ジャガーのSUV「Eペース」と「Fペース」に装備充実の限定車「センサリーパフォーマンスエディション」登場

2019.11.14 自動車ニュース
ジャガーEペース センサリーパフォーマンスエディション
ジャガーEペース センサリーパフォーマンスエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月14日、ジャガーブランドのSUV「Eペース」および「Fペース」に限定車「Sensory Performance Edition(センサリーパフォーマンスエディション)」を設定。同日、受注を開始した。

今回の限定車には、19インチのアロイホイールが装着される。
今回の限定車には、19インチのアロイホイールが装着される。拡大
「Eペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。
「Eペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。拡大

センサリーパフォーマンスエディションは、EペースとFペースのデザインやパフォーマンスを際立たせる装備を追加した限定車。19インチのアロイホイールが装着され、グリルやサイドベントを黒で統一したブラックパックでドレスアップされるほか、スロットル感度やシフトポイントなどをカスタマイズできるコンフィギュラブルダイナミクス、各種のドライバー支援システムなども与えられる。

それぞれの特別装備と、エクステリアカラー/インテリアカラー別の価格および販売台数は以下の通り。

【Eペース センサリーパフォーマンスエディション】

主な特別装備

  • 19インチ スタイル5049 アロイホイール (5スポーク、サテンテクニカルグレーフィニッシュ)
  • ブラックパック
  • ブラックドアミラーカバー
  • ヘッドアップディスプレイ
  • パドルシフト
  • ヒーテッドシート
  • コールドクライメートパック
  • パワーテールゲート
  • コンフィギュラブルダイナミクス
  • ドライブプロパック(ブラインドスポットアシスト、キューアシスト付きアダプティブクルーズコントロール、ハイスピードエマージェンシーブレーキ)

価格と販売台数

  • フジ・ホワイト/エボニー(45台):555万5000円
  • カルデラレッド/ライトオイスター(15台):560万円
  • サントリーニブラック/エボニー(40台):564万5000円
Fペース センサリーパフォーマンスエディション
Fペース センサリーパフォーマンスエディション拡大
「Fペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。
「Fペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。拡大

【Fペース センサリーパフォーマンスエディション】

主な特別装備

  • 19インチ スタイル5037 アロイホイール(5スポークグロスブラックフィニッシュ)
  • ブラックパック
  • ブラックドアミラーカバー
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • 電動調整ステアリングコラム
  • アンビエントライト
  • パワーテールゲート
  • コンフィギュラブルダイナミクス
  • ドライブパック(ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ハイスピードエマージェンシーブレーキ)

価格と販売台数

  • フジ・ホワイト/エボニー(20台):735万円
  • フィレンツェレッド/ラテ(5台):745万7000円
  • サントリーニブラック/エボニー(25台):745万7000円

(webCG)
 

関連キーワード:
Eペース, Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
ホームへ戻る