キーワードは「デザインの深化」 ホンダが「S660」をマイナーチェンジ

2020.01.10 自動車ニュース
ホンダS660 α
ホンダS660 α拡大

本田技研工業は2020年1月10日、軽規格のオープンスポーツカー「S660」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。

新色の「アクティブグリーン・パール」。
新色の「アクティブグリーン・パール」。拡大
「S660 α」のインストゥルメントパネルまわり。
「S660 α」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「S660 α」のシート。
「S660 α」のシート。拡大
S660モデューロX
S660モデューロX拡大
「S660モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。
「S660モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。拡大

今回のマイナーチェンジでは、「デザインの深化」をコンセプトに内外装を変更した。

エクステリアでは、フロントピラーをボディーカラーと同色としたほか、新デザインのアルミホイールやフロントグリルを採用。上級グレードの「α」には新たにアクセサリーライトを装備した。また、ヘッドライトのサブリフレクターや、リアコンビネーションランプのインナーレンズの色も変更。ボディーカラーは国内初の新色「アクティブグリーン・パール」を含む、全7色としている。

一方インテリアでは、ステアリングホイールやシフトノブの表皮にアルカンターラを採用。αではシート表皮のアクセントを変更するとともに、新たにシートヒーターを装備した。

同時に、ホンダアクセスの手がけるコンプリートカー「モデューロX」にも改良を施しており、エクステリアではブラックスパッタリング仕上げのアルミホイールを採用したほか、ドアミラーカバーの色を「ナイトホークブラック・パール」に変更。インテリアでは専用スポーツレザーシートの意匠を変更するとともに、アルカンターラと本革巻きのコンビステアリングホイールを新採用。サイドブレーキカバーやシフトブーツの素材もアルカンターラとしている。

価格はαが232万1000円、「β」が203万1700円、モデューロXが304万2600円。

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • ホンダS660ネオクラシック(MR/CVT)【試乗記】 2019.3.26 試乗記 「ホンダS660」ベースの着せ替えモデル「S660ネオクラシック」に試乗! コンセプトカーの登場から2年7カ月。ついに市販化されたドレスアップキットで、見た目や走りはどう変わったのか? 元“エスロク”オーナーが、乗って触って確かめた。
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る