トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売

2020.01.08 自動車ニュース
トライアンフ・ストリートトリプルS
トライアンフ・ストリートトリプルS拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2020年1月8日、2020年モデルの新型「ストリートトリプルS」を発表した。

 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大
 
トライアンフが新型「ストリートトリプルS」を発表 100万円を切る価格で2020年春に発売の画像拡大

日常シーンでの走る楽しさを追求

トライアンフ・ストリートトリプルは、“ストリートファイター”というジャンルに属する、高い運動性能が特徴のネイキッドスポーツバイクである。2019年10月に上級グレードの「RS」がモデルチェンジしており、今回、3カ月遅れでエントリーモデルの「S」も新型に移行することとなった。

エンジンは660ccの並列3気筒で、95.2PS(70kW)/1万1250rpmの最高出力と66N・m(6.7kgf・m)/9520rpmの最大トルクを発生。幅広い回転域で鋭いスロットルレスポンスを実現しているほか、トリプルエンジンならではのサウンドや、加速時の刺激的な吸気音も特徴となっている。

一方、シャシーまわりでは機敏な走りや爽快なハンドリング、高いコーナリング性能を追求しており、ねじり剛性と横方向の柔軟性を併せ持つガルウイング型リアスイングアームを従来モデルから踏襲しつつ、ピボットポジションを最適化。タイトなコーナーの出口でも、スムーズなコーナリングを可能にしているという。

サスペンションは前後ともにショーワ製で、フロントにはφ41mmセパレートファンクションフォーク(トラベル量:110mm)、後ろにはピギーバックリザーバータイプのモノショック(ホイールトラベル量:124mm)を採用。ブレーキは前がニッシン製スライディングキャリパーとダブルディスク、後ろがブレンボ製キャリパーと固定式シングルディスクの組み合わせで、「クラス最軽量」とうたわれるアルミホイールには、公道での走りを重視した全天候型タイヤ「ピレリ・ディアブロロッソIII」を組み合わせている。

このほかにも、走りに関する装備としてライドバイワイヤシステムやトラクションコントロール、「ロード」と「レイン」の2モードを備えたライディングモードセレクターなどを採用。メーター代わりのLCDディスプレイを介して、スロットルレスポンスやトラクションコントロールの設定変更が可能となっている。

RSゆずりのデザインも新型ストリートトリプルSの特徴で、従来モデルからヘッドランプ、サイドパネル、リアユニットのすべての意匠を変更。アグレッシブなイメージは踏襲しつつ、より角張った、スポーティーなスタイリングとなった。

カラーリングはクリスタルホワイトの1種類のみで、ディアブロレッドとブラックのデカール、ブラックのタンクバッジ、テクスチャード加工の施されたブラックリアサブフレームを採用。60種類以上の純正アクセサリーにより、ライダーの好みに応じたカスタマイズも可能となっている。

価格は99万9000円。発売は2020年春の予定。

(webCG)

関連キーワード:
ストリートトリプル, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.10 試乗記 伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
  • 第1回:これぞオートバイのカッコよさ
    大排気量のクラシックモデルに高ぶる
    2019.4.20 JAIA輸入二輪車試乗会2019 昔ながらの“単車らしい”デザインをまとうクラシカルなオートバイ。とはいえ、ブランドや仕立てが変われば、その乗り味もまったく異なるものになる。さて、今回ピックアップした伊・米・英の3台では、どんな走りが楽しめるのか?
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.2 試乗記 ハスクバーナの新型ストリートバイク「スヴァルトピレン250」に試乗。“401”や“701”といった既存のモデルよりも排気量は小さいが、侮るなかれ。その走りはツウも納得するだけの刺激に満ちたものだった。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
ホームへ戻る