ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売

2019.12.06 自動車ニュース webCG 編集部
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション拡大

ヤマハ発動機は2019年12月5日、トレイルバイク「セロー250ファイナルエディション」を2020年1月15日に発売すると発表した。なお、国内向けの「セロー250」の生産は、当モデルをもって終了となる。

 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大

ヤマハのセローシリーズは、「マシンを操る楽しさ」と「より深く自然の中に入り込める機能」を追求したデュアルパーパスモデルとして、1985年に誕生。「二輪二足」というキーワードのもと、優れた足つき性と素直なハンドリング、扱いやすいエンジンなどを通して乗りやすさが追求されており、初心者から熟練のライダーまで、幅広いユーザーに支持されてきた。

現行のモデルは2005年に登場した2代目にあたり、249ccの空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブエンジンを搭載。排出ガス規制に対応できず、2017年に一度生産終了となったものの、フューエルインジェクションなどに改良を受けて2018年に復活していた。

セロー250ファイナルエディションは、1985年に登場した初代モデルをほうふつとさせる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2種類のカラーリングが特徴で、カラーフレームや燃料タンクには「FINAL EDITION」のエンブレムがあしらわれている。

価格は58万8500円。

(webCG)

関連キーワード:
セロー250, ヤマハ, 自動車ニュース