最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定

2019.11.21 自動車ニュース
 
最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定の画像拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年11月21日、ミドシップスポーツカー「A110」シリーズの新モデル「A110S」を、日本に正式導入すると発表した。

 
最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定の画像拡大
 
最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定の画像拡大
 
最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定の画像拡大
 
最高出力292PSの「アルピーヌA110S」 予約注文受け付けは期間限定の画像拡大

A110Sは、より強化されたエンジンや専用チューニングの足まわりなどを特徴とする、A110の高性能バージョンである。2019年6月に車両概要が明らかにされたほか、東京モーターショー2019において国内初披露され、同時に、予定価格をもとに先行予約注文の受け付けが始まっていた。

ノーマルのA110から40PS引き上げられた最高出力292PSの1.8リッター直4ターボエンジンを搭載するほか、スプリングレートを約50%高めたサスペンションを採用するなどして走行性能を強化。軽量なカーボンルーフや標準車ではオプションのブレンボ製ブレーキキャリパーも装備する。

ボディーカラーは「ブルー アルピーヌM」「ブラン イリゼM」「グリ トネール マット」の全3色展開で、グリ トネール マットのみ40万円の有償かつ受注生産となっている。

A110Sの価格は899万円(予定価格から変更なし)。予約注文受け付けは2020年2月9日23時59分までの期間限定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース