ジャガーのSUV「Eペース」と「Fペース」に装備充実の限定車「センサリーパフォーマンスエディション」登場

2019.11.14 自動車ニュース
ジャガーEペース センサリーパフォーマンスエディション
ジャガーEペース センサリーパフォーマンスエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月14日、ジャガーブランドのSUV「Eペース」および「Fペース」に限定車「Sensory Performance Edition(センサリーパフォーマンスエディション)」を設定。同日、受注を開始した。

今回の限定車には、19インチのアロイホイールが装着される。
今回の限定車には、19インチのアロイホイールが装着される。拡大
「Eペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。
「Eペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。拡大

センサリーパフォーマンスエディションは、EペースとFペースのデザインやパフォーマンスを際立たせる装備を追加した限定車。19インチのアロイホイールが装着され、グリルやサイドベントを黒で統一したブラックパックでドレスアップされるほか、スロットル感度やシフトポイントなどをカスタマイズできるコンフィギュラブルダイナミクス、各種のドライバー支援システムなども与えられる。

それぞれの特別装備と、エクステリアカラー/インテリアカラー別の価格および販売台数は以下の通り。

【Eペース センサリーパフォーマンスエディション】

主な特別装備

  • 19インチ スタイル5049 アロイホイール (5スポーク、サテンテクニカルグレーフィニッシュ)
  • ブラックパック
  • ブラックドアミラーカバー
  • ヘッドアップディスプレイ
  • パドルシフト
  • ヒーテッドシート
  • コールドクライメートパック
  • パワーテールゲート
  • コンフィギュラブルダイナミクス
  • ドライブプロパック(ブラインドスポットアシスト、キューアシスト付きアダプティブクルーズコントロール、ハイスピードエマージェンシーブレーキ)

価格と販売台数

  • フジ・ホワイト/エボニー(45台):555万5000円
  • カルデラレッド/ライトオイスター(15台):560万円
  • サントリーニブラック/エボニー(40台):564万5000円
Fペース センサリーパフォーマンスエディション
Fペース センサリーパフォーマンスエディション拡大
「Fペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。
「Fペース センサリーパフォーマンスエディション」のインテリア。拡大

【Fペース センサリーパフォーマンスエディション】

主な特別装備

  • 19インチ スタイル5037 アロイホイール(5スポークグロスブラックフィニッシュ)
  • ブラックパック
  • ブラックドアミラーカバー
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • 電動調整ステアリングコラム
  • アンビエントライト
  • パワーテールゲート
  • コンフィギュラブルダイナミクス
  • ドライブパック(ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ハイスピードエマージェンシーブレーキ)

価格と販売台数

  • フジ・ホワイト/エボニー(20台):735万円
  • フィレンツェレッド/ラテ(5台):745万7000円
  • サントリーニブラック/エボニー(25台):745万7000円

(webCG)
 

関連キーワード:
Eペース, Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.0ターボQ4ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】
    2021.8.16 試乗記 アルファ・ロメオのSUV「ステルヴィオ」に設定された、新グレード「ヴェローチェ」。一度ステアリングを握ってみれば、そのカッコよさとスポーティーさへのこだわりが、見た目にかぎったものでないことがわかるだろう。
  • 「ジャガーEペース」の大幅改良モデル登場 限定50台の特別仕様車「ローンチエディション」も設定 2021.2.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2021年モデルを発表した。電動パワートレイン対応の最新プラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用など、改良は多岐に及んでいる。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
ホームへ戻る