クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)

孤高のエレガンス 2019.08.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。

代官山に似合うクルマ

試乗会が行われたのは代官山である。東京でも最高峰に位置するおしゃれタウンだ。ヒルサイドテラスやアドレスがあり、イタリアンやフレンチの名店が並ぶ。旧山手通りを行き交うのは、最先端ファッションに身を包んだ高感度ピープルだ。ショッピングやデートには最適だが、クルマの試乗には向かない街である。しかし、この場所を選んだのは正解だった。DS 3クロスバックは、この場所で最も輝くクルマだからだ。

DSブランドのフラッグシップである「DS 7クロスバック」から1年、さらにコンセプトを純化したモデルが登場した。コンパクトSUVという流行のジャンルに属するものの、世界を見渡しても似ているクルマは存在しない。キャッチコピーを見れば、DSオートモーティブの意図がよくわかる。いわく、「彫刻が、動き出す」「美を纏(まと)うテクノロジー」。とても自動車についての表現とは思えない。

さらに、「すべてのものは美しくなければ、存在する意味などない」「美学と工学が見事に融合する新しいSUVに大いなる祝福を」「美しい残像は、しばらく消えはしない」とまで。そのへんの無粋なクルマとは別物だと言わんばかりに、上から目線で孤高の存在であることを宣言している。

SUVを名乗っていながら、悪路走破性能に関しては何も説明がない。FFモデルのみで、本国にも4WDバージョンは用意されないのだ。他メーカーとはSUVという言葉の定義が異なる。確かに車高はそれなりに高いが、マッチョな力強さとは無縁。前面に出ているのはアート感とおしゃれ感であり、あくまでSUV風の雰囲気グルマなのだ。中途半端なアウトドア風味を付与しないところに、DSブランドの信念とプライドがある。

2015年に登場した「DS 4クロスバック」を皮切りに、市場投入が始まったDSのSUV商品群。現在は「DS 3クロスバック」と「DS 7クロスバック」の2モデルが用意されている。
2015年に登場した「DS 4クロスバック」を皮切りに、市場投入が始まったDSのSUV商品群。現在は「DS 3クロスバック」と「DS 7クロスバック」の2モデルが用意されている。拡大
エクステリアと同じく、個性的なデザインのインテリア。グレードに応じて黒のファブリック内装「モンマルトル」と、各所にブロンズのテップレザーを用いた「バスチーユ」が用意される。
エクステリアと同じく、個性的なデザインのインテリア。グレードに応じて黒のファブリック内装「モンマルトル」と、各所にブロンズのテップレザーを用いた「バスチーユ」が用意される。拡大
上級グレードに備わるLEDヘッドランプ。外側の3つのランプがロービーム、内側の四角いランプが、15個のLEDによって構成されるハイビームとなる。
上級グレードに備わるLEDヘッドランプ。外側の3つのランプがロービーム、内側の四角いランプが、15個のLEDによって構成されるハイビームとなる。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4120×1790×1550mmと、一般的な機械式駐車場を利用できる寸法に収められている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4120×1790×1550mmと、一般的な機械式駐車場を利用できる寸法に収められている。拡大

内装のイメージはフランス革命

確かに、エクステリアデザインは彫刻的という言葉がふさわしい。フロントマスクは大きなクロームグリルを左右両端のデイタイムランニングライトがはさむ形。DS 7クロスバックと同様の意匠だ。サイドには大きな抑揚がつけられており、逆シャークフィンのBピラーとあいまって深い陰影が表れる。グラスエリアには外からは見えない「ノンヴィジブルウェザーストリップ」が使われていて、ラバー素材は隠されている。

エレガンスのためには細かいところにまで技術を注ぎ込むのだ。ボディーパネルと完全同一面に格納される「リトラクタブルドアハンドル」も同様である。キーを持ってクルマから1.5mの距離まで近づくと、自動的にアンロックされてドアハンドルが浮き上がる。クルマが動き出せば静かに沈み込んでいき、フラッシュサーフェス化が完成する。テスラなどに採用例はあるが、このセグメントでは初とのこと。美しさ最優先の機構だが、慣れないと閉める時に指をはさまれるので注意が必要だ。

内装はさらに上を行く。試乗車は最上級グレードの「グランシック」だったので、「バスチーユ」と名付けられた仕様の、しかもレザー内装だ。フランス革命の起点が名称となっているのは、「近代国家概念の発祥の名」であり「200年にわたるパリ都市文化の起点と発展の象徴」だからだという。もうひとつの「モンマルトル」内装は、「マチス、ルノアール、ゴッホ、ピカソなど綺羅(きら)星のごとき若き芸術家が議論を重ねたクリエイティブの最先端の地のイメージを投影」しているのだそうだ。

