クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハ・セロー250 アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」装着車(MR/5MT)

間違いのない選択肢 2019.02.23 試乗記 1年のブランクを経て、最新の排出ガス規制に対応して復活したヤマハのオフロードバイク「セロー250」に、新たにアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW(ツーリングセロー)」が設定された。機能性の向上とワイルドなデザインを同時に満たす“和製アドベンチャー”の走りに触れた。

ライトな和製アドベンチャー

ツーリングセローは、実にいいところをついているバイクだと思う。長年かけて熟成されてきたセローに、オプションパーツを4つ装着しただけなのだが、積載性と機能性が向上してワイルドな雰囲気もプラス。アドベンチャー系のマシンほどヘビーなイメージではないけれど、普通のツーリングなら、相当にタフな使い方をしても耐えられる。日本仕様のライトなアドベンチャーともいうべきマシンになっているのだ。

セローは、オンロードのハンドリングが軽快で、とても乗りやすいマシンだ。ウチの事務所にいる20代のスタッフがセローに乗った時「こんなに自由自在に操ることができるバイクは初めてだ」と感動していたくらい。ツーリングセローにもこの美点はそっくり受け継がれている。

高速道路などを使わず、一般道を走るのであれば、オンロードモデルよりもオフロードマシンの方が乗りやすいと感じるライダーは少なくない。上体が起きているために視界が広く、体の自由度が高いことに加え、タイヤが細くて重心が高いから、バイクを少し傾けてやるだけでも軽快に旋回していく。サスも柔らかいからバイク自体の動きがゆったりとしていて、これも安心感につながる。

オフロードの性能を追求して、サスのストロークが伸び車高が高くなりすぎたりすると、この乗りやすさは消えてしまうのだが、セローの場合はオフでの性能をソコソコに抑えているからバランスがいい。オフロードバイクの中でもオンロードでの走りやすさを確保しているマシンなのである。

1985年に登場したヤマハのロングセラーモデル「セロー」。2017年に生産中止となったが、第3次排出ガス規制に適合したモデルが2018年8月31日に発売された。
1985年に登場したヤマハのロングセラーモデル「セロー」。2017年に生産中止となったが、第3次排出ガス規制に適合したモデルが2018年8月31日に発売された。拡大
現行型は、O2フィードバック制御のフューエルインジェクションや、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用などにより、環境性能の向上が図られている。
現行型は、O2フィードバック制御のフューエルインジェクションや、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用などにより、環境性能の向上が図られている。拡大
ワイズギア製のアドベンチャースクリーンとハンドルガード。今回の試乗車にはアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」が装着されていた。
ワイズギア製のアドベンチャースクリーンとハンドルガード。今回の試乗車にはアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」が装着されていた。拡大
こちらもアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」に含まれるアドベンチャーリアキャリア。最大積載量は6.5kgとなっている。
こちらもアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」に含まれるアドベンチャーリアキャリア。最大積載量は6.5kgとなっている。拡大

創意工夫して自分で楽しむ

サスストロークが極端に長くないため、シート高が低く抑えられていることもセローのポイント。しかし、体の大きなライダーにはこれがくせ者。ヒザの曲がりがきつくなるため、テスターの体格(身長178cm)だと長い時間のライディングでヒザがつらくなってくる。

シートも硬めなので体格が大きめのライダーは、もっとスポンジが厚くて柔らかいシートに交換した方がいいかもしれない。幸いセローには、オプションやアフターマーケットのパーツでいろいろなシートがラインナップされている。ハンドルも含め、いろいろと試して自分のポジションを作りあげていくことを楽しめばいいだろう。

ソフトなサスペンションは初期の沈み込みも多いから、体重のある人が乗ったり荷物をたくさん積んだりするような場合、リアサスペンションのイニシャルを調整して、正しい姿勢になるようにしておきたい。ただ、イニシャルの調整は車体の奥にあってちょっとやりにくいのが残念なところだ。

エンジンのパワーやトルクは十分。とても扱いやすいし高回転まで引っ張ってもストレスなく回っていく。ただ、残念なのは中速域からガラガラという感じのメカノイズが増えてきてしまうこと。エンジンのフィーリングに雑味が加わってしまうため、爽快感が今ひとつそがれてしまう。

