新型「トヨタ・ヤリス」の発売日決定 価格と燃費も明らかに

2019.12.20 自動車ニュース
トヨタ・ヤリス(写真のグレードは「ハイブリッドZ」)
トヨタ・ヤリス(写真のグレードは「ハイブリッドZ」)拡大

トヨタ自動車は2019年12月20日、コンパクトカー「ヤリス」の新型を2020年2月10日に国内で発売すると発表した。このうちガソリンエンジンの4WD車は、販売の開始時期が同年4月になる見込み。

ボディーカラーは全18種類。6種類のツートンカラーが含まれる。
ボディーカラーは全18種類。6種類のツートンカラーが含まれる。拡大
盛り上がったフェンダーまわりが印象的。ホイールは14、15、16インチの計3サイズが用意される。
盛り上がったフェンダーまわりが印象的。ホイールは14、15、16インチの計3サイズが用意される。拡大
茶系の彩色で上質感が演出されたインテリア。ブラックの室内色も選べる。
茶系の彩色で上質感が演出されたインテリア。ブラックの室内色も選べる。拡大

多くのひとが乗れるように

ヤリスはトヨタがグローバルに展開してきたコンパクトカーで、国内ではこれまで「ヴィッツ」の名で親しまれてきた。4代目にあたる新型は、国内でもヤリスの名称で扱われる。

新開発プラットフォーム「GA-B」を採用したボディーのサイズは、FF車の場合で全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm。4WD車は全高のみ1515mmとなる。外寸は先代に比べて大きく変わらないが、2550mmのホイールベースは40mm延長されている。

エクステリアについては、ルーフの頂点を後方へとずらし、リアホイール前方にキャラクターラインを入れるなどして躍動感を演出。ボディーカラーは豊富で、モノトーンが12色、ホワイトまたはブラックのルーフが組み合わされるツートンカラーは6色用意される。

シンプルなラインで構成されるインテリアは、「トープ」と呼ばれる茶系のコンビネーションカラーを採用するなどして上質感を演出。Aピラーを後退させるなどして、視界の確保にも配慮した。また、ワンタッチで座面の回転と角度調節を行いハンディキャップのあるひとや高齢者の乗り降りを容易にする「ターンチルトシート」や、ハイブリッド車からの電力供給を可能とする「アクセサリーコンセント」もオプション設定するなど、利便性の向上も図られている。

こちらは合成皮革とツイード調ファブリックを組み合わせた「クレアトープ」色のインテリア。
こちらは合成皮革とツイード調ファブリックを組み合わせた「クレアトープ」色のインテリア。拡大
「買い物アシストシート」装着車の助手席には、傘や荷物のホルダーが備わる。
「買い物アシストシート」装着車の助手席には、傘や荷物のホルダーが備わる。拡大
シートの向きや角度を変えて乗降性を向上させるオプション「ターンチルトシート」。価格は運転席が8万8000円で、助手席は9万0200円。
シートの向きや角度を変えて乗降性を向上させるオプション「ターンチルトシート」。価格は運転席が8万8000円で、助手席は9万0200円。拡大
荷室のフロアは、5人乗車時で幅1000mm×奥行き630mm。後席を倒すことで長尺物に対応する。
荷室のフロアは、5人乗車時で幅1000mm×奥行き630mm。後席を倒すことで長尺物に対応する。拡大

ハイブリッドの最廉価モデルとなる「ハイブリッドX」(写真)の価格は199万8000円。燃費はWLTCモードでシリーズ最高の36.0km/リッターを記録する。


	ハイブリッドの最廉価モデルとなる「ハイブリッドX」(写真)の価格は199万8000円。燃費はWLTCモードでシリーズ最高の36.0km/リッターを記録する。
	拡大
 
新型「トヨタ・ヤリス」の発売日決定 価格と燃費も明らかにの画像拡大

燃費は最高で36.0km/リッター

パワーユニットは大きく分けて3種類。目玉となるのは新開発の1.5リッター直噴直3ユニット「ダイナミックフォースエンジン」(最高出力120PS、最大トルク145N・m)で、6段MTまたは発進用ギア付きのCVTが組み合わされている。WLTCモードの燃費値は、FF車が19.6~21.6km/リッターで、4WD車が19.2km/リッター。

ハイブリッド車のエンジンは、上記の1.5リッター直3エンジンをポート噴射化したもので、最高出力91PS、最大トルク120N・mを発生。これを80PS、141N・mのフロントモーターがサポートし、電気式4WDシステム「E-Four」の搭載車にはさらにリアモーター(5.3PS、52N・m)が組み合わされる。ハイブリッド車のWLTCモード燃費は35.4~36.0km/リッターで、4WD車は30.2km/リッターと公表される。

このほか、レンタカー等の法人利用を想定した1リッター直3(69PS、92N・m)も設定される。トランスミッションは小型軽量化されたCVTで、燃費は20.2km/リッターである。

安全装備については、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備となるほか、トヨタのコンパクトカーとして初めて「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト」が搭載される(1リッターモデルを除く)。ステアリングとアクセル、ブレーキを自動制御する高度駐車支援システム「Advanced Park(アドバンストパーク)」も新しい。

このほか、スマートフォンとの連携機能や、非常時・緊急時のオペレーターサービスなど、インフォテインメントシステムの充実もトピックとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【1リッターガソリン車】

  • X“Bパッケージ”(FF/CVT):139万5000円
  • X(FF/CVT):145万5000円
  • G(FF/CVT):161万3000円

【1.5リッターガソリン車】

  • X(FF/6MT):154万3000円
  • X(FF/CVT):159万8000円
  • X(4WD/CVT):183万1000円
  • G(FF/6MT):170万1000円
  • G(FF/CVT):175万6000円
  • G(4WD/CVT):195万4000円
  • Z(FF/6MT):187万1000円
  • Z(FF/CVT):192万6000円
  • Z(4WD/CVT):212万4000円

【ハイブリッド車】

  • ハイブリッドX(FF/CVT):199万8000円
  • ハイブリッドX(4WD/CVT):224万1000円
  • ハイブリッドG(FF/CVT):213万円
  • ハイブリッドG(4WD/CVT):233万8000円
  • ハイブリッドZ(FF/CVT):229万5000円
  • ハイブリッドZ(4WD/CVT):249万3000円

(webCG)

関連キーワード:
ヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・ヤリス」で社会が変わる? “健康寿命”を延ばす新装備に注目せよ 2019.11.15 デイリーコラム 2020年2月に発売される新型「ヤリス」には、トヨタ初の新装備が用意されている。それで、高齢化が進む日本において、ひとびとの“健康寿命”を延ばすことができるというのだが……? 開発者に話を聞いた。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る