センターコンソールスイッチは、DS 7クロスバックと同じ「クル・ド・パリ」(ギョシェ彫り)が使われている。大仰な作りのわりには機能は少なく、窓の開閉とドアロック、パーキングブレーキ、ドライブモードスイッチがあるだけだ。DS 3クロスバックで初めて取り入れられたのが、ダッシュボード中央にしつらえられたダイヤモンドパターンの造形だ。これはルーブル美術館のエントランスにあるガラスのピラミッドから想を得ているという。

ボディーカラーは試乗車の「ウィスパー」を含む全8色。ルーフカラーには、車体色に応じて黒、白、赤の3色が用意されている。
ボディーカラーは試乗車の「ウィスパー」を含む全8色。ルーフカラーには、車体色に応じて黒、白、赤の3色が用意されている。拡大
「リトラクタブルドアハンドル」は、キーを持った人物が車両から3m以内の距離に近づくと検知、1.5m以内に近づくと、自動でキーを解錠する。一方で、解錠状態で3分間放置された場合や、クルマが発進して車速が3km/hを超えたとき、キーを持った人物が車両から2m以上離れた際には自動で施錠し、ドアハンドルを格納する仕組みとなっている。
「リトラクタブルドアハンドル」は、キーを持った人物が車両から3m以内の距離に近づくと検知、1.5m以内に近づくと、自動でキーを解錠する。一方で、解錠状態で3分間放置された場合や、クルマが発進して車速が3km/hを超えたとき、キーを持った人物が車両から2m以上離れた際には自動で施錠し、ドアハンドルを格納する仕組みとなっている。拡大
最上級グレード「グランシック」に装備される、バルサブラックのレザーシート。部位によって、密度の異なる2種類の軟質フォームを使い分けることで、快適な乗り心地と適度なホールド性を実現している。
最上級グレード「グランシック」に装備される、バルサブラックのレザーシート。部位によって、密度の異なる2種類の軟質フォームを使い分けることで、快適な乗り心地と適度なホールド性を実現している。拡大
センターコンソールには、一足先にデビューしたミドルサイズSUV「DS 7クロスバック」と同じデザインが用いられている。
センターコンソールには、一足先にデビューしたミドルサイズSUV「DS 7クロスバック」と同じデザインが用いられている。拡大

ハイチューン版の日本導入はなし

ダッシュボードのダイヤモンドパターンはエアアウトレットとスイッチ類で構成されている。大変美しいが、使いやすいとは言いがたい。試乗を始める前に説明員が横に来て使い方をレクチャーしてくれた。初めてだと、ナビゲーションの起動どころかエンジンスタートさえままならないかもしれない。「プジョー508」の鍵盤型トグルスイッチにも驚かされたが、フランス車がアバンギャルドさで競うのは歓迎すべきことだと思う。

ヘッドアップディスプレイと7インチタッチスクリーンのグラフィックは、「まるで1920年代にフランスを席巻したかのアールデコ様式を今日的に再解釈したかのよう」とのこと。解説がいちいち時代がかっているが、フランスにはそれだけアートの歴史的資源が豊かだということなのだろう。ひたすら美を追求し、実用性至上主義に反旗を翻す。わたしたちの美学がわからない者に用はない! ときっぱり切り捨てる姿勢は潔い。

代官山では試乗も撮影も難しいのでお台場へ。移動中に走行性能をテストするもくろみだったが、夏休みに突入した首都高速は大渋滞。1.2リッター3気筒ターボエンジンや8段ATの実力を的確に評価する体験はできなかった。前が空いた時にアクセルを踏み込んでみると、小排気量ターボにありがちな若干のラグはあるものの、十分な動力性能を発揮した。本国には同じエンジンのハイチューン版もあるが、日本導入の予定はない。クルマの性格を考えると、ドライバビリティーを損なってまでパワーを求める必要は乏しいからだ。

渋滞のおかげで試せた機能がある。「アクティブクルーズコントロール」と「レーンポジションキープ」を統合した「DSドライブアシスト」だ。トラフィックジャムアシスト付きということで、渋滞の中でも自動停止と自動発進を繰り返した。レーンキープの振る舞いはあまりエレガントとは言えなかったが、機能としては十分。予防安全装備も、カメラとミリ波レーダーの性能向上で夜間でも歩行者を認識できるようになった。