低回転ではスロットルのレスポンスが良い。オフロードなどで元気に走ったりする時は思い通りに反応してくれて気持ちが良いのだけれど、渋滞にはまった時など、極低速からスロットルを開けると鋭くレスポンスし過ぎてしまうこともあった。ツーリングで疲れた時、渋滞にハマったりすると気になるかもしれない。もっとも自分のバイクとして乗り続けたら慣れてしまうくらいのレベルだが。

133kgという車重の軽さや、1.9mの最小回転半径などにより、「セロー250」は狭い場所も苦にならない取り回しのしやすさを実現している。
133kgという車重の軽さや、1.9mの最小回転半径などにより、「セロー250」は狭い場所も苦にならない取り回しのしやすさを実現している。拡大
フロントサスペンションには225mmのゆとりあるストロークを確保。285mmの最低地上高とも相まって、十分な悪路走破性能を実現している。
フロントサスペンションには225mmのゆとりあるストロークを確保。285mmの最低地上高とも相まって、十分な悪路走破性能を実現している。拡大
リアサスペンションは軽量アルミ製シリンダーのボトムリンク式。フロント21インチ、リア18インチのスポークホイールに組み合わされるタイヤは、悪路と舗装路の両方の走行を想定した専用品となっている。
リアサスペンションは軽量アルミ製シリンダーのボトムリンク式。フロント21インチ、リア18インチのスポークホイールに組み合わされるタイヤは、悪路と舗装路の両方の走行を想定した専用品となっている。拡大
エンジンは249ccの空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ。写真のアルミアンダーガードは、アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」のアイテムである。
エンジンは249ccの空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ。写真のアルミアンダーガードは、アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」のアイテムである。拡大
外観では、新設計のロングタイプのリアフェンダーや、点灯面積の広いLED式テールランプなどが、新しい「セロー250」の特徴として挙げられる。
外観では、新設計のロングタイプのリアフェンダーや、点灯面積の広いLED式テールランプなどが、新しい「セロー250」の特徴として挙げられる。拡大
速度計や時計、ツイントリップ機能などを備えたマルチファンクションディスプレイ。グリーンのバックライトは、夜間走行時の視認性に配慮したものだ。
速度計や時計、ツイントリップ機能などを備えたマルチファンクションディスプレイ。グリーンのバックライトは、夜間走行時の視認性に配慮したものだ。拡大
カラーリングは、試乗車に採用されていたホワイトとグリーンの2トーンを含め、全3種類が用意されている。
カラーリングは、試乗車に採用されていたホワイトとグリーンの2トーンを含め、全3種類が用意されている。拡大

全体としての完成度が非常に高い

今回の撮影では、ツーリング先で想定されるような比較的フラットなダートも走ってみたが、やはりこういう場所では250オフロードモデルの中でもセローは乗りやすい。足つきが良いのは滑りやすい路面で絶対的な強み。旅先で突然難しい悪路に遭遇しても、足をベタベタついたまま乗り切りことができるだろう。

総合的に見てみると、いくつか気になった点はあったものの全体的な完成度はとても高い。維持費や車格も含めて気軽に付き合うこともできる。はやりの“ラリー”とか“アドベンチャー”ではなく、あえて“ツーリング”という名前を付けたあたり、ヤマハの考えをうかがい知ることができる。イメージ先行の激しい装備ではなく、すべてが等身大で実用的ということなのである。

居酒屋に行くと「迷ったらコレ」という料理がメニューに載っていることがある。ツーリングセローは正しくアレだ。いろいろと迷った時に選んで後悔しないマシンである。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

ヤマハ・セロー250 アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」装着車
ヤマハ・セロー250 アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」装着車拡大
 
ヤマハ・ツーリングセロー(MR/5MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2100×805×1160mm
ホイールベース:1360mm
シート高:830mm
重量:133kg
エンジン:249cc 空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ
最高出力:20ps(14kW)/7500rpm
最大トルク:20Nm(2.1kgm)/6000rpm
トランスミッション:5段MT
燃費:48.4km/リッター(国土交通省届出値)/38.7km/リッター(WMTCモード)
価格:61万9920円

 

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。