BMW、新型「1シリーズ」の概要を発表

2011.06.06 自動車ニュース

BMW、新型「1シリーズ」の概要を発表

独BMWは2011年6月5日、新型「BMW 1シリーズ」5ドアハッチバックモデルの概要を明らかにした。

■FRレイアウトを継続、ボディは拡大

2世代目となる新型「1シリーズ」は、同クラス唯一の後輪駆動レイアウトを従来モデルから受け継ぎ、前後重量配分を50:50とするなど、これまで通り操縦性に重きを置いた設計とされた。採用するプラットフォームは不明ながら、ボディサイズが全長・全幅ともに拡大し、ホイールベースも拡大していることから、次期「3シリーズ」との共用シャシーである可能性もある。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4324×1765×1421mm。現行モデルと比べ、全長が85mm、全幅は17mm拡大している。またホイールベースは30mm延ばされ、2690mmとなった。これにより、後席のレッグルームは21mm広くなり、荷室容量も5名乗車の状態で330リッターから360リッターへと拡大。40:20:40の3分割可倒式リアシートを格納すれば、最大1200リッターまで拡大できるという。

モデルバリエーションは、ガソリンモデルが「116i」と「118i」、ディーゼルモデルは「116d」「118d」「120d」の計5モデル。「116i」と「118i」に搭載されるエンジンは、バルブトロニックやダブルVANOS付きの1.6リッター直4ツインスクロールターボ。「116i」は最高出力136hp/4400rpm、最大トルク22.4kgm/1350-4300rpmを、「118i」は170hp/4800rpm、25.5kgm/1500-4500rpmを発生する。0-100km/h加速および最高速度は、前者が8.5秒・210km/h、後者が7.4秒・225km/hと公表された。

トランスミッションは6段MTのほか、同クラスで初となる8段ATが設定される。またMT、ATモデルの両方にアイドリングストップ機構やボタンひとつでエンジンやトランスミッション制御を燃費重視の設定に切り替えられる「ECO PROモード」が標準装備されるなど、燃費性能の向上が図られる。

燃費値は、装着タイヤにより「116i」が5.5〜5.7リッター/100km(17.5〜18.2km/リッター)、「118i」は5.8〜5.9リッター/100km(16.9〜17.2km/リッター)となっている。

サスペンションは、フロントがストラット、リアは5リンク式を採用。トレッドは先代モデル比でフロントが51mm、リアは72mm拡大され、ダイナミクス性能の向上が図られた。

内外装デザインや装備の異なる「スポーツライン」と「アーバンライン」の2タイプが設定されるのも、新型ならではの特徴である。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る