世界統一戦に向けた第一歩 史上初! DTMのシーズン最終戦に日本のSUPER GTマシンが参戦

2019.10.23 デイリーコラム

トヨタ、日産、ホンダのGT500マシン3台が渡独

2019年10月5日~6日、ドイツ・ホッケンハイムリンクで、ドイツツーリングカー選手権(DTM)のシーズン最終戦が行われた。このレースにレクサス(トヨタ)、日産、ホンダという日本のチームが、SUPER GT GT500クラスのマシンで参戦。DTM史上初となる、日本勢の走行シーンを見ることができた。

そもそもなぜDTMマシンとSUPER GTマシンが一緒に走っているのか? 実は近年、SUPER GTを運営するGTAと、DTMを運営するITRは、将来的な統一戦の開催を目指し、「Class One(クラス1)」と呼ばれる車両規定の統一化に向けて準備を進めてきた。

すでに2014年から部品の共通化が始まっており、カーボンモノコックやフロントスポイラー、アンダーフロア、リアディフューザーは同じスペックに。トランスミッションやドライブシャフト、ブレーキ、さらにECUなどの電子部品も共通化することで性能の均衡とコスト削減を図っている。

SUPER GTではエンジンは2リッター直列4気筒ターボで、駆動方式は原則的にFRだ。今シーズンまでは特例で「ホンダNSX」のみミドエンジン方式を採用してきたが、来年からはFRとなることが発表された。

DTMマシンは、昨シーズンまでは4リッターV8自然吸気エンジンを搭載していたが、今シーズンから2リッター直列4気筒ターボに移行。GTAとITRは、エンジンのスペックがそろったこのタイミングで一度交流戦を、という運びとなったわけだ。

ドイツ・ホッケンハイムリンクで開催されたDTMの2019年シーズン最終戦の様子。
ドイツ・ホッケンハイムリンクで開催されたDTMの2019年シーズン最終戦の様子。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事