新型「トヨタ・ヤリス」で社会が変わる? “健康寿命”を延ばす新装備に注目せよ

2019.11.15 デイリーコラム

特に日本は「待ったなし」

2020年2月中旬に国内で発売される、4代目「トヨタ・ヴィッツ」改め、新型「ヤリス」。そのプロトタイプの試乗会が、千葉・袖ヶ浦のサーキットで開催された。(新型ヤリス プロトタイプの試乗記はこちら

その試乗車がずらりと並んだピットのそばに、前席のドアとバックドアが全開になったままのヤリスが1台展示されていた。近づいてみると、運転席が横を向いて外にせり出している!? この「ターンチルトシート」と呼ばれる新機構、トヨタ初の新装備なのである。

回転時にBピラーに干渉しないよう、サイドサポートの一部がえぐれている以外は、ノーマルシートと変わらない。ヒップポイントや前後26cmのスライド量も同じだし、着座時に腿(もも)から腰へと伝わる肌感覚もこれといった差異はない。それでいて、操作レバーを引くだけでシートはくるりと外にせり出し、おじぎしてくれる(座面先端が下がる)。普通のシートに不満のない筆者でも「こりゃ楽だなぁ」とすなおに思う。太り気味の方や、服装を気にせず乗り降りをスムーズにしたい女性にも、きっと歓迎されるはずだ。

開発したのは、トヨタのCV製品企画の中川 茂さん。これまで15年にわたって、「ウェルキャブ」と呼ばれるトヨタの福祉車両の開発に関わってきたエキスパートだ。

「そういえば、ウェルキャブにだって“回転するシート”はあったのでは?」と思われた、福祉車両に詳しい方もいらっしゃるだろう。新開発シートは、上記の作動アクションの進化に加えて、「体に障害のある方だけでなく、広く高齢者(ここでは65歳以上の方)に使ってもらえるよう配慮した」という点が新しい。トヨタの調べによれば現在、「足腰の不自由な障害者」(推定100万人)のおよそ1割が福祉車両を利用しているのに対し、その5倍(500万人)にあたる「足腰の不自由な高齢者」の利用率は1%。無いに等しい状況という。多くの人にとって、必要なはずなのに。

「使いたくないなら放っておけばいい。そんなの、大きなお世話だろう」と言うなかれ。「高齢者の健康にとって“クルマでの自発的な移動”が大事」というデータもある。高齢者がマイカーの運転や同乗から完全に切り離されると(特にクルマ頼みの地方では)外出の機会そのものが著しく減り、寝たきり・要介護になるリスクが2.2倍に高まるというのだ。それでも高齢者がウェルキャブと距離を置きたがるのは、何よりも「福祉くささがイヤ」で「自分のことを、サポートが要る弱い人間だと認めたくない」からだそうだ。

「でも現実に、日本の高齢者比率は増え続けていて、いまや28%で世界一(2019年9月時点)。2050年には、確実に4割になると考えられています。われわれは、クルマを通じてそういうお年寄りの“健康寿命”を延ばしたい。いまこそやらねばならんと思っているんですっ」と中川さんは熱く語る。

具体的な対策として、前述のイメージを変えるよう、今回はウェルキャブ名称をやめた。持ち込み登録が必要な従来の福祉車両とは違い、型式指定を取得、つまりターンチルトシートはヤリスのオプション装備として気軽に選べるようになっている。先代(ヴィッツ)では助手席のみ回転シートがあったものの、普及拡大(中川さんは少なくとも3~5倍を期待している)を前提とする新型のそれは、運転席、助手席ともに選択できる。となると、現実的には価格が“決め手”になってくるとは思いますが……?

「3カ月後には出るわけですが、まだオプション価格は確定してないんです。でも、他モデルに用意されていた従来型の回転シート(約16万円)からすると、大幅に、もうビックリするくらい安くなりますから!」と中川さんは目を輝かせる。

国内ではこれまで「ヴィッツ」の名で扱われてきたトヨタのコンパクトカー「ヤリス」。新型は2020年2月に発売される。


	国内ではこれまで「ヴィッツ」の名で扱われてきたトヨタのコンパクトカー「ヤリス」。新型は2020年2月に発売される。
	拡大
新型「ヤリス」にオプション設定される「ターンチルトシート」。その名の通り、ワンアクションで外側にターンしつつチルトする(傾く)のが特徴となっている。
新型「ヤリス」にオプション設定される「ターンチルトシート」。その名の通り、ワンアクションで外側にターンしつつチルトする(傾く)のが特徴となっている。拡大
操作は、シートを所定の位置にスライドさせてから座面の側面前方にあるレバーを引くだけ。従来の福祉車両に用意されていた「回転シート」はターンとチルトが別操作になっており、チルトのレバーが(着座者が操作しにくい)肩位置にある点がデメリットとされていた。
操作は、シートを所定の位置にスライドさせてから座面の側面前方にあるレバーを引くだけ。従来の福祉車両に用意されていた「回転シート」はターンとチルトが別操作になっており、チルトのレバーが(着座者が操作しにくい)肩位置にある点がデメリットとされていた。拡大
ターン&チルトした座面。車体のBピラーに干渉しないよう外側を部分的にえぐったことで、ストレスのない操作ができる。
ターン&チルトした座面。車体のBピラーに干渉しないよう外側を部分的にえぐったことで、ストレスのない操作ができる。拡大
新開発の「ターンチルトシート」(写真左)と従来型「回転シート」(同右)の違いを示す、説明用ボード。回転軸がひとつしかない回転シートに対して、ターンチルトシートは4つのリンクを採用。回転しつつドア開口部から外にせり出すというアクションが可能になった。
新開発の「ターンチルトシート」(写真左)と従来型「回転シート」(同右)の違いを示す、説明用ボード。回転軸がひとつしかない回転シートに対して、ターンチルトシートは4つのリンクを採用。回転しつつドア開口部から外にせり出すというアクションが可能になった。拡大
今回話を聞いた、トヨタ自動車 CV Company CV製品企画 ZU 主査の中川 茂さん。1986年の入社後、社内の公募制度で福祉車両に関する業務を志望。これまで15年ほどウェルキャブをはじめとする車両の開発に取り組んできた。「ターンチルトシート」については、まず国内で実績を積み、日本に次いで高齢化が進む欧州でも展開できるよう社内で提言していきたいという。
今回話を聞いた、トヨタ自動車 CV Company CV製品企画 ZU 主査の中川 茂さん。1986年の入社後、社内の公募制度で福祉車両に関する業務を志望。これまで15年ほどウェルキャブをはじめとする車両の開発に取り組んできた。「ターンチルトシート」については、まず国内で実績を積み、日本に次いで高齢化が進む欧州でも展開できるよう社内で提言していきたいという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る