人気のアイテムが標準装備された「日産ノート」の特別仕様車「Vセレクション」登場

2019.10.28 自動車ニュース
日産ノートe-POWER X Vセレクション
日産ノートe-POWER X Vセレクション拡大

日産自動車は2019年10月28日、コンパクトカー「ノート」に特別仕様車「Vセレクション」を設定し、販売を開始した。

「e-POWER X Vセレクション」の内装。
「e-POWER X Vセレクション」の内装。拡大
LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ拡大
インテリジェント ルームミラー
インテリジェント ルームミラー拡大

今回のノートVセレクションは、電動パワートレインを搭載する「e-POWER X」と「e-POWER X FOUR」、ガソリンエンジン搭載車の「X」に設定。3モデルとも通常はオプションとなる下記アイテムがそれぞれ特別装備される。

「e-POWER X Vセレクション」「e-POWER X FOUR Vセレクション」の特別装備

  • LEDヘッドランプ
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物/検知機能付き)
  • インテリジェント ルームミラー(インテリジェント アラウンドビューモニター表示機能付き)
  • ヒーター付きドアミラー(e-POWER X FOURは標準装備)
  • 日産オリジナルナビ取り付けパッケージ+ステアリングスイッチ

「X Vセレクション」の特別装備

  • オートエアコン+外気温度計
  • ピアノ調フィニッシャー(センタークラスター+センタークラスターサイド)
  • 日産オリジナルナビ取り付けパッケージ+ステアリングスイッチ

価格は以下の通り。

  • ノートX Vセレクション:157万9600円
  • ノートe-POWER X Vセレクション:219万6700円
  • ノートe-POWER X FOUR Vセレクション:241万6700円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る