世界で6番目の都市型ショールーム 「アウディシティー紀尾井町」が新規オープン

2020.02.04 自動車ニュース
東京都千代田区に新規オープン予定の「アウディシティー紀尾井町」。
東京都千代田区に新規オープン予定の「アウディシティー紀尾井町」。拡大

アウディ ジャパンは2020年2月4日、同年2月7日に東京都千代田区にオープン予定の新たなディーラー「アウディシティー紀尾井町」を報道陣に先行公開した。

「アウディシティー紀尾井町」の店内の様子。この日は「アウディR8スパイダー」が展示されていた。
「アウディシティー紀尾井町」の店内の様子。この日は「アウディR8スパイダー」が展示されていた。拡大
地下には納車スペースが用意されている。写真は「Q8」。
地下には納車スペースが用意されている。写真は「Q8」。拡大
店内には、タブレット端末でコンフィギュレートした車両を、大型スクリーンおよびVRゴーグルを通して体感できるスペースが用意されている。
店内には、タブレット端末でコンフィギュレートした車両を、大型スクリーンおよびVRゴーグルを通して体感できるスペースが用意されている。拡大
VRゴーグルと大型スクリーンには同じ映像が表示される。体感中は写真の人のようにステアリングホイールを握れそうな感覚を覚えるが、手を伸ばしても触感はない。
VRゴーグルと大型スクリーンには同じ映像が表示される。体感中は写真の人のようにステアリングホイールを握れそうな感覚を覚えるが、手を伸ばしても触感はない。拡大
VRゴーグル装着中に顔の向きを変えると、実際にその方向を見ているかのように映像も変化する。
VRゴーグル装着中に顔の向きを変えると、実際にその方向を見ているかのように映像も変化する。拡大

「アウディシティー」は従来のロードサイド型店舗とは一線を画す、新たなコンセプトを持つ都市型のショールームだ。2012年にロンドン、2013年に北京でオープンしたパイロットストアからスタートし、現在ではベルリンとイスタンブール、モスクワ、ワルシャワ、ウィンブルドンに展開。紀尾井町店は世界で6番目のアウディシティーとなる。

アウディシティーの最大の特徴は、都市部での販売を考慮した控えめな店舗面積と、それをカバーするデジタル技術だ。実際、紀尾井町店の場合も展示可能な車両の台数は4台(うち1台は地下)にすぎないが、店内にはタブレット端末でコンフィギュレートした車両を、大型スクリーンおよびVRゴーグルを通して体感できるスペースを設置。アウディ車に用意されている、ありとあらゆる仕様をリアルに体感してからオーダーできるのが自慢だ。

お披露目会ではアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長が店舗の概要を説明するとともに、同社の2019年の実績と2020年の展望を説明した。

アウディ ジャパンの2019年の販売台数は前年比で-8.4%の2万4222台。これについてノアック社長は「『A7スポーツバック』や『A6』といった新型車が伸びを見せたものの、モデルチェンジを控えた『A1』および『Q3』などの売れ筋車種の在庫が払底したため」と説明。「こうした状況でもスタッフは努力してくれた」と、その労をねぎらった。

2020年については、新型Q3やブランド初の100%電気自動車「e-tron」に加えて、「Q7」「A4」「A5」のフェイスリフトモデルを導入するほか、すでに導入済みの新型A1に1リッターエンジン搭載モデルを追加設定すると発表。販売面で反転攻勢に出ることを誓った。

(webCG)

関連キーワード:
アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事