スズキが「スイフト」に充実装備の特別仕様車「ハイブリッドMGリミテッド」を設定

2019.11.14 自動車ニュース
スズキ・スイフト ハイブリッドMGリミテッド
スズキ・スイフト ハイブリッドMGリミテッド拡大

スズキは2019年11月14日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「ハイブリッドMGリミテッド」を設定し、販売を開始した。

「ハイブリッドMGリミテッド」のインテリアには、特別仕様車専用のパールホワイト加飾が採用されている。
「ハイブリッドMGリミテッド」のインテリアには、特別仕様車専用のパールホワイト加飾が採用されている。拡大
ハイブリッドシステムのエネルギーフローなどを表示するマルチインフォメーションディスプレイ(カラー)を装備。
ハイブリッドシステムのエネルギーフローなどを表示するマルチインフォメーションディスプレイ(カラー)を装備。拡大
シルバーステッチ、シルバーガーニッシュ付きの本革巻きステアリングホイールを採用。
シルバーステッチ、シルバーガーニッシュ付きの本革巻きステアリングホイールを採用。拡大
LEDサイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラーが装備される。
LEDサイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラーが装備される。拡大

今回のハイブリッドMGリミテッドは、1.2リッター直4エンジンを搭載する「XGリミテッド」グレードをベースに、パワーユニットを1.2リッター直4マイルドハイブリッドに換装。同時に快適装備の充実が図られた、特別仕様車である。外装色は現行スイフト初となる「ホワイト2トーンルーフ」仕様をはじめ全8パターンの設定で、内装には専用のパールホワイト加飾が施されている。

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」やSRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグがベース車同様に標準装備され、経産省や国交省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国交省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • マイルドハイブリッド機構
  • アイドリングストップシステム
  • エコクール
  • フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー
  • 携帯リモコン(ブルー)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
  • 助手席シートヒーター(2WD車)
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • マイルドハイブリッドエンブレム(左右フロントフェンダー、バックドア)
  • 本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ、シルバーガーニッシュ付き)
  • シフトパドル
  • ステータスインフォメーションランプ
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)
  • ドアアームレストオーナメント(パールホワイト)
  • インパネオーナメント(パールホワイト)
  • コンソールオーナメント(パールホワイト)

価格はFF車が162万8000円、4WD車が178万2000円。

また、ベース車となったXGリミテッドには、「クラレットレッドメタリック」の外装色が単色、「ブラック2トーンルーフ」仕様ともに追加設定されている。

(webCG)

関連キーワード:
スイフト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スイフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る