乗り心地と静粛性を改善した「レクサスLS」発売

2019.10.03 自動車ニュース

トヨタ自動車は2019年10月3日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では主に乗り心地や静粛性の向上を図っている。

FR車のショックアブソーバーに4WD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用。減衰力可変幅の拡大や摩擦低減により、乗り心地を向上させた。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化、AVSおよびリアサスペンションマウントのチューニングを実施し、「LSならではの乗り心地を進化させ」たという。

ハイブリッドモデルでは加速時のバッテリーアシスト量を増加させるとともにアクセル特性を変更し、駆動力と静粛性を強化。“エグゼクティブ”では左側後席の足元空間と前方視界を広げたエンターテインモードや、操作性を高めたリアマルチオペレーションパネルを採用し、後席の快適性を高めた。

価格は「LS500」が999万6000円~1569万1000円で、「LS500h」が1142万2000円~1711万7000円。

(webCG)

レクサスLS500h“バージョンL”
レクサスLS500h“バージョンL”拡大

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • 第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~
    2020.2.21 JAIA輸入車試乗会2020 年に一度のインポートカーの祭典「JAIA輸入車試乗会」の会場より、webCG編集部員が気になったクルマの魅力をリポート! 第1回は、お手ごろな価格の「シトロエンC3エアクロスSUV」「フォルクスワーゲンTクロス」「ジープ・レネゲード」を紹介しよう。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る