新型「ランドローバー・ディフェンダー」の国内受注がスタート

2019.11.01 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー90ローンチエディション
ランドローバー・ディフェンダー90ローンチエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月1日、新型「ランドローバー・ディフェンダー」の先行予約受け付けを同年11月3日から2020年3月31日までの期間限定で実施すると発表した。150台の限定台数に達した時点で予約受け付けは終了し、デリバリーは2020年夏から順次行われる見込み。

ディフェンダー110ローンチエディション
ディフェンダー110ローンチエディション拡大
成約の記念品として、レゴブロックでできたミニチュア「LEGO Technic Land Rover Defender」が用意される。
成約の記念品として、レゴブロックでできたミニチュア「LEGO Technic Land Rover Defender」が用意される。拡大

初上陸はガソリンエンジン車

新型ディフェンダーは、「ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新した」とうたわれる、高い走破能力と耐久性を有するクロスカントリーモデル。ひと目でディフェンダーとわかるデザインや、軽量アルミニウムモノコックを採用したランドローバー史上最も頑丈な車体がセリングポイントとなっている(関連記事)。

今回、先行予約が開始されるのは、日本市場向けに最初に生産される150台で、ショートホイールベース(3ドア)の「ディフェンダー90ローンチエディション」が計15台、ロングホイールベース(5ドア)の「ディフェンダー110ローンチエディション」が計135台用意される。

ともに、「インジニウム」と名付けられた2リッター直4ガソリンエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載し、3ドアモデルはコイルサスペンションを、5ドアモデルはエアサスペンションを装備する。シート素材は、ファブリックまたは上質なグレインレザーが選択でき、5ドアモデルのレザーシート仕様については3列シートで最大7人の乗車が可能となっている。

ボディーカラーは、オリジナルのディフェンダーをほうふつとさせるボディーカラー「パンゲアグリーン」にホワイトルーフを組み合わせたツートンカラー仕様をはじめ、全7種類が用意される。

そのほか、ジャガー・ランドローバー初のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」や、無線通信でソフトウエアのアップデートができる「Software-Over-The-Air(SOTA)」、離れた場所から車両情報を確認できる「リモート」などの機能も備わる。

なお成約者には記念品として、レゴブロックを2573ピース使ったミニチュア「LEGO Technic Land Rover Defender(レゴ・テクニック・ランドローバー・ディフェンダー)」が提供される。

価格は以下の通り。

  • 90ローンチエディション(ファブリックシート仕様):489万円
  • 90ローンチエディション(レザーシート仕様):613万7000円~678万7000円
  • 110ローンチエディション(ファブリックシート仕様):596万7000円~619万1000円
  • 110ローンチエディション(3列シート+レザーシート仕様):745万1000円~767万5000円

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」が日本上陸 2019.10.31 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月31日、同年11月3日~5日まで新型「ランドローバー・ディフェンダー」を一般展示するイベント「ランドローバー ニュー ディフェンダー ポップアップ」を東京都渋谷区の代官山T-SITEで開催すると発表した。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • 現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場 2019.10.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。
ホームへ戻る