLF-Zエレクトリファイド コンセプト」を展示するとともに、新型「レクサスES」を世界初披露すると発表した。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • 「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化 2021.8.26 自動車ニュース トヨタがレクサスブランドのFFセダン「ES」をマイナーチェンジ。シャシーの改良によって快適性と運動性能を同時に改善したほか、予防安全・運転支援システムの機能も強化。内外装のデザインも変更している。価格は599万円から715万円。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
ホームへ戻る