ダイヤモンドパターンのデザインを用いたセンタークラスター。イグニッションのスイッチはその下部に備わっている。
ダイヤモンドパターンのデザインを用いたセンタークラスター。イグニッションのスイッチはその下部に備わっている。拡大
運転支援システムの作動状態や道路標識、車速などの情報を表示するヘッドアップディスプレイ。最上級グレード「グランシック」のみに装備される。
運転支援システムの作動状態や道路標識、車速などの情報を表示するヘッドアップディスプレイ。最上級グレード「グランシック」のみに装備される。拡大
日本仕様のパワーユニットは、最高出力130ps、最大トルク230Nmを発生する1.2リッター直3ターボエンジンのみ。アイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATと組み合わされる。
日本仕様のパワーユニットは、最高出力130ps、最大トルク230Nmを発生する1.2リッター直3ターボエンジンのみ。アイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATと組み合わされる。拡大
運転支援システムの「DSドライブアシスト」は、ブラインドスポットモニターやオートハイビームなどとのセットで、「グランシック」には標準で、「ソーシック」にはオプションで用意される。
運転支援システムの「DSドライブアシスト」は、ブラインドスポットモニターやオートハイビームなどとのセットで、「グランシック」には標準で、「ソーシック」にはオプションで用意される。拡大

PSAの電動化戦略を担う

短時間の試乗なのであまり詳しいことは言えないが、シャシーはしっかりしていてサスペンションがよく動いていたように感じた。おしゃれ感やアート感のことばかりに触れてきたが、DS 3クロスバックの最も重要な技術的トピックは、初採用されたPSAの次世代プラットフォーム「CMP(コモンモジュラープラットフォーム)」である。これから発売されるB、Cセグメントのモデルに順次採用されていくことになる。

旧プラットフォーム「PF1」に比べて約30%の剛性アップと、約30kgの軽量化を実現したという。NCAP2018の安全基準を満たし、CO2の軽減やノイズの低減を追求した。特徴的なのは、内燃機関とモーターの両方に対応していることだ。DS 3クロスバックも、EVモデルが追加されることがアナウンスされている。もうひとつのプラットフォーム「EMP2」は内燃機関とプラグインハイブリッドに対応しており、この2つで電動化戦略を推進していく。

おしゃれモデルを装いながら、DS 3クロスバックはPSAグループの将来を占う大切な任務を担っている。2025年までにグループのすべての車両が何らかの電動化パワートレインを搭載することになっていて、そのために開発されたプラットフォームなのだ。EV版DS 3クロスバックの日本でのお披露目は早くても来年末になりそうだが、静かでスムーズなパワートレインはこのクルマの性格にはマッチしていることだろう。

ガソリンエンジン版でも、もちろん十分にエレガントである。世の中にSUVがあふれる中で、ワイルドさを求めないユーザーもいるだろう。プレス資料によれば、DS 3クロスバックに乗るということは「パリのエレガンスを身に纏(まと)う」ことなのだそうだ。乗る人を選ぶクルマなのは間違いない。令和のビッグカップルで言えば、山里亮太・蒼井 優よりも小泉進次郎・滝川クリステルに似合うような気がする。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

「グランシック」に装備されるツートンの18インチアルミホイール。タイヤサイズは215/55R18で、試乗車にはミシュランの「プライマシー4」が装着されていた。
「グランシック」に装備されるツートンの18インチアルミホイール。タイヤサイズは215/55R18で、試乗車にはミシュランの「プライマシー4」が装着されていた。拡大
12基のスピーカーからなるFOCAL Electraのオーディオシステムは「グランシック」の専用装備で、他のグレードにはオプションでも用意されていない。
12基のスピーカーからなるFOCAL Electraのオーディオシステムは「グランシック」の専用装備で、他のグレードにはオプションでも用意されていない。拡大
ラゲッジスペースの容量はVDA計測で350リッター。6:4の分割可倒式リアシートをたたむと、1050リッターまで拡張できる。
ラゲッジスペースの容量はVDA計測で350リッター。6:4の分割可倒式リアシートをたたむと、1050リッターまで拡張できる。拡大
PSAでは、B、Cセグメントのモデルに「CMP」を、Cセグメント以上のモデルに「EMP2」を使用するプラットフォーム戦略を進めている。両方のプラットフォームが使えるCセグメント車では、搭載されるパワープラントに応じてプラットフォームを使い分けるという。
PSAでは、B、Cセグメントのモデルに「CMP」を、Cセグメント以上のモデルに「EMP2」を使用するプラットフォーム戦略を進めている。両方のプラットフォームが使えるCセグメント車では、搭載されるパワープラントに応じてプラットフォームを使い分けるという。拡大

テスト車のデータ

DS 3クロスバック グランシック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm
ホイールベース:2560mm
車重:1280kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130ps(96kW)/5500rpm
最大トルク:230Nm(23.5kgm)/1750rpm
タイヤ:(前)215/55R18 99V/(後)215/55R18 99V(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:16.9km/リッター(JC08モード)/15.9km/リッター(WLTCモード)
価格:404万円/テスト車=437万2100円
オプション装備:メタリックペイント<ウィスパー/ブランオパール>(5万9400円)/ナビゲーションシステム(22万8960円)/ETC 2.0車載器(4万3740円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:1144km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

DS 3クロスバック グランシック
DS 3クロスバック グランシック拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

DS の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。