キーワードは「デザインの深化」 ホンダが「S660」をマイナーチェンジ

2020.01.10 自動車ニュース
ホンダS660 α
ホンダS660 α拡大

本田技研工業は2020年1月10日、軽規格のオープンスポーツカー「S660」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。

新色の「アクティブグリーン・パール」。
新色の「アクティブグリーン・パール」。拡大
「S660 α」のインストゥルメントパネルまわり。
「S660 α」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「S660 α」のシート。
「S660 α」のシート。拡大
S660モデューロX
S660モデューロX拡大
「S660モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。
「S660モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。拡大

今回のマイナーチェンジでは、「デザインの深化」をコンセプトに内外装を変更した。

エクステリアでは、フロントピラーをボディーカラーと同色としたほか、新デザインのアルミホイールやフロントグリルを採用。上級グレードの「α」には新たにアクセサリーライトを装備した。また、ヘッドライトのサブリフレクターや、リアコンビネーションランプのインナーレンズの色も変更。ボディーカラーは国内初の新色「アクティブグリーン・パール」を含む、全7色としている。

一方インテリアでは、ステアリングホイールやシフトノブの表皮にアルカンターラを採用。αではシート表皮のアクセントを変更するとともに、新たにシートヒーターを装備した。

同時に、ホンダアクセスの手がけるコンプリートカー「モデューロX」にも改良を施しており、エクステリアではブラックスパッタリング仕上げのアルミホイールを採用したほか、ドアミラーカバーの色を「ナイトホークブラック・パール」に変更。インテリアでは専用スポーツレザーシートの意匠を変更するとともに、アルカンターラと本革巻きのコンビステアリングホイールを新採用。サイドブレーキカバーやシフトブーツの素材もアルカンターラとしている。

価格はαが232万1000円、「β」が203万1700円、モデューロXが304万2600円。

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース