「メルセデス・ベンツSクラス」の特別仕様車「グランドエディション」登場

2019.10.02 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月2日、メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に特別仕様車「グランドエディション」を設定し、販売を開始した。

今回のグランドエディションは、スポーティーさを強調した「スポーツリミテッド」と、ショーファードリブンとしての機能とデザインの充実を図った「ショーファーリミテッド」の、2種類の特別仕様車で構成されるシリーズである。これを機に、Sクラスのグランドエディション以外のモデルはすべて受注生産扱いとなっている。

スポーツリミテッドはノーマルボディーの「S400d」「S400d 4MATIC」「S450エクスクルーシブ」と、ロングボディーの「S560ロング」「S560ロング4MATIC」に設定される。AMGラインに加えて、20インチのAMGマルチスポークホイールやAMGスポーツステアリング、ブラックポプラウッドインテリアトリムも装備。ノーマルボディーの3モデルには、パノラミックスライディングルーフとエアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き)からなるベーシックパッケージも備わる。

S560ロングとS560ロング4MATICに設定されるショーファーリミテッドでは、ショーファーパッケージを標準化。リクライニング機能や独自のリラクゼーションプログラム付きのエグゼクティブリアシートによって快適性を高めたほか、後席用にもスマートフォンのワイヤレスチャージング機能が備わる。ホイールは19インチのディッシュタイプを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S400dスポーツリミテッド:1215万円
  • S400d 4MATICスポーツリミテッド:1260万円
  • S450エクスクルーシブ スポーツリミテッド:1395万円
  • S560ロング スポーツリミテッド:1730万円
  • S560ロング4MATICスポーツリミテッド:1766万円
  • S560ロング ショーファーリミテッド:1730万円
  • S560ロング4MATICショーファーリミテッド:1766万円

(webCG)

メルセデス・ベンツS560ロング ショーファーリミテッド
メルセデス・ベンツS560ロング ショーファーリミテッド拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • BMW X5 xDrive35d(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.2 試乗記 BMW自慢の直6ディーゼルに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、“電動化”された「X5」のエントリーモデルに試乗。ドライビングダイナミクスと燃費効率がいずれも向上したとうたわれるが、果たしてその走りやいかに。
  • ポルシェ911タルガ4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.4 試乗記 「ポルシェ911タルガ」のルーフを開け放っても、頭上部分の青空を拝めるだけにすぎない。フルオープン化できる「カブリオレ」があるなかで、あえてタルガトップを選ぶ理由とは何だろうか。それはずばり、カッコよく生きるためである。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
ホームへ戻る