「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場

2019.10.30 自動車ニュース
メルセデス・ベンツSL400グランドエディション
メルセデス・ベンツSL400グランドエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。

ハイグロスブラックペイント仕上げとなる19インチサイズのAMG 7ツインポークアルミホイール。
ハイグロスブラックペイント仕上げとなる19インチサイズのAMG 7ツインポークアルミホイール。拡大
インテリアトリムはサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドの仕様。
インテリアトリムはサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドの仕様。拡大
シートやトリムはタンドラブラウンパールとブラックのコンビネーション。
シートやトリムはタンドラブラウンパールとブラックのコンビネーション。拡大
グランドエディション専用フェンダーバッジが備わる。
グランドエディション専用フェンダーバッジが備わる。拡大

今回のSL400グランドエディションは、ハイパフォーマンスモデル「AMG SL65」用のラグジュアリー装備や「SL400」に通常設定されていない装備の採用などがセリングポイントになっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • グランドエディション専用ハイグロスブラックペイント19インチAMG 7ツインポークアルミホイール
  • マットイリジウムシルバーフロントスポイラー、ハイグロスクロームフィン(グランドエディション専用デザイン)
  • グランドエディション専用フェンダーバッジ
  • フルレザー仕様内装(レザーDINAMICAルーフライナー付き)
  • グランドエディション専用フロアマット
  • マジックスカイコントロールバリオルーフ
  • マルチコントロールシートバック
  • ドライビングダイナミックシート
  • リラクゼーション機能
  • 盗難防止警報システム(けん引防止機能、室内センサー)
  • クロージングサポーター(ドア)
  • Harman/Kardonロジック7サラウンドサウンドシステム

外装色はオブシディアンブラック、グラファイトグレー、セレナイトグレー、ダイヤモンドホワイトの全4色が設定されている。内装色はタンドラブラウンパール/ブラックのコンビとなり、ダイヤモンドステッチのナッパレザーシートやサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドのインテリアトリムなど、AMG SL65と同様に仕上げられている。

価格は1416万円。納車は2020年1月以降、順次開始される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(ヤナセクラシックカーセンター) 2021.4.9 画像・写真 美しくレストアされた歴代「メルセデス・ベンツSL」に加え、3Dプリンターによって製作された自動車部品や、ちょっとユニークで貴重なフォーミュラカーも出展。「オートモビル カウンシル2021」の会場から、ヤナセクラシックカーセンターの展示を写真で紹介する。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • 「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデル 2020.8.7 自動車ニュース 「メルセデスAMG GT」に、特別仕様車「ナイトエディション」が登場。「GT」「GTロードスター」をベースに、内外装をブラック基調のカラーでコーディネートしたモデルとなっている。販売台数はクーペが35台、ロードスターが5台の計40台。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
ホームへ戻る