「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場

2019.12.10 自動車ニュース
DS 3クロスバック
DS 3クロスバック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年12月10日、DSブランドのクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」のオフホワイト内装車を40台の台数限定で発売した。

 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」にオフホワイト内装の限定車登場の画像拡大

今回の限定車は最上級グレード「グランシック」をベースに「RIVORI(リボリ)」と名付けられたオフホワイトの内装色を採用。ダッシュボードやドアトリム、シートのサイドサポートをオフホワイトのナッパレザー仕立てとしたほか、ステアリングホイールにもオフホワイトを採用した。

価格は416万円。

今回のリボリ内装は、2020年に日本導入予定のDS 3クロスバックの100%電気自動車バージョン「E-TENSE(イーテンス)」に標準設定する予定の仕様を先行採用したものだという。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 3クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る