アルファ・ロメオの「ジュリア」と「ステルヴィオ」にF1参戦記念特別仕様車「F1トリビュート」設定

2019.10.11 自動車ニュース
発表で展示されたアルファ・ロメオの「ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート」(手前)、アルファ・ロメオ・レーシングのF1マシン(中央)、「ステルヴィオ クアドリフォリオF1トリビュート」(奥)。
発表で展示されたアルファ・ロメオの「ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート」(手前)、アルファ・ロメオ・レーシングのF1マシン(中央)、「ステルヴィオ クアドリフォリオF1トリビュート」(奥)。拡大

FCAジャパンは2019年10月11日、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア クアドリフォリオ」と同SUV「ステルヴィオ クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「F1 Tributo(トリビュート)」を設定し、同年11月に発売すると発表した。

ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート
ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート拡大
レザーやアルカンターラが用いられる「ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート」のインテリア。
レザーやアルカンターラが用いられる「ジュリア クアドリフォリオF1トリビュート」のインテリア。拡大
ステルヴィオ クアドリフォリオF1トリビュート
ステルヴィオ クアドリフォリオF1トリビュート拡大
発表会のステージでは元F1レーサーの井出有治氏がトークショーを行った。写真は左からFCAジャパンのマーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセ氏、同社プロジェクトマネージャーの平野 智氏、井出有治氏。
発表会のステージでは元F1レーサーの井出有治氏がトークショーを行った。写真は左からFCAジャパンのマーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセ氏、同社プロジェクトマネージャーの平野 智氏、井出有治氏。拡大
発表会のサプライズとして、アルファ・ロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィ選手とキミ・ライコネン選手からビデオメッセージが届いた。
発表会のサプライズとして、アルファ・ロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィ選手とキミ・ライコネン選手からビデオメッセージが届いた。拡大

今回の特別仕様車は、アルファ・ロメオのF1参戦とモータースポーツでの輝かしい軌跡を祝した記念したモデルであり、ジュリアが6台、ステルヴィオが4台の限定販売になる。

エクステリアは、アルファ・ロメオのイメージカラーである赤やエンブレムをモチーフとした特別なラッピングが施され、さらに専用デザインのフロントエアロスプリッターや大型サイドスカート、大型リアスポイラーを装着。ベースモデルと明確に異なるフォルムに仕上げられている。これらの空力デバイスは、アルファ・ロメオのデザイン部門であるチェントロスティーレとF1コンストラクターのザウバーエンジニアリング(=アルファ・ロメオ・レーシング)によって共同開発されたものだという。

そのほか、カーボン製のV字型グリルやグロスブラック仕上げのフロントバンパーグリルとディフューザー、カーボン製のエクステリアミラーハウジングといった専用アイテムが採用される。

インテリアは、レザー/アルカンターラのコンビネーションとなるカーボンインサート付きステアリングホイールをはじめ、スバルコ製のカーボンバケットシート、レッドシートベルトなどによりスポーティーな仕上がりに。この専用シートは軽量化にも寄与し、ブレーキシステム、エキゾーストシステムと合わせ、車両全体で27kg以上の軽量化を果たしているという。

フロントに搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは専用チューニングが施されているほか、アクラポヴィッチ製エキゾーストシステムの採用により最高出力がベースモデルの510PSから520PSへと引き上げられた。ブレーキには、軽量化と高負荷時の対フェード性を両立させたカーボンセラミックブレーキシステムが装備されている。

価格はジュリア クアドリフォリオF1トリビュートが1459万円、ステルヴィオ クアドリフォリオF1トリビュートが1495万円。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリア, ステルヴィオ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る