「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場

2019.10.30 自動車ニュース
メルセデス・ベンツSL400グランドエディション
メルセデス・ベンツSL400グランドエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。

ハイグロスブラックペイント仕上げとなる19インチサイズのAMG 7ツインポークアルミホイール。
ハイグロスブラックペイント仕上げとなる19インチサイズのAMG 7ツインポークアルミホイール。拡大
インテリアトリムはサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドの仕様。
インテリアトリムはサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドの仕様。拡大
シートやトリムはタンドラブラウンパールとブラックのコンビネーション。
シートやトリムはタンドラブラウンパールとブラックのコンビネーション。拡大
グランドエディション専用フェンダーバッジが備わる。
グランドエディション専用フェンダーバッジが備わる。拡大

今回のSL400グランドエディションは、ハイパフォーマンスモデル「AMG SL65」用のラグジュアリー装備や「SL400」に通常設定されていない装備の採用などがセリングポイントになっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • グランドエディション専用ハイグロスブラックペイント19インチAMG 7ツインポークアルミホイール
  • マットイリジウムシルバーフロントスポイラー、ハイグロスクロームフィン(グランドエディション専用デザイン)
  • グランドエディション専用フェンダーバッジ
  • フルレザー仕様内装(レザーDINAMICAルーフライナー付き)
  • グランドエディション専用フロアマット
  • マジックスカイコントロールバリオルーフ
  • マルチコントロールシートバック
  • ドライビングダイナミックシート
  • リラクゼーション機能
  • 盗難防止警報システム(けん引防止機能、室内センサー)
  • クロージングサポーター(ドア)
  • Harman/Kardonロジック7サラウンドサウンドシステム

外装色はオブシディアンブラック、グラファイトグレー、セレナイトグレー、ダイヤモンドホワイトの全4色が設定されている。内装色はタンドラブラウンパール/ブラックのコンビとなり、ダイヤモンドステッチのナッパレザーシートやサテンフィニッシュライトブラウンポプラウッドのインテリアトリムなど、AMG SL65と同様に仕上げられている。

価格は1416万円。納車は2020年1月以降、順次開始される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る