新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか?

2020.02.12 デイリーコラム

ブランドにこだわらないユーザーに

三菱自動車が配布した新型「eKスペース/eKクロス スペース」の資料の表紙をめくると、「誰もが欲しくなるスーパーハイトワゴンを作る!」と大書されていた。それに「基本はすごくいい軽自動車」「そこに三菱自動車にしかない、三菱自動車が一番の機能やテイストを加えて」「三菱自動車らしいスーパーハイトワゴンに仕上げる」というフレーズが、少し小さいフォントで続いている。

その心意気やよし、である。しかし、真に注目すべきはその次のページであり、「ターゲットユーザー」という項目には“ブランドにこだわらない商品本位のモノ選び”をする人ということが書いてある。換言すれば、ブランドにこだわる人はターゲットにしていないということになるだろう。

前置きが長くなったが、つまり三菱が目指したのは冒頭にあるとおり誰もが欲しくなるスーパーハイトワゴンであり、ブランド力ではなくスペックを比較した際に決して見劣りしないクルマを目指したということである。ご存じのとおり新型eKスペース/eKクロス スペースは、日産自動車との合弁会社NMKVで企画・開発されたので、日産側からも遠からず「デイズ ルークス」の後継が出てくるはずだ。ブランドにこだわる人をターゲットにしない(しづらい)というのは日産にとっても同じ(はず)なので、両社は「商品力では決して負けない軽スーパーハイトワゴンを!」と、手と手を取り合って頑張ったに違いない。

2020年3月19日に発売予定の新型「三菱eKスペース」(写真左)と「eKクロス スペース」。
2020年3月19日に発売予定の新型「三菱eKスペース」(写真左)と「eKクロス スペース」。拡大
三菱 eKクロス スペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 第37回:三菱eKクロス(前編) 2019.6.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。
ホームへ戻る