「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場

2019.12.10 自動車ニュース
DS 3クロスバック
DS 3クロスバック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年12月10日、DSブランドのクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」のオフホワイト内装車を40台の台数限定で発売した。

 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大

今回の限定車は最上級グレード「グランシック」をベースに「RIVORI(リボリ)」と名付けられたオフホワイトの内装色を採用。ダッシュボードやドアトリム、シートのサイドサポートをオフホワイトのナッパレザー仕立てとしたほか、ステアリングホイールにもオフホワイトを採用した。

価格は416万円。

今回のリボリ内装は、2020年に日本導入予定のDS 3クロスバックの100%電気自動車バージョン「E-TENSE(イーテンス)」に標準設定する予定の仕様を先行採用したものだという。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
ホームへ戻る