スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場

2020.02.17 自動車ニュース
スズキXL7
スズキXL7拡大

スズキのインドネシア子会社であるスズキ・インドモービル・モーター(SIM)は2020年2月15日(現地時間)、SUVのデザインとMPVの利便性を融合したという3列シート7人乗りの新型クロスオーバー「XL7(エックスエルセブン)」を発表した。

 
スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場の画像拡大

スズキXL7は力強いフロントフェイスや張り出しの強いフェンダーモールといったSUVらしいタフなスタイリングと、多彩なシートアレンジやゆとりある室内空間といったMPVの使い勝手のよさを融合したとうたう、活動的な家族に向けた新しいクロスオーバーモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4450×1775×1710mmで、ホイールベースは2740mm。最低地上高は200mmを確保する。パワーユニットには最高出力104.7PS/6000rpm、最大トルク138N・m/4400rpmの1.5リッターガソリンエンジン「K15B」を採用。軽量かつ高剛性なプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」との組み合わせにより、優れた動力性能と燃費性能を実現したという。トランスミッションは5段MTと4段ATをラインナップする。

インドネシア市場における価格は2億3000万インドネシアルピア(約184万円)から。

スズキはインドネシア市場で全体の3割以上を占めるMPVセグメントと、人気が高まりつつあるSUVセグメントの双方に対応したXL7を投入することで、幅広いユーザーの獲得を図る。生産はSIMのチカラン工場が担当し、周辺のアジアおよび中南米へも順次輸出していく計画だ。

(webCG)

関連キーワード:
スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事