BMW初のコンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」日本上陸

2019.10.31 自動車ニュース
BMW 218iグランクーペ
BMW 218iグランクーペ拡大

BMWジャパンは2019年10月31日、新型車「BMW 2シリーズ」のモデルラインナップに「グランクーペ」を追加すると発表し、同日、予約注文受け付けを開始した。納車は2020年4月以降に開始される予定だ。

最新のBMW車に共通する大型のシングルフレームグリルが採用された「2シリーズ グランクーペ」。
最新のBMW車に共通する大型のシングルフレームグリルが採用された「2シリーズ グランクーペ」。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4526×1800×1420mm、ホイールベース=2670mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4526×1800×1420mm、ホイールベース=2670mm。拡大
L字型をモチーフとしたリアコンビネーションランプを採用。
L字型をモチーフとしたリアコンビネーションランプを採用。拡大
先に登場した「1シリーズ」と基本的に同一となるインストゥルメントパネルデザインを採用。
先に登場した「1シリーズ」と基本的に同一となるインストゥルメントパネルデザインを採用。拡大
「218iグランクーペ」のフロントシート。
「218iグランクーペ」のフロントシート。拡大
「2シリーズ クーペ」比で後席の足元スペースが約33mm拡大されている。
「2シリーズ クーペ」比で後席の足元スペースが約33mm拡大されている。拡大
荷室容量は430リッター。後席の背もたれには、40:20:40の分割可倒機能が備わる。
荷室容量は430リッター。後席の背もたれには、40:20:40の分割可倒機能が備わる。拡大
他の「グランクーペ」シリーズと同様に、サッシュレスドアを採用している。
他の「グランクーペ」シリーズと同様に、サッシュレスドアを採用している。拡大

2シリーズ グランクーペは、2019年8月に日本導入が発表された3代目「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームをベースにした、ブランド初のコンパクト4ドアクーペとなるブランニューモデルだ。欧州仕様のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4526×1800×1420mmで、ホイールベースは2670mm。ハッチバックの1シリーズと比べた場合、全長は207mm延ばされているが、ホイールベースは同じ値になっている(欧州仕様同士の比較)。

キドニーグリルは、最新のBMW車に共通する大型のシングルフレームデザインが採用された。グリル内部には、縦に配置されている格子状のキドニーバーにシルバーのアクセントラインが細長く刻まれる。これは2シリーズ グランクーペで初採用された意匠となる。バンパー形状は1シリーズとは異なり、開口部が大きく3分割されたもの。リアコンビネーションランプは、こちらもBMWの最新デザインコンセプトにのっとったL字型をモチーフとし、1シリーズのものよりも天地の高さが抑えられたより横長の形状が採用されている。

4ドア化と前輪駆動の採用によって余裕ある室内空間を実現し、ボディーサイズの近い「2シリーズ クーペ」比では約33mm後席の足元スペースが拡大され、荷室容量も約40リッター増しの430リッターを確保。高い利便性と快適性を確保したとBMWはアナウンスしている。

インストゥルメントパネルのデザインは、1シリーズと基本的に同一。10.25インチのフルデジタルメーターパネルをナセル内に、同じく10.25インチのコントロールディスプレイをダッシュボード中央部にそれぞれオプションで設置できるようになっている。6色に変更可能なインテリアトリムライトも装備されている。

運転支援機能としては、レーンチェンジウオーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックウオーニング(リア)、アクティブPDC、スピードリミット情報表示機能などを備えた「ドライビングアシスト」を標準装備(「218iグランクーペ」を除く)。さらに、直前50mの軌跡を記憶し、その軌跡通りに後退できるようにステアリング操作を自動で行う「リバースアシスト」機能を備えた「パーキングアシスト」を全車に標準装備している。オプションのナビゲーションパッケージを選択すれば、会話のみで車両の操作や、情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」も装備されている。

走行関連では、ARB(アクチュエーター・コンティギュアス・ホイールスリップ・リミテーション)の搭載がトピックとなる。新型1シリーズで日本初導入されたARBは、エンジンコントロールユニットで直接スリップ状況を感知し、ダイナミックスタビリティーコントロール(DSC)を経由することなく、従来比で約3倍の速さで信号を直接エンジンに伝達する機能。車両に搭載された先進技術と連動し前輪駆動車特有のアンダーステアを抑制、ドライバーが意図する走りをより忠実に実現するという。

まず日本に導入されるエンジンラインナップは、最高出力140PS、最大トルク220N・mの1.5リッター直3ターボと、最高出力306PS、最大トルク450N・mの2リッター直4ターボ。前者は「218iグランクーペ」「218iグランクーペPlay」「218iグランクーペ Mスポーツ」に、後者は「M235i xDriveグランクーペ」に搭載されている。

価格は以下の通り。

  • 218iグランクーペ(FF車):369万円
  • 218iグランクーペPlay(FF車):410万円
  • 218iグランクーペ Mスポーツ(FF車):448万円
  • M235i xDriveグランクーペ(4WD車):665万円

BMWジャパンでは、ロサンゼルスモーターショー2019(開催期間:2019年11月18日~12月1日)で予定されているワールドプレミアの前に、2シリーズ グランクーペを2019年11月2日~4日の3日間、BMW GROUP Tokyo Bay(東京・青海)にて特別先行展示するという。

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」の日本導入を発表。取り回しのしやすいボディーサイズでありながら、高効率なパッケージにより3列7人乗りを実現している。グレードは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2種類。納車開始は2020年7月ごろを予定している。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る