フォルクスワーゲンがWTCRマシンの公道バージョン「ゴルフGTI TCR」の受注を開始

2019.10.29 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月25日、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)に参戦するレーシングマシンのストリートバージョンとなる特別仕様車「ゴルフGTI TCR」を設定し、600台限定で受注を開始した。

最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載。ベースとなった標準仕様の「ゴルフGTI」が6段ATであるのに対して「ゴルフGTI TCR」では7段ATを組み合わせている。
最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載。ベースとなった標準仕様の「ゴルフGTI」が6段ATであるのに対して「ゴルフGTI TCR」では7段ATを組み合わせている。拡大
専用デザインのシートやステアリングホイールを採用する。
専用デザインのシートやステアリングホイールを採用する。拡大
リアドアに設置された「TCR」の車名ロゴ。
リアドアに設置された「TCR」の車名ロゴ。拡大
アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステムを採用。
アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステムを採用。拡大
日本での販売台数は600台。納車は2019年11月以降に予定されている。
日本での販売台数は600台。納車は2019年11月以降に予定されている。拡大

今回のゴルフGTI TCRは、2018年5月にオーストリアで開催されたGTIのファンミーティング「ヴェルターゼー」において世界初披露された「ゴルフGTI TCRコンセプト」の市販モデル。「ゴルフGTI」をベースとし、専用チューニングにより60PSアップの最高出力290PS、最大トルク380N・mとなる2リッター直4ターボエンジンに7段AT(DSG)を組み合わせて搭載している。0-100km/h加速タイムは5.6秒を記録。これは過去日本で販売された歴代ゴルフGTIの中で、“史上最強”の称号が与えられるモデルになるという。

エクステリアでは、リアディフューザーやサイドスカート、フロントリップスポイラー、ドアミラー、ルーフなどがブラックペイントとなり、マットブラックの専用19インチアルミホイールが専用装備として採用されている。

インテリアでは、赤いラインの入ったTCR専用ファブリックのマイクロフリースシートや頂点部に赤いアクセントが入った専用ステアリングホイールなどが専用装備となるほか、フロントドアを開けた際に地面にTCRロゴを映し出すプロジェクション機能なども備わる。

ボディーカラーは専用色のピュアグレー×ブラックルーフ、ピュアホワイト×ブラックルーフ、トルネードレッド×ブラックルーフ、ディープブラックパールエフェクト(ルーフはボディー同色)という全4バリエーションが設定される。

ゴルフGTI TCRに採用された装備は以下の通り。

  • 専用チューン2リッターTSIエンジン(最高出力290PS)
  • 7段AT(DSG)
  • 電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック
  • アダプティブシャシーコントロール“DCC”
  • 大径ブレーキディスク(前後輪ともにベンチレーテッドディスク)
  • アクラポヴィッチ製チタンエキゾーストシステム
  • 専用ファブリックのマイクロフリースシート
  • 専用エクステリア、専用ステアリング、専用シフトノブ
  • TCRロゴプロジェクション機能(フロントドアのみ)
  • テクノロジーパッケージ(デジタルメータークラスター“Active Info Display”、ダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト、ダークテールランプ/LEDテールランプ<ダイナミックターンインジケーター付き>)
  • フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
  • モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”)
  • 235/35R19タイヤ、8Jx19アルミホイール(5ダブルスポーク)

販売台数は600台で、価格は509万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編) 2021.9.19 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。歴代モデルの出来栄えによってハッチバック車の基準というゆるぎないポジションを確立してきたゴルフ。果たして山野は、新型にどんな印象を抱いたのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.14 試乗記 「ゴルフ」に続いて新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。ハッチバックと同様に装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、ボディーがより長く広くなっているのが特徴だ。果たしてその仕上がりは?
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
ホームへ戻る