ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売

2019.12.06 自動車ニュース
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション拡大

ヤマハ発動機は2019年12月5日、トレイルバイク「セロー250ファイナルエディション」を2020年1月15日に発売すると発表した。なお、国内向けの「セロー250」の生産は、当モデルをもって終了となる。

 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大

ヤマハのセローシリーズは、「マシンを操る楽しさ」と「より深く自然の中に入り込める機能」を追求したデュアルパーパスモデルとして、1985年に誕生。「二輪二足」というキーワードのもと、優れた足つき性と素直なハンドリング、扱いやすいエンジンなどを通して乗りやすさが追求されており、初心者から熟練のライダーまで、幅広いユーザーに支持されてきた。

現行のモデルは2005年に登場した2代目にあたり、249ccの空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブエンジンを搭載。排出ガス規制に対応できず、2017年に一度生産終了となったものの、フューエルインジェクションなどに改良を受けて2018年に復活していた。

セロー250ファイナルエディションは、1985年に登場した初代モデルをほうふつとさせる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2種類のカラーリングが特徴で、カラーフレームや燃料タンクには「FINAL EDITION」のエンブレムがあしらわれている。

価格は58万8500円。

(webCG)

関連キーワード:
セロー250, ヤマハ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場 2020.9.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年9月16日(現地時間)、オープントップ2+2シータースポーツ「ポルトフィーノ」の進化版となるニューモデル「ポルトフィーノM」を発表した。
ホームへ戻る