「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場

2020.02.13 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション
MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション拡大

BMWジャパンは2020年2月13日、限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション(以下、JCWクラブマンGP I.E.)」の日本導入を発表した。世界限定299台のうち、国内の販売台数は120台。同年3月2日に予約注文の受け付けを始め、同年7月ごろに納車を開始する。

 
「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場の画像拡大

速くて使える高価なMINI

今回のJCWクラブマンGP I.E.は、「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」をベースに、その走行性能を一段と高めたモデル。一方で「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」がうたわれる通り、最大1250リッターのラゲッジスペースを備えることや、4WD車である点もセリングポイントとなっている。

パワーユニットは2リッター直4ターボエンジンで、3ドアの高性能モデル「MINIジョンクーパーワークスGP」と同じ最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。0-100km/h加速に要する時間は4.9秒と、MINIジョンクーパーワークスGPのタイム(5.2秒)を0.3秒しのぐ。

車名に見られる通り、歴代の「GP」モデルを踏襲したレーシーなデザインも特徴。エクステリアは、サンダーグレーメタリックのボディーにシルバーのルーフ、チリレッドのミラーキャップというコンビネーションで、前後ランプやフロントグリルのリム、ドアハンドル、MINIエンブレムはピアノブラックで統一される。Dピラーの「GP Inspired」のエンブレムやフェンダーのシリアルナンバーも限定モデルならではのアイテムだ。

JCWクラブマンGP I.E.の主な特別装備は以下の通り。

  • サンダーグレーメタリックのボディーカラー
  • 専用シルバールーフ&レッドミラーキャップ
  • 専用サイドストライプ
  • 専用リアストライプ
  • 専用シリアルナンバーデカール
  • 専用GP inspiredエンブレムデカール
  • 専用チリレッドフィニッシャーデカール
  • 専用ドアシルプレート
  • 専用アームレストカバー
  • 19インチJohn Cooper Worksサーキットスポーク2トーン
  • ピアノブラックエクステリア
  • ピアノブラックドアハンドル
  • ピアノブラックMINIエンブレム
  • ピアノブラックClubmanエンブレム
  • プライバシーガラス(後席)
  • PDCフロント&リア/パーキングアシスト

価格は615万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る