「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインに

2019.10.02 自動車ニュース
MINIクラブマン
MINIクラブマン拡大

BMWジャパンは2019年10月2日、「MINIクラブマン」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。

 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大

MINIクラブマンはリアエンドに観音開きのドアを備えたステーションワゴンである。今回はデザインを手直ししただけでなく、トランスミッションや運転支援システムにも改良を加えた。

エクステリアでは、クローム等のデザイン要素をラジエーターグリルの全域に採用し、よりダイナミックな印象を与えるフロントマスクに変更。LEDデイライトの形状は従来の逆U字型からヘッドランプユニット全体を囲む円形に改め、MINIのデザインアイコンである丸目を強調するデザインとした。また、リアコンビランプは英国国旗であるユニオンジャックをモチーフとしたデザインに変更。ドアミラーキャップには空気抵抗を低減する新デザインを採用した。

パワートレインにも手が入っており、「ONE」「バッキンガム」「クーパー」「クーパーS」には新たにデュアルクラッチ式の7段ATを搭載。「クーパーD」「クーパーSD」「クーパーS ALL4」では既存の8段ATを踏襲するが、7段デュアルクラッチ式AT搭載モデルも含めて、全車で電子制御式シフトセレクターを採用している。

運転支援装備も強化しており、ストップ&ゴー機能付きのアクティブクルーズコントロールと前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準化(ONE/バッキンガムではオプション)したほか、リアビューカメラをオプション設定。パーキングアシストとパークディスタンスコントロールも選択可能となっている(ONE/バッキンガムを除く)。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。なお、「クーパーDクラブマン」および「クーパーSDクラブマン」は2020年の発売が予定されている。

  • MINI ONEクラブマン:330万円
  • MINIクラブマン バッキンガム:350万円
  • MINIクーパー クラブマン:391万円
  • MINIクーパーDクラブマン:411万円
  • MINIクーパーSクラブマン:432万円
  • MINIクーパーSDクラブマン:454万円
  • MINIクーパーSクラブマンALL4:455万円

(webCG)

関連キーワード:
MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
ホームへ戻る