東京モーターショー2019

最高出力292PS! 「アルピーヌA110S」の予約注文受け付けスタート【東京モーターショー2019】

2019.10.24 自動車ニュース
アルピーヌA110S
アルピーヌA110S拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショー2019において、「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」をお披露目した。

 
最高出力292PS! 「アルピーヌA110S」の予約注文受け付けスタート【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
最高出力292PS! 「アルピーヌA110S」の予約注文受け付けスタート【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
最高出力292PS! 「アルピーヌA110S」の予約注文受け付けスタート【東京モーターショー2019】の画像拡大
東京モーターショーに合わせて来日した仏アルピーヌのマーケティングダイレクター、レジス・フリコテ氏。プレスカンファレンスでは日本市場を重視していることをアピールした。
東京モーターショーに合わせて来日した仏アルピーヌのマーケティングダイレクター、レジス・フリコテ氏。プレスカンファレンスでは日本市場を重視していることをアピールした。拡大

日本は最重要マーケットのひとつ

東京モーターショー開幕に合わせて来日したアルピーヌのマーケティングダイレクター、レジス・フリコテ氏はプレスカンファレンスの冒頭で「アルピーヌが初めて東京モーターショーに参加できたことを大変うれしく思います」とあいさつした。現実的にはスタンドが隣接しているルノーの一事業部門であるアルピーヌとはいえ、輸入車ブランドがこぞって撤退してしまった今回の東京においては、涙が出るほど(?)ありがたい新規出展であることは事実だ。

アルピーヌの展示車両は1台だけだが、「モーターショーでの展示は初めて(フリコテ氏)」というA110Sを持ち込んだ。ちなみにA110Sの発表・初公開の場は、今年6月の仏サルトサーキット=ルマン24時間レースの会場だった。

「A110の魅力はあくまで軽さや旋回性能にあり、Sでもシャシーやエンジン、スタイリングなどの本質的なレシピは何も変えておらず、デイリーユースを犠牲にしていません」とフリコテ氏。とはいいつつも、このA110Sはエンジン出力を40PS引き上げた最高出力292PSとして、シャシーも引き締まったバネ類やショック、そして専用ハイグリップタイヤや専用ブレーキで強化した高性能モデルだ。

そんなA110Sは東京モーターショー出展に合わせて10月22日(日本時間10月23日)に地元フランスでの正式受注がスタートし、同時に日本でもウェブサイトで先行予約の受け付けが始まった。

アルピーヌがこれほどまでに日本市場を重視する理由として、フリコテ氏は「これまで6000台ほど生産したアルピーヌにおいて、1年間で400台以上を販売できた日本は世界トップ3に入る最重要マーケットのひとつです」と説明した。

(文=佐野弘宗)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ(4WD/6MT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 「20年ぶりのトヨタの4WDスポーツ」をうたう「GRヤリス」が、間もなくベールを脱ごうとしている。エンジンパワーやボディーサイズなどのスペックが伏せられた中で乗ったプロトタイプモデルから感じたのは、“トヨタの本気”だった。
ホームへ戻る