「ジープ・ラングラー」のショートホイールベース車に最強のオフロードモデル「ルビコン」登場

2020.01.16 自動車ニュース
ジープ・ラングラー ルビコン(2ドア)
ジープ・ラングラー ルビコン(2ドア)拡大

FCAジャパンは2020年1月14日、本格オフローダー「ジープ・ラングラー」のショートホイールベース車に「ルビコン」を設定し、同年2月8日に100台の台数限定で発売すると発表した。

レッドのインストゥルメントパネルを採用。最新世代のインフォテインメントシステム「Uconnect」が標準装備されている。
レッドのインストゥルメントパネルを採用。最新世代のインフォテインメントシステム「Uconnect」が標準装備されている。拡大
4ドアモデル同様、ロックトラックフルタイム4×4システムが搭載されている。
4ドアモデル同様、ロックトラックフルタイム4×4システムが搭載されている。拡大
特徴的なデザインのフューエルリッド。燃料はレギュラーガソリン仕様となる。3ピースのモジュラーハードトップ「フリーダムトップ」により、オープン走行も楽しめる。
特徴的なデザインのフューエルリッド。燃料はレギュラーガソリン仕様となる。3ピースのモジュラーハードトップ「フリーダムトップ」により、オープン走行も楽しめる。拡大

ラングラーのラインナップの中でも、ルビコンは“最強のオフロード性能”がうたわれるモデルで、その車名はジープの車両開発に使われる米国カリフォルニア州の険しい山岳路「ルビコン トレイル」に由来。日本に導入された最新のラングラーでは、4ドアの「ラングラー アンリミテッド」にのみ設定されていた。

今回導入されたラングラー ルビコンは、4ドアモデル同様、卓越した駆動力を生み出すロックトラックフルタイム4×4システムや、悪路でフロントアクスルの動きを任意に拡大させられる電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム、車体や機関部品を保護するロックレールおよびスキッドプレートなどを採用。ホイールベースは2460mmと短く、ロックセクションやわだちなどにおいて路面干渉のリスクが軽減されるほか、5.3mという最小回転半径は日常の取り回しにおいても有利とされる。

装備は基本的に4ドアモデルと共通。前席がヒーター付きとなるレザーシートやレッドカラーのインストゥルメントパネル、専用フェンダーフレアなどの内外装のほか、衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報やアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、車庫入れをサポートするリアバックアップカメラなどが備わっている。

ボディーカラーはスティンググレーC/CとヘラヤライエローC/Cの2色が設定され、インテリアカラーはいずれもブラック。前者が40台、後者が60台の台数限定で販売される。価格は589万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る