新型「ランドローバー・ディフェンダー」の先行予約モデル「スタートアップエディション」登場

2019.11.18 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー90スタートアップエディション
ランドローバー・ディフェンダー90スタートアップエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月18日、新型「ランドローバー・ディフェンダー」の先行予約モデル「ディフェンダー スタートアップエディション」を導入すると発表した。同日から2020年3月31日までの期間限定で予約注文を受け付け、2020年の秋以降にデリバリーを開始する。

ディフェンダー110スタートアップエディション
ディフェンダー110スタートアップエディション拡大

ディフェンダー スタートアップエディションは、2019年11月1日に発表された「ローンチエディション」に続く先行予約モデル。ローンチエディションの予約受注が開始から4日間で限定台数に達したため、第2弾として新たに設定された。今回のスタートアップエディションは、受注期間が決まっているものの販売台数は制限されない。

パワーユニットは第1弾と同様、「インジニウム」と名付けられた2リッター直4ガソリンエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)。3ドアモデルの「90」はコイルサスペンションを、5ドアモデル「110」はエアサスペンションを装備する。シート素材はファブリックまたはグレインレザーが選択可能で、110のレザーシート仕様は3列7人乗りとなる。

ボディーカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、インダスシルバー、アイガーグレイ、パンゲアグリーン、ゴンドワナストーン、タスマンブルーの全7色で、レザーシート装着車にはサテンプロテクションフィルム仕様のパンゲアグリーンも用意される。

さらに、死角となる前輪前方の様子を車内中央のタッチスクリーンに表示できる「ClearSightグラウンドビュー」や、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」なども備わる。

価格は以下の通り。

  • 90スタートアップエディション(ファブリックシート仕様):491万2000円
  • 90スタートアップエディション(レザーシート仕様):615万9000円~680万9000円
  • 110スタートアップエディション(ファブリックシート仕様):596万7000円~619万1000円
  • 110スタートアップエディション(3列シート+レザーシート仕様):745万1000円~810万1000円

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る