4つのドアを持つBMWの新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ グランクーペ」発売

2019.10.25 自動車ニュース
BMW M850i xDriveグランクーペ
BMW M850i xDriveグランクーペ拡大

BMWジャパンは2019年10月25日、「BMW 8シリーズ」のモデルラインナップに「グランクーペ」を追加設定し、販売を開始した。

全長は「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に比べ230mm長くなっている。
全長は「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に比べ230mm長くなっている。拡大
フロントからリアまでひとつながりになった、超大型のパノラマサンルーフもオプション設定される。
フロントからリアまでひとつながりになった、超大型のパノラマサンルーフもオプション設定される。拡大
ハンドル位置は基本的に右のみ。「M850i xDriveグランクーペ」だけは左右が選べる。
ハンドル位置は基本的に右のみ。「M850i xDriveグランクーペ」だけは左右が選べる。拡大
センタートンネルに強固なカーボン素材を採用し、ホイールベースを205mm延長。「7シリーズ」に匹敵する広さを実現したという。
センタートンネルに強固なカーボン素材を採用し、ホイールベースを205mm延長。「7シリーズ」に匹敵する広さを実現したという。拡大
4ドアクーペでありながら独立したトランクルームを持つのが特徴。これによりキャビンの静粛性とボディーの剛性が高められた。
4ドアクーペでありながら独立したトランクルームを持つのが特徴。これによりキャビンの静粛性とボディーの剛性が高められた。拡大
 
4つのドアを持つBMWの新型ラグジュアリークーペ「8シリーズ グランクーペ」発売の画像拡大

BMW 8シリーズ グランクーペは「クーペ」「カブリオレ」に続く、現行8シリーズでは第3のボディーバリエーションである。

グレード構成は、最高出力530PS、最大トルク750N・mの4.4リッターV8ガソリンツインターボエンジンを搭載する「M850i xDrive」を筆頭に、同319PS/同680N・mの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを積む「840d xDrive」、3リッター直6ガソリンターボエンジンの「840i」。このうち840d xDriveと840iにはスポーティーな装いの「Mスポーツ」もラインナップする。トランスミッションは全車8段ATで、駆動方式はM850i xDriveと840d xDriveが4WDを、840iは現行8シリーズでは初となるRWDを採用した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5085×1930×1400(M850iは1405)mm。4ドア化により、8シリーズ クーペ/カブリオレよりも前後に230mm延長されている。ホイールベースは205mm長い3025mmで、後席の広さはラグジュアリーセダンの「7シリーズ」に匹敵するとアピールされる。また、専用サスペンションを採用し、リアのトレッドは30mm拡大。「インテグラル・アクティブ・ステアリング」や「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」の効果と相まって、大型化した車体でも“駆けぬける歓び”を実感できるという。

このほか、ハンズオフ機能付きの渋滞運転支援機能や「OK、BMW」で起動する自然音声対話式のインフォテインメントシステム「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」などの先進装備が標準で備わる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 840iグランクーペ:1152万円
  • 840iグランクーペMスポーツ:1298万円
  • 840d xDriveグランクーペ:1226万円
  • 840d xDriveグランクーペMスポーツ:1372万円
  • M850i xDriveグランクーペ:1715万円

(webCG)

関連キーワード:
8シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • 第166回:おっさんポルシェラブ 2020.3.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第166回は「おっさんポルシェラブ」。手ごろな「911カレラ」を求めて急行した激安中古車店で、衝撃のプライスボードを発見! カーマニアの“買いたい病”を刺激する中古の911、その魅力とは?
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • 第169回:「僕のはまっすぐ走りました」 2020.3.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第169回は「僕のはまっすぐ走りました」。「フェラーリ348」はまっすぐ走らないという筆者の持論に、異議を唱える若者が現れた。果たして、重大な欠陥は過去のものなのか? 新旧オーナーが激論する!
ホームへ戻る