「マツダCX-30」の「スカイアクティブX」搭載モデル販売開始

2020.01.16 自動車ニュース
マツダCX-30 X Lパッケージ
マツダCX-30 X Lパッケージ拡大

マツダは2020年1月16日、クロスオーバーモデル「CX-30」に「スカイアクティブX」搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

 
「マツダCX-30」の「スカイアクティブX」搭載モデル販売開始の画像拡大

今回、CX-30に新たに設定されたスカイアクティブXは、最高出力180PS/最大トルク224N・mの2リッター直4エンジンと最高出力6.5PS/最大トルク61N・mのモーターで構成されたマツダの新世代ガソリンエンジンで、「ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合した」という同社自慢のパワーユニットである。マイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」との採用とも相まって、「なめらかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートする」ともうたわれている。

同パワーユニットが設定されるのは、「マツダ3」に次いで2車種目となる。

スカイアクティブX搭載車のラインナップと価格、燃費(WLTCモード)は以下の通り。

  • Xプロアクティブ(FF/6AT):329万4500円(16.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ(FF/6MT):329万4500円(17.0km/リッター)
  • Xプロアクティブ(4WD/6AT):353万1000円(15.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ(4WD/6MT):353万1000円(16.4km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6AT):341万5500円(16.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6MT):341万5500円(17.0km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6AT):365万2000円(15.8km/リッター)
  • Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6MT):365万2000円(16.4km/リッター)
  • X Lパッケージ(FF/6AT):347万7100円(16.8km/リッター)
  • X Lパッケージ(FF/6MT):347万7100円(17.0km/リッター)
  • X Lパッケージ(4WD/6AT):371万3600円(15.8km/リッター)
  • X Lパッケージ(4WD/6MT):371万3600円(16.4km/リッター)

(webCG)

関連キーワード:
CX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
ホームへ戻る