こんなバイクはもう出ない! あるうちに欲しいヤマハの絶版名車とは?

2021.01.29 デイリーコラム

“寸止めの美学”が生んだ名機

パワー、コーナリング性能、上質さ、快適性、安全性……と、バイクに求められる要件は数限りない。それをクリアするため、常になにかをプラスしながら進化してきた。

ただし、なにごとにも適量もしくは限度というものがあって、あれもこれもそれもと手を尽くし、尽くされると飽和状態になる。ブームの始まりと終わりは、この繰り返しといってもいいが、行き過ぎることなく、寸止めの美学をよく知っているのがヤマハだ。

その象徴が、「SR」(1978年発売)であり、「セロー」(1985年発売)だ。いずれも空冷単気筒エンジンをコンパクトな車体に搭載し、SRは同クラスのモデルが最高出力40PSオーバーを競い合うなか、27PSのスペックで登場。セローはオフロードモデルが飛んだり跳ねたりと先鋭化するなか、2輪+2足で漕(こ)ぐように進む、極低速性能を重視して送り出された。

亜流ゆえに数の上では決して大ヒットではない。それどころか幾度もカタログ落ちの危機に直面しながらも継続。時代や人々の嗜好(しこう)が変化しても、ブレることなく在り続けた稀有(けう)なモデルだ。

SRはフロントホイール径が変わったり、499cc版が消滅して399ccのみになったり、キャブレターがインジェクション化されるといった変化こそあれ、スタイルは43年間ほぼ不変だ。セローも223ccから249ccへ排気量が上がり、その時に外観が刷新された以外は35年にわたってキープコンセプトを貫いた。

40年以上におよぶ「ヤマハSR」史の最後を飾る「SR400ファイナルエディション」は、2021年3月に発売される。価格は60万5000円。
40年以上におよぶ「ヤマハSR」史の最後を飾る「SR400ファイナルエディション」は、2021年3月に発売される。価格は60万5000円。拡大
「SR400ファイナルエディション」とともに販売される1000台の限定車「SR400ファイナルエディション リミテッド」(74万8000円)のサイドカバー。この血筋を受け継ぐモデルは再びつくられるだろうか。
「SR400ファイナルエディション」とともに販売される1000台の限定車「SR400ファイナルエディション リミテッド」(74万8000円)のサイドカバー。この血筋を受け継ぐモデルは再びつくられるだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • こんなバイクはもう出ない! あるうちに欲しいヤマハの絶版名車とは? 2021.1.29 デイリーコラム 有名な「SR」をはじめ、ヤマハのロングセラーバイクが近年続々と生産終了に追い込まれているのをご存じだろうか? その要因は何か、そしてファンが手に入れる術(すべ)は残されているのか、事情に詳しいモータージャーナリストがリポートする。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • ヤマハ・トリシティ300(CVT)【レビュー】 2021.1.26 試乗記 フロントに2つのタイヤが付いた、ちょっと変わったオートバイ。ヤマハが提案する新型三輪モデル「トリシティ300」に乗ったなら、普通の二輪車とはかなり違ったバイクライフが送れるに違いない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(後編) 2021.1.31 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「ロータス・エキシージ スポーツ410」に試乗。かつて劇中に登場する「ロータス・ヨーロッパ」で、軽量ミドシップスポーツの魅力を世に知らしめた漫画界のスーパーレジェンドが下した総合評価は?
ホームへ戻る