BMW Mの新たなフラッグシップモデル「M8グランクーペ」が日本上陸

2020.01.28 自動車ニュース
「2020年BMWグループ新春記者会見」で「M8グランクーペ」を紹介したBMWジャパン代表取締役社長のクリスチャン・ヴィードマン氏(左)と同社プロダクトマネージャーの御舘康成氏(右)。
「2020年BMWグループ新春記者会見」で「M8グランクーペ」を紹介したBMWジャパン代表取締役社長のクリスチャン・ヴィードマン氏(左)と同社プロダクトマネージャーの御舘康成氏(右)。拡大

BMWジャパンは2020年1月28日、「2020年BMWグループ新春記者会見」を東京・晴海で開催。BMWの高性能モデル「M8グランクーペ」の日本導入とともに、ビデオゲーム「パックマン」と「BMW 2シリーズ グランクーペ」のコラボレーションキャンペーンを実施すると発表した。

BMW M8グランクーペ コンペティション
BMW M8グランクーペ コンペティション拡大
「M8グランクーペ コンペティション」に搭載される最高出力625PS、最大トルク750N・mの4.4リッターV8ツインターボエンジン。
「M8グランクーペ コンペティション」に搭載される最高出力625PS、最大トルク750N・mの4.4リッターV8ツインターボエンジン。拡大
カーボンパーツが多用された「M8グランクーペ コンペティション」のインテリア。
カーボンパーツが多用された「M8グランクーペ コンペティション」のインテリア。拡大
「M8グランクーペ コンペティション」には、前後ともに20インチホイールが装着される。
「M8グランクーペ コンペティション」には、前後ともに20インチホイールが装着される。拡大
クリスチャン・ヴィードマン氏は、2019年8月1日にBMWジャパンの代表取締役社長に就任した。
クリスチャン・ヴィードマン氏は、2019年8月1日にBMWジャパンの代表取締役社長に就任した。拡大
BMW 2シリーズ グランクーペ
BMW 2シリーズ グランクーペ拡大
「2シリーズ グランクーペ」のインテリアは、基本的に最新の「1シリーズ」と共通。
「2シリーズ グランクーペ」のインテリアは、基本的に最新の「1シリーズ」と共通。拡大
ビデオゲーム「パックマン」とのコラボレーションを発表するBMWブランドマネジメントディビジョン本部長のミカエラ・キニガー氏。
ビデオゲーム「パックマン」とのコラボレーションを発表するBMWブランドマネジメントディビジョン本部長のミカエラ・キニガー氏。拡大

5年連続でインポーター販売実績ナンバーワン

記者会見の冒頭に登壇したBMWジャパンの代表取締役社長クリスチャン・ヴィードマン氏は、2019年の同社販売実績を紹介。それによれば、BMWが4万6814台、MINIが2万3813台のグループ合計7万0627台が販売され、これはインポーターの中で5年連続ナンバーワンとなる実績だという。対して二輪車は5007台を販売。こちらはブランド別で2位となり、前年比では100.6%の実績となる。

さらに新型「BMW 3シリーズ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーと「RJCカーオブザイヤー・インポート」をダブル受賞したこと、「BMW Z4」が「日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」を、「S 1000 RR」が「日本バイクオブザイヤー2019」の外国車部門賞最優秀金賞、「R 1250 GSアドベンチャー」が同外国車部門賞金賞をそれぞれ受賞したことが報告された。

続いてクリスチャン・ヴィードマン氏は、日本導入モデルとして2019年10月31日に発表された2シリーズ グランクーペとM8グランクーペを紹介。M8グランクーペをアンベールした。

新たなフラッグシップM8グランクーペ

M8グランクーペは、2019年10月25日に発表された「8シリーズ グランクーペ」をベースに、BMW M社が開発した4.4リッターV8ツインターボエンジンや4輪駆動システム「M xDrive」を搭載した新たなハイパフォーマンスモデルである。車両紹介は、BMWブランドマネジメントディビジョンのプロダクトマネージャー御舘康成氏が担当。スタイリングやパワートレインの特徴のほか、サーキット由来のテクノロジーを用いて開発されたことが解説された。

同モデルのラインナップは、最高出力600PS、最大トルク750N・mのスペックを誇るM8グランクーペと、最高出力を625PSに高めた「M8グランクーペ コンペティション」の2モデル。どちらも軽量なカーボンファイバー製のルーフを採用し、インテリアでは「M」のロゴや「Mモデル」カラーのステッチが刻まれた新デザインのセレクターレバー、立体的なデザインのスポーツシート、カーボンファイバー製のインテリアトリムなどを用いてスポーティーな仕立てとしている。

価格はM8グランクーペが2194万円、M8グランクーペ コンペティションが2397万円。2020年2月上旬より順次納車を開始するという。

2シリーズ グランクーペがパックマンとコラボ

続いてBMWブランドマネジメントディビジョン本部長のミカエラ・キニガー氏が登壇。2シリーズ グランクーペの販売促進として世界的に人気のビデオゲーム「PAC-MAN(パックマン)」とコラボレーションし、3月14日より「Game changer.ジョウシキなんて、ひっくり返せ。」と題したマーケティングコミュニケーションを開始すると発表した。

BMWジャパンは、同モデルとパックマンが登場するテレビCMおよびウェブ動画を3月下旬より放映するほか、2020年に予定されているさまざまなパックマン40周年記念イベントへの参加も予定。2シリーズ グランクーペは「常識にとらわれず自分のスタイルを貫く人」に向けたモデルであり、さまざまな縛りを食べつくしてくれるパックマンとのコラボレーションによって「常識や固定観念から解き放たれて自由に生きよう」というメッセージをターゲットに向けて発信するという。

(webCG)

関連キーワード:
M8グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る