4つのドアを持つBMWの新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ グランクーペ」発売

2019.10.25 自動車ニュース
BMW M850i xDriveグランクーペ
BMW M850i xDriveグランクーペ拡大

BMWジャパンは2019年10月25日、「BMW 8シリーズ」のモデルラインナップに「グランクーペ」を追加設定し、販売を開始した。

全長は「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に比べ230mm長くなっている。
全長は「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に比べ230mm長くなっている。拡大
フロントからリアまでひとつながりになった、超大型のパノラマサンルーフもオプション設定される。
フロントからリアまでひとつながりになった、超大型のパノラマサンルーフもオプション設定される。拡大
ハンドル位置は基本的に右のみ。「M850i xDriveグランクーペ」だけは左右が選べる。
ハンドル位置は基本的に右のみ。「M850i xDriveグランクーペ」だけは左右が選べる。拡大
センタートンネルに強固なカーボン素材を採用し、ホイールベースを205mm延長。「7シリーズ」に匹敵する広さを実現したという。
センタートンネルに強固なカーボン素材を採用し、ホイールベースを205mm延長。「7シリーズ」に匹敵する広さを実現したという。拡大
4ドアクーペでありながら独立したトランクルームを持つのが特徴。これによりキャビンの静粛性とボディーの剛性が高められた。
4ドアクーペでありながら独立したトランクルームを持つのが特徴。これによりキャビンの静粛性とボディーの剛性が高められた。拡大
 
4つのドアを持つBMWの新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ グランクーペ」発売の画像拡大

BMW 8シリーズ グランクーペは「クーペ」「カブリオレ」に続く、現行8シリーズでは第3のボディーバリエーションである。

グレード構成は、最高出力530PS、最大トルク750N・mの4.4リッターV8ガソリンツインターボエンジンを搭載する「M850i xDrive」を筆頭に、同319PS/同680N・mの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを積む「840d xDrive」、3リッター直6ガソリンターボエンジンの「840i」。このうち840d xDriveと840iにはスポーティーな装いの「Mスポーツ」もラインナップする。トランスミッションは全車8段ATで、駆動方式はM850i xDriveと840d xDriveが4WDを、840iは現行8シリーズでは初となるRWDを採用した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5085×1930×1400(M850iは1405)mm。4ドア化により、8シリーズ クーペ/カブリオレよりも前後に230mm延長されている。ホイールベースは205mm長い3025mmで、後席の広さはラグジュアリーセダンの「7シリーズ」に匹敵するとアピールされる。また、専用サスペンションを採用し、リアのトレッドは30mm拡大。「インテグラル・アクティブ・ステアリング」や「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」の効果と相まって、大型化した車体でも“駆けぬける歓び”を実感できるという。

このほか、ハンズオフ機能付きの渋滞運転支援機能や「OK、BMW」で起動する自然音声対話式のインフォテインメントシステム「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」などの先進装備が標準で備わる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 840iグランクーペ:1152万円
  • 840iグランクーペMスポーツ:1298万円
  • 840d xDriveグランクーペ:1226万円
  • 840d xDriveグランクーペMスポーツ:1372万円
  • M850i xDriveグランクーペ:1715万円

(webCG)

関連キーワード:
8シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
ホームへ戻る