「マツダCX-30」の「スカイアクティブX」搭載モデル販売開始

2020.01.16 自動車ニュース
マツダCX-30 X Lパッケージ
マツダCX-30 X Lパッケージ拡大

マツダは2020年1月16日、クロスオーバーモデル「CX-30」に「スカイアクティブX」搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

 
「マツダCX-30」の「スカイアクティブX」搭載モデル販売開始の画像拡大

今回、CX-30に新たに設定されたスカイアクティブXは、最高出力180PS/最大トルク224N・mの2リッター直4エンジンと最高出力6.5PS/最大トルク61N・mのモーターで構成されたマツダの新世代ガソリンエンジンで、「ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合した」という同社自慢のパワーユニットである。マイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」との採用とも相まって、「なめらかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートする」ともうたわれている。

同パワーユニットが設定されるのは、「マツダ3」に次いで2車種目となる。

スカイアクティブX搭載車のラインナップと価格、燃費(WLTCモード)は以下の通り。

  • Xプロアクティブ(FF/6AT):329万4500円(16.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ(FF/6MT):329万4500円(17.0km/リッター)
  • Xプロアクティブ(4WD/6AT):353万1000円(15.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ(4WD/6MT):353万1000円(16.4km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6AT):341万5500円(16.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6MT):341万5500円(17.0km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6AT):365万2000円(15.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6MT):365万2000円(16.4km/リッター)
  • X Lパッケージ(FF/6AT):347万7100円(16.8km/リッター)
  • X Lパッケージ(FF/6MT):347万7100円(17.0km/リッター)
  • X Lパッケージ(4WD/6AT):371万3600円(15.8km/リッター)
  • X Lパッケージ(4WD/6MT):371万3600円(16.4km/リッター)

(webCG)

関連キーワード:
CX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-30 20S Lパッケージ 2020.10.8 動画ギャラリー マツダのクロスオーバーモデル「CX-30」。その上質かつスタイリッシュな内外装のデザインと、「スカイアクティブG 2.0」搭載車の走行シーンを動画で紹介する。
ホームへ戻る