フォルクスワーゲン東京世田谷がリニューアル 環七道路沿いの新ショールームに移転

2019.10.11 自動車ニュース
フォルクスワーゲン東京世田谷
フォルクスワーゲン東京世田谷拡大

ヤナセのグループ会社であるヤナセ ヴィークル ワールドは2019年10月11日、同年10月13日に予定している東京・世田谷のフォルクスワーゲン販売店「フォルクスワーゲン東京世田谷」の移転オープンに先駆け、オープニングセレモニーを開催。報道陣に施設を公開した。

明るいイメージでまとめられたショールームには5台の車両が展示される。
明るいイメージでまとめられたショールームには5台の車両が展示される。拡大
式典にてあいさつに立つ、ヤナセの吉田多孝代表取締役社長。
式典にてあいさつに立つ、ヤナセの吉田多孝代表取締役社長。拡大
篠 昌代支店長をはじめとした、フォルクスワーゲン東京世田谷のスタッフ。
篠 昌代支店長をはじめとした、フォルクスワーゲン東京世田谷のスタッフ。拡大
 
フォルクスワーゲン東京世田谷がリニューアル 環七道路沿いの新ショールームに移転の画像拡大

ヤナセ ヴィークル ワールドは、2017年1月にフォルクスワーゲン グループ ジャパンからフォルクスワーゲン東京世田谷の運営を譲り受け、営業を開始。このたび、世田谷エリアでの営業力強化を目的に、世田谷区若林にあったショールームを世田谷区上馬に移転・新築することとなった。

新店舗は都内有数の幹線道路である環状七号線沿いに位置。新築の建屋は明るいイメージが特徴で、フォルクスワーゲンがグローバルに展開しているコーポレートデザイン「モジュラーコンセプト」に沿った内外装となっている。敷地面積は875.8平方メートルで、2階まで吹き抜けとなったショールームには5台の車両が展示される。

また、3階には最新の設備が導入されたサービスワークショップが備わっており、検査ラインを含む5つのベイで車両の整備が可能。顧客に気兼ねなく足を運んでもらえるよう、屋上と地下にそれぞれ16台分の駐車場を有している。

オープニングセレモニーには、ヤナセの吉田多孝社長や、ヤナセ ヴィークル ワールドの横山敏郎社長に加え、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの長谷川正敏営業本部ディレクターも出席。国内最大の輸入車マーケットといわれる東京・世田谷エリアに新装オープンした営業拠点の活躍に期待を寄せた。

(webCG)

関連キーワード:
フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事