乗り心地と静粛性を改善した「レクサスLS」発売

2019.10.03 自動車ニュース

トヨタ自動車は2019年10月3日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では主に乗り心地や静粛性の向上を図っている。

FR車のショックアブソーバーに4WD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用。減衰力可変幅の拡大や摩擦低減により、乗り心地を向上させた。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化、AVSおよびリアサスペンションマウントのチューニングを実施し、「LSならではの乗り心地を進化させ」たという。

ハイブリッドモデルでは加速時のバッテリーアシスト量を増加させるとともにアクセル特性を変更し、駆動力と静粛性を強化。“エグゼクティブ”では左側後席の足元空間と前方視界を広げたエンターテインモードや、操作性を高めたリアマルチオペレーションパネルを採用し、後席の快適性を高めた。

価格は「LS500」が999万6000円~1569万1000円で、「LS500h」が1142万2000円~1711万7000円。

(webCG)

レクサスLS500h“バージョンL”
レクサスLS500h“バージョンL”拡大

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
ホームへ戻る