フォルクスワーゲンがWTCRマシンの公道バージョン「ゴルフGTI TCR」の受注を開始

2019.10.29 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月25日、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)に参戦するレーシングマシンのストリートバージョンとなる特別仕様車「ゴルフGTI TCR」を設定し、600台限定で受注を開始した。

最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載。ベースとなった標準仕様の「ゴルフGTI」が6段ATであるのに対して「ゴルフGTI TCR」では7段ATを組み合わせている。
最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載。ベースとなった標準仕様の「ゴルフGTI」が6段ATであるのに対して「ゴルフGTI TCR」では7段ATを組み合わせている。拡大
専用デザインのシートやステアリングホイールを採用する。
専用デザインのシートやステアリングホイールを採用する。拡大
リアドアに設置された「TCR」の車名ロゴ。
リアドアに設置された「TCR」の車名ロゴ。拡大
アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステムを採用。
アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステムを採用。拡大
日本での販売台数は600台。納車は2019年11月以降に予定されている。
日本での販売台数は600台。納車は2019年11月以降に予定されている。拡大

今回のゴルフGTI TCRは、2018年5月にオーストリアで開催されたGTIのファンミーティング「ヴェルターゼー」において世界初披露された「ゴルフGTI TCRコンセプト」の市販モデル。「ゴルフGTI」をベースとし、専用チューニングにより60PSアップの最高出力290PS、最大トルク380N・mとなる2リッター直4ターボエンジンに7段AT(DSG)を組み合わせて搭載している。0-100km/h加速タイムは5.6秒を記録。これは過去日本で販売された歴代ゴルフGTIの中で、“史上最強”の称号が与えられるモデルになるという。

エクステリアでは、リアディフューザーやサイドスカート、フロントリップスポイラー、ドアミラー、ルーフなどがブラックペイントとなり、マットブラックの専用19インチアルミホイールが専用装備として採用されている。

インテリアでは、赤いラインの入ったTCR専用ファブリックのマイクロフリースシートや頂点部に赤いアクセントが入った専用ステアリングホイールなどが専用装備となるほか、フロントドアを開けた際に地面にTCRロゴを映し出すプロジェクション機能なども備わる。

ボディーカラーは専用色のピュアグレー×ブラックルーフ、ピュアホワイト×ブラックルーフ、トルネードレッド×ブラックルーフ、ディープブラックパールエフェクト(ルーフはボディー同色)という全4バリエーションが設定される。

ゴルフGTI TCRに採用された装備は以下の通り。

  • 専用チューン2リッターTSIエンジン(最高出力290PS)
  • 7段AT(DSG)
  • 電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック
  • アダプティブシャシーコントロール“DCC”
  • 大径ブレーキディスク(前後輪ともにベンチレーテッドディスク)
  • アクラポヴィッチ製チタンエキゾーストシステム
  • 専用ファブリックのマイクロフリースシート
  • 専用エクステリア、専用ステアリング、専用シフトノブ
  • TCRロゴプロジェクション機能(フロントドアのみ)
  • テクノロジーパッケージ(デジタルメータークラスター“Active Info Display”、ダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト、ダークテールランプ/LEDテールランプ<ダイナミックターンインジケーター付き>)
  • フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
  • モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”)
  • 235/35R19タイヤ、8Jx19アルミホイール(5ダブルスポーク)

販売台数は600台で、価格は509万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る