新型「ランドローバー・ディフェンダー」の先行予約モデル「スタートアップエディション」登場

2019.11.18 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー90スタートアップエディション
ランドローバー・ディフェンダー90スタートアップエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月18日、新型「ランドローバー・ディフェンダー」の先行予約モデル「ディフェンダー スタートアップエディション」を導入すると発表した。同日から2020年3月31日までの期間限定で予約注文を受け付け、2020年の秋以降にデリバリーを開始する。

ディフェンダー110スタートアップエディション
ディフェンダー110スタートアップエディション拡大

ディフェンダー スタートアップエディションは、2019年11月1日に発表された「ローンチエディション」に続く先行予約モデル。ローンチエディションの予約受注が開始から4日間で限定台数に達したため、第2弾として新たに設定された。今回のスタートアップエディションは、受注期間が決まっているものの販売台数は制限されない。

パワーユニットは第1弾と同様、「インジニウム」と名付けられた2リッター直4ガソリンエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)。3ドアモデルの「90」はコイルサスペンションを、5ドアモデル「110」はエアサスペンションを装備する。シート素材はファブリックまたはグレインレザーが選択可能で、110のレザーシート仕様は3列7人乗りとなる。

ボディーカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、インダスシルバー、アイガーグレイ、パンゲアグリーン、ゴンドワナストーン、タスマンブルーの全7色で、レザーシート装着車にはサテンプロテクションフィルム仕様のパンゲアグリーンも用意される。

さらに、死角となる前輪前方の様子を車内中央のタッチスクリーンに表示できる「ClearSightグラウンドビュー」や、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」なども備わる。

価格は以下の通り。

  • 90スタートアップエディション(ファブリックシート仕様):491万2000円
  • 90スタートアップエディション(レザーシート仕様):615万9000円~680万9000円
  • 110スタートアップエディション(ファブリックシート仕様):596万7000円~619万1000円
  • 110スタートアップエディション(3列シート+レザーシート仕様):745万1000円~810万1000円

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る